プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年08>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年08月30日

グリップ素材探訪~銘木を求めて?!

それでは夏向け
ホラー映画タイトルもじり3連発、
「死霊のはなうた
明るくうめくの?!

「死霊のこのわた
まあ魚のソレ、なんですけど

「死霊のはらへった
、、、それはそれでアブなくてコワイ!


あ、画像はアスカとレイの”死霊の盆踊り”、
じゃなくて!きょうはお買い物日記、ですが、
ちょっと毛色を変えて、自作グリップ用
銘木端材編を。



えーっと、この間雨の合間を縫ってバイクで近県を走り、
ただ走るだけではツマラナイし、時間もお金も
もったいない!と訪れたのが銘木を中心に扱っている
(ネットで見つけた)材木屋さんです(ドコかは秘密、
というか公開許可をもらってないので店内の画像も
今回非公開で)。

このところちょっとゴブサタだったグリップ作りなんかを
再開予定だったので、ちょこっと見てみよう、ということ
だったんですが、、、

結構買い揃えてしまいました。
いやこれでも予算を考えてかなり絞ったほう、なんです。

実は今まで、輸入材なども扱っているホームセンターや、
近所の(銘木中心ではない)材木屋さんで見つけた木材
を使ってたんですが、今回訪れたトコロは、ワシントン条約
で規制がかかってるモノまで実に豊富!
(規制前に入ったものは売買OK、また規制によっては
売買目的でも許可が出るものもあります)一般には
お目にかかれないような珍品?も多く、スマホで木材の
解説サイトなどを参照しながら回れば、さながら
”木材博物館”状態でした。

黒柿なんかがホームセンターのアガチスのように並んでる!
うえに、杉の玉杢とかゼブラウッド、ブビンガ、ココボロなど
世界中の銘木が大小様々なサイズで所せましと並ぶさまは
正に圧巻!

特に銘木に興味が無かったはずの同行した友人まで、
美しい杢の出た板を一枚買って帰るほど!!



では今回の獲物を一枚づつ。

これはインドローレルと書かれてました。
いわゆる月桂樹とは違い、インド、ミャンマーで採れるそうです。
見た通りでウォールナットに似た色調ですが、黒い筋目が
”高級感”を出してますね。

グリップ素材ではホーグのポーフェロ(モラド)にも
良く似ています。

これは外側よりの材で、中央部に節が入っているので安かった
ようですが、中央や白っぽい部分を避けて切り出せば、と。



2つ目はグリップ素材の王道!ココボロ。
赤みの強い色、それに黒い筋目と、ローズウッド系
(っていまや”何でもローズウッド”にされてますが)でも
派手な木材で、S&Wの純正でも有名ですね。

この素材、店主さんがこの間切り出した際も腕じゅうが
カブれた!というくらい切粉が有害!ウチにある
グリップでも(作られてからかなり経っているのに)
未だにビニール袋が赤くなるほど!!で、実はあんまり
使いたくない素材、なんですが、まあコレは端材
見てるだけでも楽しいかな、と。



3つめは杢(グレイン)が綺麗なコソ。
紫紫檀、ボヘンミアンローズウッドとも呼ばれるようですが、
アフリカ材!ですね。

この派手な杢は、同じアフリカ材のブビンガなんかにも
似てますが、色調はあちらが赤、これはあくまで茶色、
というカンジですね。

実は今回の中では最もグリップを作ってみたい
(とはいえ、既に持ってる木材から消費しないと!
なんですが)素材です。



最後はスネークウッド。
クワ科の広葉樹ですが比重が重く、一説では
リグナムバイタ以上!の最も重い木材といわれ、
濃く細かく模様が入ったものは、世界一高価な木材
とも呼ばれる、南米ギニアあたりの希少材です。

その模様から、レター(文字)、スネーク、レパードなどの
名前が付けられてたり、ですが、今回のは安価なので
ちょこっと模様が浮き出てるかな、程度!

