プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2015年05>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2015年05月31日

89式と9ミリ拳銃

きょうは主従装備を考える会?で、今国会でも熱い論争が続いてる自衛隊編、
89式小銃と9ミリ拳銃を。



89式はキャロットの電動、9ミリ拳銃はタナカのガスガンです。

どちらも現在の自衛隊制式ライフルと拳銃ですが、木材の使用を廃し、
ストック,グリップを樹脂製としています。



9ミリ拳銃はフレームがアルミ、89式はプレス鋼板と異なりますが、基本マックロ!
しかしやっぱり統一感、という点ではSG550なんかを採用したほうが
(って、見た目で選ぶ必要は?ですが)、、、



そしてナゼか制式名が89式には年が入っているのに対し、9ミリ拳銃は口径だけ!
(今回の画像のものは航空自衛隊仕様です)。

実は日本でもUSPやP226、そしてS&Wのオートが一部で採用されてるとか、
そうなると区別の為に口径以外の名称も必要なんじゃ、ですが。



ちなみにキャロットではサクラのマークの後ろにトイガンであることを示すため
”模”の文字を入れています。

警察用の輸入装備でも刻印を入れてたりするので、もしかすると、このマーク
(”模”じゃなくてサクラ)、上記のUSPやP226(当然輸入)にも入っているのでしょうか?
見てみたい気も(画像探したんですケド見つからなかった、、、)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:11Comments(4)メインとサイド