2018年09月21日

ベクターCP1

乗用車の目撃情報を集めると、
「ムービー」(MOVE)、
「パトライト」(PALETTE)、
「ルパン」(RAPIN)など
ユニークな名前が続々出てくるそうですが、
Renault MEGANEは「メガネ」って
読んじゃうもんだよね!

あ、さてそれではピュアニーモ 秋山澪でなくて
(いつもお付き合い下さり、ありがとうございます!
って、早く本題に入れ!!)
きょうもショットショーネタの続き?
ベクターCP1を。



これは韓国製のエアコッキングガンで、
BWCが輸入してたようなんですが、実物が
リコール(回収)されてたり、でもう久しくトイガンも
見かけなくなっちゃってるような、ですね。



箱が無く、スライドの塗装が傷んでいたり、はありますが、
今度はいつお目にかかれるかも?なので、とっととGet!
しちゃいました。

シルバーのスライドは韓国で”実物”と間違わないように
したため、とか聞きますが、少し剥がれているようなので
再塗装で黒くしちゃいます。



フレームのピン2本を抜けば、機関部ごとスライドが
外れるそうですが、どっちにしろ機関部とスライドを
分解するので、スライドだけを(下を広げて)外しました。



下地は塗装を剥離せず、パーツクリーナーで洗ったのみ、
なんですが、拭き取ったら傷だと思った部分も汚れで、
ほとんど落ちちゃった!ため、必要性は?になりましたが、
ここまできたら、でブラックパーカーを塗っちゃいました。



フレームが凸凹してる割には艶があるので、スライドと
コントラストが付き良いカンジ(自画自賛!)です。

あ、スライドを外した時に、エジェクションポート(バレル)部も
コンパウンド研磨して綺麗にしました。



金属部品がまだ銀色ですが、まあそれはまた気が向いたら
(あ、これは”やらない”宣言だな、、、)。

マガジンも一応フルサイズ。



CP1って、9mmパラベラム弾仕様だったんですね。
丸っこいカタイチから小さく見えますが、グロックでいうと
G26よりG19寄りカモ。



ベクターロゴはマガジンと、



マズル下、そして左右グリップにモールドされてます
(このマズル下には、ディレイドBLK用のピストンなんかが
実物では納まるのでしょうか?)。



妙にアール状のラインが多用されてますが、
このへんのロゴデザインとかオシャレですね。

グリップもちょっと丸すぎ、ではありますが、意外や
アール状のラインが親指に合い、何よりスライド後部が
丸められていて抜きやすそう!

実物は閉鎖機構的にはH&KのP7に近く、一応(リコールが
かかったけど)手動安全装置も備えたグロック改良のトリガー、
外観だけでなく中身も面白そうだったんですが、、、


まあディレイドBLKって、”不成功”の王道なのかも、ですが(笑)。
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)最近のこんなモノ