プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2014年01>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2014年01月29日

AP210のグルーピング

きょうはAPSトイガンネタで、前回入手をご報告したAP210のグルーピングと初速の
同時テスト!の模様を。



えーっと、マルゼンAPS-3のハードケースほど豪華なパッケージではないのですが、
入手した中古のAP210は箱,説明書,登録書類など、まあ新品と同じだけ備品が付属していました。

でもKSCの箱には(いや他でも大抵そうですが)スコープを付けた状態で入らない!ので、
スコープ(上の画像は撮影用にレッドイーグルを仮に付けただけ!実射はAP210購入報告時のタスコ 
MAGです)を現場で付けてゼロイン、精度テスト、という流れになります(ケースなんかもライフル,
拳銃用共に合わない!ので、専用ケースが欲しいところです)。

実は距離10mでMAXI0.25g弾ではスコープの上下調整を一杯まで動かしてもセンターには
来なかった!のですが、あんまりゼロインで撃ってしまうと修理後すぐの状態から変わってしまうので、
とりあえず上一杯の位置でターゲットに入るところまできたところで早速グルーピングテストに入りました。

今回から、ターゲットも感圧紙(カーボン紙)でわかりやすいものを導入、一枚に5発撃ち、
一発づつターゲットに記入、弾速も同時に全弾計りました。



グルーピングは最初こそ45mmですが、2回目は24mm、3回目に至っては21mmで、
非常に良い結果です。
公平かどうかは?ですが、一回目は練習(実際撃てば撃つほど結果は良かったので、
慣れはあったハズ)として除外するなら平均23mm!

しかも、撃った本人が意識しているのは、実際はもっと纏まるだろう、ということです。
今回、レストといってもガタのある椅子にグリップ下を当てて撃っており、これを砂袋など、
がっちり動かない状態で撃てるならもっと当たる、と思いマス。

感覚的には、この半分もあり得るカモ!

初速の計測値は、まず表で並べるとこうなりました。
ターゲットに記した①が一回目、そのターゲットに撃った順に、着弾位置に記した番号と
それぞれの順番が呼応(3回目は1~5の番号欄を忘れちゃいましたが)します。



初速のグラフも(下)。
初速は非常に安定しており、どうやらグルーピングとは関係ないようですね。

一番低いのは3回目の4発目で、初速73.44m/s(全体平均からすると-1.6%)、着弾点は8点
で、全体からしても高い位置に当たっています。

そして一番高いものは一回目の4発目、初速は75.55m/s(全体平均から+1.5%)で、
差は2.11m/sと、前回のAPS-3よりは良い結果です。

流石にこれは10点にかかるくらい高い位置に当たってますが、他の75m/s台の着弾は
まんべんなく?上下に散っており、初速と比例関係があるとは認められないようでな、ですね。



さあ、これで(今度はしっかり固定できる環境を整えて)プリシーダーと直接対決!?
あ、忘れられてる?APS-3ですが、こっちもバレル,パッキンのチェック,掃除では
改善が見られないものの、新たに!、おっとこのネタもまた今度!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)プリS戦記