いや、綺麗なものもあったんですが、ヒトケタ違うし
実物の完成品グリップ(もちろんスネークウッドじゃない
ものですが)が余裕で買えるオネダンだし!と
手頃なコイツで一度経験を、と。



なんだかんだで一時間は居たように思いますが、
それでもまた行きたい!でも今でも素材が
溜まる一方、、、

プロでグリップのオーダーメイド、というトコロがあれば
いいんですが(以前趣味半分でやっていた方は
知っているんですが、手間を考えると代金はとても
割に合わないハズで、申し訳なくて、、、)、あ、でも
作ってもらってたら実物の何倍かかるか?ですよね。

今まで詳しくなかったんですが、一般に木材は経年
(酸素に触れる)でココボロのように色が濃くなる
ものがある反面、ウォールナットなどは逆に日光で
色が抜けて白っぽくなるそうです。

古いパイソンブリップの木目が地味なのは、もしかして
退色?

皆様も、近くの端材もある銘木屋さん、一度探して
訪れて見てください。
グリップ素材などに興味がある方なら、水族館より
面白いカモ!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(6)こんなモノ番外編

2019年08月28日

フレズヴェルク ビキニアーマーVer.

さいきん、アナウンサー?で
ハードキャッスル・エリザベスという
長い名前の方がいるんですが、
日本語名に直すと堅城絵梨?
(じゃクリント・イーストウッドは
東森栗人かよ!!)などと
名前を聞く度に思ってしまう、、、


あ、さてきょうもプラモキット、うちでは毎年恒例の
フレームアームズ(FA)ガールから、フレズヴェルク
ビキニアーマーバージョンを。



フレズヴェルクはFAガールでは後発かも、ですが、
うちではノーマル版、ラピッドレイダー付属を入手しており、
いや轟雷なんかはキューポッシュ、デスクトップアーミー版
しか持ってない!という”偏向”ぶり、なのですが、今年の
ビキニ版も入手しちゃった!という、、、



これ、5月ごろの発売かと思いますが、限定生産だったのか、
既に店舗などでは売り切れ、見かけることは無くなってます。

なので未開封(組み立て)ならプレミアが、とも思いましたが、
まあ人気なら再生産(色違いとかも)しそうだし、今パイソンも
組み立て記進行中なんですが、合間にとっとと作っちゃいます!

今回のキットは武器も最小限でほぼ素体、ですが、部品の
流用もあり、相変わらず(使わないパーツも多いですが)
部品点数は多いですね。

以前マテリアで手のパーツが違う(片方が2つ)ということが
ありましたが、今回のキットでは間違いが起こらないよう、
ハンドパーツも1セット分ランナーについたまま袋詰め
されています。

ウチ以外でも同じトラブルがあったのかも!



顔や腰のパーツは塗装済みが入っていますが、ビキニなど
色毎にパーツを分けてあるのを組むようになっており、
未塗装でもそれなりに仕上がるのですが、たくさんのパーツを
付けなければなりません。

また、このように前髪だけでも3つあり、差し替えて使うことが
できるようになっています。



頭部だけで10個以上のパーツがありますが、そのおかげで
立体的な髪の造形が実現していますね。



上記のように色分け、クリアパーツもあるビキニも部品点数が
多いですが、今回は完成時の絵などを見ながら色を参考に
パーツを探せば(もちろんアルファベット順にランナーを並べれば)
楽に胴体も組めます。

あ、ジョイントなどは一部向きに注意しないと付かないので注意!



