プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2017年06>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2017年06月30日

「グライド・イン・ブルー」~ウィンターグリーン

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、「グライド イン ブルー」
から、主人公ジョン・ウィンターグリーンのリボルバーを。



まず映画のタイトルですが、原題ではエレクトラグライド、
つまり白バイ用ハーレーの機種名からきているのですが、
長過ぎると判断したのかグライドだけになったような、です。

でも、グライドだけだと意味不明!(直訳はグライダーの
ように「滑空する」だし、哀しみを抱えて青空を自由に飛ぶ、
という映画じゃないし!!ハーレーにはエレクトラより
廉価版のスーパーグライドもあるし!!!
とか考えなかったんでしょうか?)
ですよね。



ともかく白バイ警官ウィンターグリーンの仕事用装備は
なんと黒銀ツートンのパイソン!

この映画、低額で作られたようなのですが、どーして
このようなレアなカスタムが!!
(注:監督の私物だったそうです。)

あ、この為にタナカのガスガン、ニッケルとABSを
ニコイチ化(バレルとシリンダーをニッケル仕上げ)して
合わせてみました。

ニッケルメッキのバレル&フレームは、めっき厚のため
少々嵌め合いがきつくなってますが、なんとか分解,
交換出来ました(撮影後、さっさと元に戻しましたが)。

実銃でも、手入れが悪くて傷んだバレル&シリンダーを
交換してもらうときに、「ついでなので替える部品だけでも
ニッケルに」とか頼めたのでしょうか?
(注:この仕上げでショップカスタムとして存在したそうです)

パイソンは知りませんがS&Wなら昔Gun誌に同様の
”ツートン”があったように思います。
更に現代の軽量合金併用モデルでは、仕様として
ツートンカラーもイロイロありますね。



さて、私服(刑事の助手)のウィンターグリーンが
手にするのはデティクティブです。
これはどうやら旧型のブルー仕上げ(でも仕上げが
いいのか良く光ってます)、画像は同じくタナカ製ガスガンで、
スチールフィニッシュのものです。



この映画はミュージシャン畑出身のジェームス・ガルシオ
初監督作品で、素晴らしい曲とロングショットのエンディング!
ですが、ワタクシ、公開当時は知らず!いやあんまり有名に
ならなかったような、ですね。

現在は(このように)DVDが出ているので、
興味を持たれた方は是非ひとつ!

あ、今回でついにこの企画「あのひとのGun」も
100回を迎えました。
思えばメジャーどころをあんまり登場させず、ともすると
マイナー映画,アニメ紹介になったり、ですが、これからは
もうちっと”有名作品”も取り上げていこうかと思います
(でもやっぱりマイナーだけど変わった銃登場とか、
隠れた名作もほとんどヒトバシラー!のB級も、
捨てがたいんだよなぁ、、、)
どうかまたひとつ宜しく、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)あのひとのGun