プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2014年03>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2014年03月28日

バヨネット式サプレッサー

はつおんミク、ってアンタ!
(でも”はちゅね”だとデフォルメキャラになるのよ)


みっくみくこんばんは。
さてきょうも相変わらずムダ使い日記?!
きょうはこのあいだ入手したKSCのMP9用アクセサリーを。



以前MP9を入手したトコロで、MP9入手直後に出てきたのがコレ、
専用サプレッサーでした。

現在はメーカー在庫もないし、この際ついでにいってしまえ!と
光学照準器を求めていたのにソッチは棚上げ、確保してしまいました。



装着方法は正に一眼レフカメラと同じく、3つの爪をひっかけて回して
ロックするタイプです。

前後は削り出し、かつ中身もアルミがけっこう詰まっており?
重量も剛性もじゅうぶん!!
というか重いです(笑)。



ロックボタンが上にくる位置で、マズルの切り欠きにロックメカがはまり、
固定できます。

脱着はスムーズですが、逆にサプレッサーで本体を支えるには無理があり、
あくまでフォアアームを握って操作する必要が(たぶん)あります。



内部にはアルミのインナーバレルもありますが、たぶん初速や命中精度には
関係しないのでは、です。

そして実物同様に分割式のたくさんのバッフルが入っていますが、
エアーソフトガンのガス圧では、騒音低下は体感できないレベル!!



まあ、もともとが実物のサプレッサー装備より静かかも、ですし、
付ける事で実物と音響の差が無くなった、とポジティブシンキング!!

性能はともかく、サプレッサーの模型としてはけっこう良いのでは、ですし、
定価よりかなり安く手に入ったし、視覚的にはMP9が立派なSMGに、
そして切削跡からナンダカ高級感まで出るし、一眼レフ以上に脱着が楽しい!!し
と自己満足です。

、、、でもやっぱり何かレイルに載せたいよーな?
(もし進展をみたら続く、かもしんない)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)最モノぱーつ編