とはいうものの、塗装しなければ1~2時間で組みあがりますね。
最初のフレズから首周りの緩さと手足の関節のソレとが違う、
とかはまだありますが、今回は手足のリングを付けてるあたりの
緩さも気になりました。

ここら辺は、組み立て時にきつい部分は少しヤスリをいれる、
緩い部分はピケ(接着剤)を付ける、などで動き具合を調整すると
良いカモ。

とはいえ、そのままでもフツーに自立、ポージングできるくらいに
組みあがります。



武器の剣?は持ち手を背中のパーツに差し込めば携帯状態?
とすることも出来ます。

付属の穴付きの腕輪にも付くんじゃあ、ですが、
これはすいません、未確認です(笑)。

もちろん複数の持ち手のうち、握った形のものを付ければ
使用状態が再現できます。



ラピッドレイダー版のフレズとも。
基本はこのスク水版で、現在ノーマル、ラピッドレイダー版(赤)
のほか、銀、青(装備も豪華?)版と、フレズは人気なのか
たくさん出ています。



それぞれのパーツをスワップ!して装備や色の違う
バージョンにすることもできますが、今回のキットで
使わない肌色の胴体パーツを赤版に装着してみました。

肌色ですが縫い目?はあるし、ロボなので”裸じゃないから
恥ずかしくないもん!”
(胸と背中の間のパーツなどが足りないため、ビキニ版に
これを使うことはできないような、ですが、下側は可能)。



顔パーツも交換可能なようなので、イロイロ組み替えて
楽しめます。

このキットは現在定価で並んでいるところは無いようですが、
フレズヴェルクの各色は比較的入手しやすいようなので、
皆様も気になったらひとつ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)こんなモノ番外編きっとkit

2019年08月25日

マルイ パイソンハンターを造る!その2

名曲モジリシリーズ、
今回は’70Sの邦楽ヒットから
「夢で生えたら」
そこまで欲しい?
いや額は、違う否定はしない!
(元曲;「夢で逢えたら」


あ、さてきょうは夏休み工作企画?!
プラモ制作記ネタでマルイ パイソンの2回目を。



えーっと、前回は部品確認?で終わった訳なんですが、
今回、塗装を前提に組めるパーツは組み立て、接着します。

このあたり説明書通りの進行ではないんですが、
数回塗装するのも面倒だし!

あ、組み立て前にランナーに付いた状態(一部は
切り離されて入ってましたが)でまず中性洗剤で
離型剤などを洗い落としてます。

フレームはFピンも組んで(マスキングします)接着、
バレルも左右貼り合わせます。

他に塗装する部品は、ランナーから外してバリを取り、
軽く磨きました。



仮組みの必要はありませんが、撮影を挟むとつい(笑)。



バレル上部、マズル部の合わせ目は削っていったら
大体消え、これでサーフェイサーを吹いてみることに。



しかしフレーム上はヒケが大きく、段差が残るので、



この部分だけプラリペアで埋めました。

フレームのヨークが入る部分も別部品で跡が出ており、
コッチは瞬間接着剤を盛って一応埋めました(組むと
普段見えないトコロだし)。

他にフレーム側面もヒケてたり、はあるんですが、刻印とか
消すとまた彫るのもタイヘンだし、今回はこの程度で軽く
仕上げる予定。



プラリペア硬化後平面を出し、次回塗装編に突入!です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(4)きっとkit

2019年08月23日

M1914コングスベルグ

きょうは自薦トイガンネタで、WAのガスBLK
M1914コングスベルグを。



この銃はコルトM1911のライセンス生産で、
コングスベルグとはノルウェーの地名です。

ソコにあった兵器廠で作られたノルウェー軍用、
型式は1914(1917年までは1912?)ですが、
生産が軌道に乗ったのは1918年からで、
コイツはそのWWⅠ前の生産分をモデルアップ
しているような、ですね。

コレはHW樹脂に青めの塗装仕上げで、重さと
表面のリアルさを追求(いや黒染めにはやはり、
なんですが)してます。



スライドのリーフカットなども初期のM1911と同じ、
なんですが、トップカットのように、下に延ばされた
スライドストップが大きな違い、です。



同じWAのガスガンで、M1911(画像左)とも。

以前比較ネタをやったときにも書きましたが、
コングスベルグM1914は各部品に製造Noを入れたり、
セフティの面を削ったり、イロイロ手をかけたモデルです。

ノルウェーでの生産は、WWⅡ期ドイツ占領時代にも
続けられ、ドイツ軍がピストーレ657(n)の型式名を
与えて採用したとか。

戦争末期でドイツ軍用拳銃が不足してたため、
ですが、.45口径のパワーも評価されたのかな?
米軍(A1でしょうが)とは同じ拳銃で撃ちあったことも
あったのカモ!



