プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2016年05>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2016年05月18日

四四式と十四年式

きょうは主従装備研究会?で、
四四式騎兵銃と十四年式拳銃を。



四四式はカービン銃として広く使われた三八式騎兵銃と
異なり、銃剣を一体化させた騎兵専用型として
開発されたようです。

しかし、馬からエンジン付きへと機甲化した
第二次世界大戦も後期、四四式の使用者は
戦車などに乗っていたのでしょうか?



騎兵といえば、ダブルアクションで回転式の
二六式拳銃かも、ですが、以前三八式騎兵銃と
組み合わせており
(爆!)今回は十四年式拳銃に
ご登場願いました(マルシン ガスBLK)。

十四年式は制式で下士官などに配給されており、
小銃よりも軍刀とコンビを組む方が多かったカモ、
ですが、いつもの通り、”共に戦う”存在ではあったし、
状況により、これらを一緒に装備してたカモ(ない?)



ともかく四四式(タナカ モデルガン)も。
あ、長物の背景が青味が強いのは、
大きな背景用紙がコレしかない!からです、はい。

どちらかといえば特殊な四四式、拳銃との併用は?
ですが、まあ妄想は自由!?ですね。

でも、コレ持って対ゾンビ戦(しかも銃剣が役立つ
距離は近接戦!)とかいうシチュエーションは
想像したくない!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)メインとサイド