プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年11>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年11月15日

ベイビーとイロイロ

きょうはこの間入手したハドソン
ベビーブローニングと他のポケットピストル、
更に同じ機種のエアコキ、レジンキャストなんかとの
比較編を。



まずはモデルガンのベストポケット御三家?
画像左からコクサイのコルト.25オート、ハドソン ベビー、
そしてマルシン ジュニアコルトです。



仕上げはコクサイがメタルフィニッシュ(メッキ)、
ハドソンはABSそのまま!、マルシンはHWです。

グリップは全て樹脂製ですが、コクサイ、ハドソンが
黒く艶のある素材(ABS?)、マルシンは気泡の入った
スチロールかな?で、木材を模しています。



ハドソンとコクサイの2つでも
(今度は左がハドソン、右がコクサイ)。

大きさはハドソンが一番小さく、セフティ機能はグリップ
セフティまで装備しているコクサイ(というか実物のコルト
25オート)が一番充実してますね。
時代的にはもっとも古いのがコイツなんですが(笑)。



今度は同じFN(ブローニング)のM1910(右 マルシン
モデルガン)と。

実はFNでも最初はコルト.25オートとほとんど同じ形の
モノ(M1906)を作っており、M1910はソレを.32ACP
サイズに少し大型化したもの、で、ハドソンのベビーは
M1906の後継、なハズですが、Wikiなんか見ると結構
同時併売期間が長く、更に他メーカーでコピーされたりして
今も、ドコカでM1906とベビーが作り続けられているような、
です。



さて今度は同じベビーのトイガンで。

左から啓平社のエアコキ、たぶん個人が制作した
(でも東京のとあるトイガンショップで買いました)
レジンキャスト、そしてハドソン モデルガンです。

他にクラウンのエアコキもあったような、ですが、
啓平社との比較編は過去にやってるし、大きさもホボ同じ、
セフティ形状が替ってる、などもあり(そしてイチイチ探す
のも面倒!)、今回割愛、ちゅう事で!



順番が入れ替わってますが、アングルを変えて。
エアコキはその機能を納めるため、か、他機種との
部品共通化、なのか、大きくせざるを得なかったような、
ですね。

エアガンとしてはガスでマルシンがコルト.25を作ってた
ような(未入手)、ですが、ここまで大きくなかったんじゃ?



更にハドソンとレジンキャスト2つで。

マズルはどちらもかなりオーバー(深め)なライフリング
ですが、口径はハドソンの方が近いカモ。



横からみるとホントそっくりに出来てますが、
幅はこのようにハドソンが薄いです。

実物の幅はWiki(今回こればっかり!ですが)によると
22.352mm、これはたぶんグリップ(そこが最大幅)
なんですが、ハドソンは24.2(スライド幅は18.9~19)、
レジンでも24.0~24.3(スライド幅は20.8~20.9)で
ますますわかりません!!

ちなみにスライドトップの反射防止溝は、ハドソンの
方が細かいですが、これはレジンキャストの製法の
限界から、かもですね。

ただ、バレルの刻印など、執念を感じさせるほど
各部の刻印は細かく入ってます。



実はハドソンのスライド刻印は、米国ブローニングアームス
(輸入元)のもの、グリップはFNのままなので、厳密に言うと
ミスマッチでは?なんです(ブローニングロゴのグリップが
たぶん標準)。



レジンキャストはグリップが別体だったのかも、ですが
(製品状態ではネジも動かない!)、FN刻印のスライドと
グリップのロゴは共にFNで合ってます。



ハドソンはFNとブローニングアームス両方を資料に
造っちゃったのか、それともグリップが交換された個体が
あったのか?

ちなみにM1910では、マルシンがFNとブローニング
(ターゲットモデルにメダリオン入り)、コクサイが
ブローニングの名前入り樹脂グリップと、イロイロ豊富!
なんですが(笑)。

ま、動作も楽しめるハドソン、眺めて楽しむキャスト、と
両方意義がある?模型、ということで(でも幅問題は
気になるな、、、)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)比べてみました