M1911系のスライドストップは、確かに少し遠かったのか、
米国でもコンバットシューティング用に後方に延ばした
モノが作られたりしますが、その後スライドストップを
使わない!という流儀が浸透したせいか、現在は大型化
したスライドストップは少数派かも。

この独特のカタチ、他には、、、と思ったら、ジェリコ941が
踏襲?!してますね(笑 あ、画像はハドソン ガスガン)。



M1911は米国のスプリングフィールド造兵廠でも
生産され、ソレも模型化されてます。

他には南米アルゼンチンあたりでもライセンス生産
されたようです(システマコルト WAも出してます)が、
ソッチはA1型ですね。

コングスベルグは希少なM1911のバリエーション、
というだけでなく、ドイツ軍採用!なのでソッチの
コス(失礼!)にも使える、せいか、結構人気、
個人的に推薦しなくても、かな?ですが(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)お勧めはしませんが

2019年08月21日

「パラサイトドールズ」~バズ

きょうはアニメの登場キャラ使用銃ネタで、
2003(2004)年の「パラサイトドールズ」から
主人公バズ・ニクヴェストの銃を。



A.D.ポリスの特殊任務チーム、”ブランチ”の
捜査官バズはある事をきっかけに、拳銃を手に
していなかったのですが、、、

物語のクライマックス?で(あくまでストーリーには、
ですが)同僚マイケルソンのグロックG17を
手にすることに。

画像はタナカのモデルガン、2ndバージョンです。




この作品、「バブルガムクライシス」の派生作品、
「A.D.ポリス」の番外編、という位置づけで、
OVAとして3部作で出たのち、再編集され劇場公開
までされた、とか。

画風もストーリーも元の「バブルガム~」とは異なり、
”大人向け”で渋い雰囲気を重視したものになってます。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(8)あのひとのGun

2019年08月18日

マルイ パイソンハンターを造る!その1

「僕はタニマチが少ない」
いや横綱じゃああるまいし
普通おらんやろ!!


あ、さてきょうはキット組み立て記ネタで、
マルイの造るモデルガンシリーズから
コルトパイソンハンターの第一回、を。



えーっと、今回は台風襲来!夏休み利用
企画、ですね(笑)。

これは最近しばしば利用しているネット展開もしている
ショップ(通販)で見つけてきたモノ、そこはトイガンは
専門外、のようなんですが、ちょくちょく安価に出物が
あり、少し前ですがゲットしていたのをこの際組み立てよう!
かと。

現在マルイの「造るモデルガン」キットは未組み立て
だと定価の数倍だったり、ですが、個人的には
そこまで出す気には、なのでちょうど良かった!わけ。



ただ既に生産中止になって久しいプラモ、
部品の欠品などがあったら、、、(欠品て返品しずらい
気分になりませんか?)でしたが、とりあえず
大丈夫そう!です。

普段は店頭でパーツの袋などを確認してから入手、
なのですが、この辺りの危険負担と価格のバランスが
”どこで買うか”の悩みどころですね。

あ、機種は未入手だったパイソンのしかも珍しめな
ハンターモデル(8in)です。
実は8in、コクサイの旧型とか金属とかタナカのガスガンを
持っているんですが、6inなんか更に、だし、以前「あのひと
~」ネタでシルバーモデルが無く、アナコンダにも登場
願ったりしたもので、今回は銀色仕上げに挑戦してみようかと
(でイマイチだったら上から黒色で!)。



