2018年08月12日

「日本のいちばん長い日」~畑中

きょうは8/15も近いので、1967年の
「日本のいちばん長い日」から
黒沢年男演じる近衛師団 畑中少佐の拳銃を。



映画は第二次世界大戦末期、ポツダム宣言受諾を
巡る政府、軍の様子を描いており、(結果的に)反乱を
企てる畑中少佐が使うのはFNのM1910。



画像はマルシンのモデルガンですが、映画は警察協力の
実物だったのカモ(日活コルトなんかよりリアルだし!)。

それとも当時まだ黒色OKだった金属製モデルガン?



”天皇の意に反してでも”(天皇制の)国体維持、とか、
戦争継続派はなぜ、どこで間違えてしまったか、
色々考えさせられます。

この映画は最近(といっても数年前)もリメイクされています。
未見の方はもちろん、一度見られた方も、この機会にひとつ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 18:23Comments(4)あのひとのGun