プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2013年02>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2013年02月10日

DAポケットオートでも

今日は比べるシリーズで、DAポケットオート編を。



いきなりですが、左からCAW ワルサーPPK(初期型)、マルシン モーゼルHSc、
KSC SIGP230、そして頑住吉 H&KのHK4です。



お次は少し大きくなって?マルシン ベレッタM84、マルゼン PPK/S、そして
マルシン PPです。

ワルサーのPPシリーズは中型DAオートの基本、ともいえる存在で、HScや
ザウエル&ゾーンのM38H(SIG P230の先祖スジ)なんかはPP(K)に対抗して
開発され(HScなんかはドイツ軍が調達先がワルサー一社になるのを避けるため
モーゼルに作らせた、とか)、戦後も007の愛銃として活躍?してます。



一方のモーゼルですが、戦後新たにスタートした新生モーゼルもHScの
リバイバル版を作りました。

そして、元モーゼルのH&Kも、HScを基に、4種類のカートリッジが使えるHK4を
開発しています。

このとき、モーゼルから訴えられた!そうで、HK4はPPKよりHScに非常に近い
構造のようです。



外観も、グリップこそフィンガーレストなどが違いますが、スライド上部なんかは
ソックリ!(左がHK4、右がHSc)

9mmサブコンパクトの登場で、影が薄くなった32,380クラスですが、近年
セルフディフェンス用の需要拡大で意外に人気があるとか。

9mmサブコンパクトは、全長こそ短いものの、厚みはフルサイズとあまり変わらず、
これら380ACP用とはやはりコンシールド性が違うような、ですが、この比較は
また別の機会にでも。
では。   

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)比べてみました