この時期のキットは、箱を開けて飾らせるつもりだったのか
中敷き?に主要部品をくくりつけ(カートなんかはブリスター
に入れて)その下にパーツが入っています。

仮止めのために付けたセロハンテープの糊が残っちゃってたり
しますが、ともかく今回はその下の袋もちゃんとホッキキスで
止まっており、更にこのあとパーツリスト参照しましたが
パーツは揃ってるようです。



このパイソンは「造るモデルガン」シリーズでも後期の作
だったはずで、フレームもバレル挿入部を一体化、シリンダー
も撃針を鋳込んだ一体型となっています。

初期のスーパーブラックホーク、44マグナムM29などは
貫通シリンダーでバレルに撃針を持つタイプだったため、
モデルガンのソレと同じく発火後カートが撃針に付いて
ニッチもサッチも(バレルに棒を通そうにも撃針が邪魔して
カートを突けない)、という恐れがありましたが、コイツは
シリンダーが外れ、前から突いてカートを抜けますね。

と、パーツを見ていったところまでで今回は終了、
また他ネタを挟みながら、ですが次回パーツ接着、削り
編、かな?です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(0)きっとkit

2019年08月16日

スチェッキンとAK74

きょうは主従装備ネタで、ソ連時代の軍用コンビ、
スチェッキンAPSとAK74を。



スチェッキンは1950年代の開発、で、フルオート可能で
ストックも付く!のでフツーの拳銃の枠には納まりきらない
カモ、そして時期的にはAK47の方が近いのですが、
他にソ連の軍用拳銃といえば中型の護身用マカロフPMくらい!
なのでヘビーユース(操縦士などの予備兵器)などには
スチェッキンが見直され使われ続け、AK74の時期でも
合う装備なんじゃあ。



あ、今回の画像、スチェッキンはメーカー不祥の
レジンキャスト、AK74はトイスターのエアコキです。



AK74はAKMの小口径改良型で、ストックの溝は口径が
違うことを識別させるため、だったとか!

マガジンもベークライトで赤いですが、これはAKMにも
あるようですね。

ちなみに、ウチのトイスターAKMとは互換(考証的には
アールが緩いので合いませんが)性があります(笑)。



スチェッキンもカートは9×18ミリのマカロフ弾、ですが、
ダブルアクショントリガーに複列式マガジン!おまけに
シンプルブローバックなので銃身固定式!!開発当時は
もちろん、1970年代でも先進的(さすがにアルミフレーム
ではありませんが)な装備ですね。

しかしロシアはその後PVaグラッチなどを開発、スチェッキンの
系譜は大きな改良なく終わることになっちゃいました、グスン。



スチェッキンもトイガン化に恵まれない機種ですが、グラッチ系
なんかも同様、、、
AK系は現在非常に高い人気、なのでサイドアームの方も、とか
思うのですが、ゲーマーな方々はAKとハイキャパ!とか
”無国籍”系装備なのかな?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)メインとサイド

2019年08月14日

H&KのSMG

今日はちょっと久しぶりの”比べる”ネタ、
今回はH&K製のサブマシンガンを3つ。



まずはMP7A1(左)とUMP(右)。
どちらも電動ガンで、MP7はマルイ、UMPは
ウマレックス?

タマが違うのもありますが、MP7はグリップ内にマガジン、
そして専用の折り畳み式フォアードグリップも備え、
同じメーカーでも構成がかなり違います。

しかし時代を反映してか?どちらも上部とバレル横に
レイルが配されています。



次はMP5のK(右 こちらはマルゼンのガスBLK)と
UMP(左)。

MP5はH&KのSMGとしては第一世代ですが、今も
人気があるのか、UMPはカブらないように45口径から
始めたような、で、というかMP5の進化形がUMPかも。



ローラーロッキングを止め、ポリマーをロアーレシーバー
以外にも採用、円筒型+リブのアッパーはシンプルに
角型に、ストックはG36と同じボタンロックの横折り式に、
と進化してますが、MP7のようにグリップ内にマガジンを
入れなかったのは太くなり過ぎるから?

