プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2017年09>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2017年09月01日

ウッズマン グリップアダプターセット

それでは梅沢冨美男さんの名曲で一節、
♪コイは い~つでも は~れ ぼったい♪
(元曲;夢芝居)
そりゃ年中池の中、だもんね! 


さてきょうはこの間実家で発掘されたウッズマンへの
お祝い(カブリ機種差別化?)企画、CAW/MULEの
グリップアダプターセット入手、取り付け記を。



エーット、しばらく活動が停滞していたような?
CAW/MULEですが、このところ、グリップなどを
ボチボチ作り始めているようで、このアダプターも
以前から企画はあったようなんですが、ようやく?
出荷されたみたいですね。



アダプターだけでなく、グリップフレーム後部の
ハンマーSPが入るストラップと取り付けネジも
同梱されており、取り付けのためのネジ穴加工が
不要、となっています。

まあ、それは価格にも反映されており、大小
2つのアダプターだけでも販売してくれると
嬉しいのではありますが(まだもう1セットくらいなら
ウッズマンはたくさんあるので買い足す
余地アリ!)。



ストラップの分解は本体の説明書を読んで
いただけば、ですが、スライドを引いて分解用
ボタンを押し、スライドを戻してスライドSPを
ストラップから外し、ハンマーは落として(必要
性は?ですがキブン的にグリップも外してます)、
で上に押してから後方に引くと外れ、
そこからひねるようにしてストラップを下に
抜いてください
(画像は上に押して後方に引いたところ)。

、、、なんかこの状態で内側にカマシモノ入れる
だけで同じ効果が得られたんじゃあ
(いや、本家コルトがガバメントの練習用としての
位置づけを意識して、追加してるんだし!)。



ストラップ内のハンマーSPとブッシュ?は、
ブッシュを押しながら止めピンをハンマーストラットが
入る穴の内側から押して出せば分解できます。

ここは貫通穴にしたほうが分解がラクなので、
アダプター無しに戻したりする予定の方は
長いピンを用意し、穴を貫通させたほうが、です
{それよりストラップをネジ穴加工付きのまま、
M4のセットビス(イモネジ)を探して締めたほうが
簡単カモ、ですが}。



さてこれで準備は終わり、2種類のアダプターを
選んで付属の六角穴付きボルトで絞めればOK。

ストラップの曲面にぴったりと合わせて
加工されているので、ネジ一本ですがキチっと
付きます。

あ、本家(コルトウッドと他の樹脂があるようです)
と違ってどちらも高級感のあるオイル仕上げの
木製です(なので締めすぎ注意、カモですが)。

これは大きいほうです。
後方はガバメントシリーズS70 MkⅣと同じ
グルーブ(縦溝)です。

しかし元々グリップ角度が大きい(寝ている)
ウッズマン、コレを付けるとかなり違和感が!



続いて小さいほう。
こちらはチェッカーで、軍用M1911A1を
意識しているようなカタチですね。

コレなら違和感も少ない、、、かな。



2つを並べて。
って、もう一つは!!
そう、ABS スポーツモデルのストラップに
ネジを切って付けちゃいました!

元々ダミーのネジがモールドされているので、
まずソコをガイドに4mmのキリでセンターを出し、
それから3.3mmのキリで穴を貫通、ネジ切り
(穴は底面に平行に、万力で固定してボール盤で
穴開け)すればOK。



ABSの方はスムーズですが木製のグリップ
なので、今回のアダプターともフィーリング的に
合う、かな?
(いや、ホンモノ2ndはどちらも樹脂のようですが)。



できたらマイナス溝のスクリューを作って付けて
欲しかったところですが、現在マイナスねじは
普通使われていないため、コスト的にやむなく、
というトコロでしょうか?

ネジはM4ですが、元のモールドからすると
もう一サイズ小さいネジ径(実物はたぶん
インチサイズ)だったようで、ならM3でも
良かったのカモ、ですが、このあたりの変更は
製造上(ストラップの加工)の都合カモ?

M3だとグリップ用などで結構他のモデルガンにも
使われており、入手性も良いと思いますが、M4で
12mmのマイナス、となるとガバのグリップ用でも
短く、ちょっと流用できるモノが思いつかず、、、
まあ作ればいいんですが(そのうち気が向いたら、ね!)。



あ、小さい方+ヘビーバレルの組み合わせなら、
付けたままで一応オリジナルの箱に納まります。



しかし、ウッズマンでも3rdになると、マガジンキャッチが
グリップ底(ストラップ部分)に付くためか、このパーツも
付かないようですが(あ、もっというと、2ndもストラップ
底部はランヤード取り付け用の抉り+ピン付きの画像が
見つかるんですが、、、)。



現在では手の大きさに合わせるため、バックストラップ
部分を交換式にするものが増えてますが、グリップ
後部にアダプター、というのは珍しい存在なんじゃ、
ですね。

などと、少々オネダンは、、、(しつこい!)ですが、
結構楽しんでるんじゃん!!

ウッズマン所有者の皆様も、気になってるならひとつ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)最モノぱーつ編