プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2018年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2018年08月31日

M1851スナブノーズ?!

きょうは自薦トイガンネタ、というか
自作カスタムパーツで、CAWのM1851を
スナブノーズ化したヤツを。



これは以前制作記もUPしましたが、
樹脂素材を削りだしてラマー無しの短銃身とし、
ついでに?SAA用のバーズヘッドグリップフレームを
装着(グリップは自作)、コンシールドウェポン化
したものです。



実物ではイタリアのウベルティあたりが短銃身の
M1851レプリカを作ってるようですが、さすがに
ココまで短く、グリップも丸めたモノは無いカモ!



HWSのSAAバーズヘッドカスタムシェリフス?とも。
こちらはメーカーカスタムですが、どちらもバレルは
3.5インチくらいで、大きさも似通っちゃってます。



パーカッション式のバーズヘッドには一時凝ってしまい、
M1849でもバックストラップ(真鍮曲げ、削りだし),グリップ
自作してます(画像中央、左はM1848ベビードラグーンに
ラウンドのトリガーガード付き。いずれもココで過去にUP済み)。



実際にはSAAでもスクエアバットしか無かったようなんですが、
まあ現代にはレプリカメーカーが作ってるし(笑)。
現代リボルバーでもラウンドバット化が進んでるような、だし
(いや古式銃には関係ないから!)。

でもつい作りたくなっちゃうんだよなぁ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:44Comments(4)お勧めはしませんが