MP7はバレル長を稼ぎ、全長は抑える必要があり、
”適材適所”というかタマと使用目的に応じた個別設計かも。



それを考えると、MP5はSD(サイレンサー)や固定ストック、
それに今回のKのような短銃身にストック無しまで!
一つの基本型を使い回し、しかも長く好評を得ていた稀有な
存在、ですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)比べてみました

2019年08月11日

M1カービンスポーター

では京アニ応援?企画をこちらでも。
今回は「涼宮ハルヒの憂鬱」からの
名曲モジリで、「GOD NOSE」
(鼻もそうだけど能勢もこう書くのよ)。
(元曲;GOD KNOWS)


あ、きょうは夏向けにビキニ3連発!は
おいといて(笑)、CMCのM1カービンスポーターを。



これはちょっと前から行きつけのトイガンショップに
入ってきていたもので、気になっていたものの最初に
見かけたときは予算が、、、で、資金確保が出来てから、
行ってみたらまだあった!見せてもらった!!買った!!!
という流れです、はい。



ストックは当時CMCで良く見られた?濃淡を着色したような
仕上げで、オイルらしく艶は抑えられてます。

恐らくあんまり動かしていないようで、外観は傷も少なく
良い状態(意見には贔屓目があります)ですね。

SMG期でも初期らしく、ボルトはストレートに後退、
というか、スポーターにロータリータイプってあったの?

ボルトは一連のCMC系スポーター共通のメッキになっており、
軍用とは差別化が図られています。

モノは未発火らしく(きれいなデトネーターが外れてきました)、
アルミカートに短いマガジンは予備まで完備、箱はずいぶん
くたびれてましたが、一応オリジナル!あと説明書があれば
完璧!だったという。



それでは各簿を。
バレルはモーゼルなんかより短く、たぶん専用ですね。
後ろから見ると前方後円墳型?のサイト形状は同社の
スポーター共通、かな?

コイツはカバーを付ける為か、スリットがベース部分に
彫られていますが、前後に通っていない(モーゼル、九九式
のは前まで溝がある)です。

また、ベースが一体なのはモーゼルと同じ(九九式は別)
ですね。



先台はチェッカリングされ、上部のガードは除去されず、
金具共々専用(後部に穴、上部に抉りがない)が奢られて
います。



スコープはウチで付けましたが、マウントは付いてました。
ズームのスコープだと、後ろに寄るのでマウント前部に半分
突き出す形でスコープを付けちゃいました。

小型の固定倍率があればいいんですが、現在艶有りの
クラシックなスコープは手に入りにくい!

マウントが短いのはエジェクトを考えて、かもですが、
まあ撃つ気もないし(爆!)、でも無理やり付けてるのは
やっぱり直したいカモ。

ノーマルのサイトも部品として付属してましたが、分解しないと
取り付けできない!し、機能的にも上下動がないので、
まあコレに使うことはないかも。

というか、このマウント実銃用なんじゃあ、で、元々M1カービン
のスポーターではスコープ取り付けに問題が、と思っていた
のが解決してたのも購入の動機になった!んですが。



そのマウントベースの刻印。
S&Kはニュージャージー州ウォーレンにあるスコープマウント
メーカーのようですね。

CMCにはネジが適合しないんじゃあ、ですが、この個体は
ネジを切り直したのか、ちゃんと付いて!ます。

機関部のアールなどは実銃用が付く、ということはCMC製が
リアルだったのかも、ですね。



セフティはレバータイプ。ここはクロスボルトだともっと嬉しい
んですが、まあ贅沢は、というか、ホーワの市販版の方が
コレより軍用っぽい(モンテカルロ型のチークピースがない)
ストックだし、コレは軍用を個人が仕立て直した、
ってイメージですが。



