プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2013年07>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2013年07月26日

ピンガンのカットハンマー

きょうはM1911ハンマー特集で、ピンガン用ハンマー自作の話を。



MGCはGM5ベースのカスタムとして、ABSのスモールカート時代から
クラークのボーリングピンガンカスタム(略してピンガン)を作っていました。

これはチョット前に中古で入手したものですが、ハンマーは以前紹介した
ホーグカスタムと同じダブルホール+チェッカーのものに替えられており、
実用性はともかくピンガンのスタイルとは変わってしまっていたので、
手持ちのS70用と思われるグルーブ付きスパーハンマーの後部を切り、
自作してみました。



しかし、コレ、ボーマーサイトが低くマウントされているせいか、それともMGCの
ハンマーは小さかったのか、ともかくそのままではハンマーがサイトを叩いて
しまいます(下の画像では、リーフに傷が付いたのが写ってます。汗!)。

そこでよくハンマーの調整で使われる(本来はコッキング位置以上にハンマーを
起さないため)方法、打面上部を斜めにカットすることで逃がしています。



果たして実物やMGCのとった対策はどのようなものだったのか、
またWAのガスブロではどうやっているのか(単純にこのハンマーが大きかった
のかも知れませんが)。

でもボーマーを低くマウントしたら何らかの対策は必要な気も、ですが。

ま、倒した位置での形はこれで何とか、、、

さて、ご好評いただきましたこの企画ですが、一応今回で終了、いつものように
またネタが揃えば復活、ということにさせていただきます。
当然?ココは続きますし、新企画(カテゴリ)も考えてみていますので、
またどうぞ宜しく!です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)M1911ハンマーどれソレ