5連発の専用マガジン。予備も一つ付いていて、
綺麗な方が本体についていたのですが、そちらは外して
保管、現在このちょっと錆びた方を付けてます(貧乏性?)。



バットプレートはこのようなカンジ。これはCMCが実銃用を
付けたのかも。
微妙にストックとは会ってませんが(笑)、



M1カービンは、戦後ホーワが作り、国内では抑え目な
パワーがちょうど狩猟目的と合った!のか、我々にも親しみ
があるモデルです。

でもこのスポーターに拘るのは、1980年代の刑事モノで
狙撃用としてたびたび登場したから、かもなんですが(笑)。

ともかく、スポーターライフルモデルガンコンプ計画?
一歩前進(というか、王手までいってる?)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:00Comments(0)最近のこんなモノ

2019年08月09日

「SAOⅡ」~キリト

きょうはアニメ登場キャラ使用銃ネタで、
「ソードアートオンラインⅡ」から、主人公キリトが
使う拳銃を。



「ソードアートオンライン」はVR(仮想現実)ゲームを
扱ったSF作品で、Ⅱのファントムバレット編ではGGO
(ガンゲイルオンライン)というゲームが舞台に
なっています。

キリトはここで、光剣(フォトンソード、昔風にいうと
ビームサーベル)をメインウェポンとし、サブに
FN ファイブセブン(5-7)を購入し使用します。



商品紹介時にはマルシンの調整式サイト付き
でしたが、キリトが使うのはマルイの再現した
固定サイト型(画像のモノ)ですね。

他に戦闘中、銃士X(マスケティア)のM14EBR?
(Mk14 Mod0?)を借りて撃ったりしますが、
まあコレは自分の持ち物、としてではないし(略!)



ちなみに現実世界ではDT125にアライのSZ-α3
あたり、ってバイクは関係ないか!

あ、もう一人の主人公、シノンは初期にコルトパイソン、
後にグロックG18Cをサブとし、メインはMAS FR F2
から後にPGM ヘカートⅡとなり、仏の狙撃銃に
拘りがあるような、ですね。

ちなみにこの銃器監修にあたった時雨沢恵一氏が、
スピンオフ版のGGOを書き、これも最近アニメ化
されてます(こちらはまた機会を設けて、の予定)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2019年08月07日

S&W シグマ

きょうは自薦トイガンネタ、なんですが、
正にS&Wの黒歴史!そしてトイガンとしても
短命に終わった!!WAのシグマを。



S&Wは戦後M39シリーズで自動装てん拳銃の
分野に進出(その前に.35オートで一度失敗!)、
当時最新!のアルミフレームを採用して
一定の需要を開拓し、改良しながらも結構長く
作り続けられたのですが、グロックの登場に焦ったのか
ほとんどストレートなコピー!のコレを
出しちゃったんですね。



まあ形状もトリガーなんかもちょっと変えてるんですが、
結局グロックに訴訟で負け、その後ワルサーと組んだ
SW99シリーズ、独自のM&Pシリーズとポリマーオート
でも別シリーズが成功したせいもあって、コレは完全に
黒歴史、トイガンもガスブロはWAだけっだったんじゃ、です。



グロックはセイフアクション(ストライカーが少し引かれている)
ですが、ガスブロのトイガンだと内蔵ハンマー式に変更され、
SA化して連射もソコソコ早い機種が主、なんですが、コレ、
見事に毎回DA!リボルバー並みの連射速度!!



まあこれが”リアル”なんでしょうが、ガスブロの意味
(連射が早い)が無くなってるわけで、日本でもシグマは
支持を得られず、でしたね。



スライドはグロックの”四角”から、左右の面を少し落としたり、
後部とセレーションを斜めにしたり、と結構拘りを見せて
いるんですが、、、



哀しみのS&Wマーク。
後にS&Wだけでなく各社”オリジナル”のポリマーオートを
作り、今や”どれがどれやら”な状態なんですが(笑)、
苦し紛れとはいえ老舗かつ大手のS&Wが、と当時の
”凋落ぶり”を象徴する機種になっちゃいました。

コレ、今も価格的には?の評価かも、ですが、やはり年数が
経過しているているので数は減ってきてるんじゃ?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(6)お勧めはしませんが

2019年08月04日

リトルアーモリーウォーターガンC2

きょうは、とうとう3年連続!の1/12
水鉄砲企画!を。



リトルアーモリーはトミーテックの1/12
銃器プラモシリーズ、ですが、このところ毎年、
クリア成形部品を使ったウォーターガンを
発売しています。



今年は三年目ということでCシリーズとなり、
非クリア部分が白、クリア部分がグリーンのCと
グレイ/イエローのC2が発売、これはC2のほう、です。

クリア部品の型は従来から変わっておらす、完全な?
水鉄砲が一つとワルサーP38型、そしてM4とAKに
使える水タンク(コレを付けて水鉄砲化)、水風船が
入っています(画像に水タンク単体は入ってませんが
他セットのが下の方で出てきます)。

キットはランナーから切り離し、せいぜい4個までの
パーツを組めば完成、しかもスナップで接着不要!
部分が多く、水タンクくらいしか接着しなくてもOK
(今回、取り外しの為両面テープで付けましたが)です。

今回の非クリア部分は、なんとSMGが2つ!付属、
一つはイングラムMAC11、なんですが、もう一つは
ブッシュマン(パーカーヘイル)IDWという機種です。

IDWはマドセンM1950を短くしたような外観ですが、
バイクのようにオイルダンパーを持ち、連射速度を
可変させる、というキワモノ!!
レイル装備のSMG、という選択枠が狭い!とはいえ、
よくまあこんなの見つけてきたな!!



そのIDW(左)とMAC11(右)。
モデルは夏なので帽子、ということでFigmaの
めぐみん(右、ちなみにトップカットのヘッドもそう)と
忍野忍で。



また京アニ応援企画!「らきすた」の面々で、
銃は左から水鉄砲、IDW、MAC11。

ドールは上と同じくFigmaなんですが、この頃のは
1/12よりちょっと大きめ、ですが銃はあんまり
カンケーなく合いますね。




最後はアサルトリリィ(画像左;カスタムリリィB、
画像中央;川村 楪)とピコニーモ素体+ヘッド(画像右)で。
銃は左からB2セットのAK47、C2セットのIDW、
そしてAセットのM4です。

アサルトリリィ系も1/12よりちょっと大きいのですが、
銃とはよく合っていますね。

トミーテックでは過去のA,A2そしてB、B2も再生産している
ようですので、宜しければまとめてどうぞ!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:12Comments(0)こんなモノ番外編

2019年08月02日

デザートイーグル44マグ

きょうはメカメカ通信29号、デザートイーグルを
WAの44マグ、ハーフシルバー(カスタム?)で。



デザートイーグルはマグナムオートを代表するように
なっちゃった!モデルで、コレは一,二世代前のMkⅦ
を再現しているようですね。



ショートストロークのガスピストンにロータリーボルト、と
ライフルの機構そのまま!で、トップカットのように
マイクロロッキングラグ(トイガンではダミーですが)が
内蔵されてます。

このWA版はスライドがフルストロークらしく、エジェクション
ポートが豪快に開くのは見ていても楽しい!です。



ハーフシルバーは前オーナーが塗ったか、
シルバーモデルと”ニコイチ”をやったか?ですが、
映画「ニキータ」やアニメ「爆裂天使」でも使われるなど、
派手で”メカメカ”しさを増幅させる仕様に思えます。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)メカメカしいヤツ!