プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2011年08>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2011年08月10日

コルトM1849ポケット!

きょうも買い物ネタですが、ようやくデリバリーが始まったCAWのM1849
ポケット 4インチ(ダミーモデル)を。



思えば春、突如製作発表なされた、という感じで、しかもすぐに試作も
発表されたので、順調に行くかと(恐らくメーカーさん自身も)思っていた
のですが、シリンダーの彫刻(刻印?)に手間取っているとか、少し心配
しましたが、とうとう登場です!



6月末の予定から1.5ヶ月遅れましたが、いや、良いデキです。
CAWの製品は、エッジの効いた、カチっとした外観が特徴なのですが、
仕上げもマットブラックで統一され、木製グリップも以前のオールドアーミー
同様のクラシックな色合い!木目も宣伝の画像より濃く出ているモノが
やってきました。



問題のシリンダーには、非常に細かい記載まで再現され、更に今回、
ダミーの弾頭もセットされています。

シリンダーは重量を稼ぐために貫通していない仕様ですが、実は発送前に
「注文を発火仕様にも変更できますよ」という手紙が来ていたので、
発火仕様も発売される(された)ようです。



また、ケース(箱)はロングバレルも想定したものになっており、このモデルにも
4インチと書かれているため、当然バリエーションが期待されます。
個人的にはやっぱりウエルスファーゴでしょうか。

ここで過去に制作したM1861スナブノーズ(ウエルスファーゴのイメージ)と。



M1851,M1861系の36口径6連発と、最も大きさの差を感じるのは
シリンダーです。

M1849は、意外に大きく見えるのですが、実際は握っても小指が余るくらい
小さいモデルです。



今回、予約特典として、バレルに入れるウエイト,ショートのトリガー(初期型
のモノらしいです),試作で試行錯誤したスチールのボルトの数々、などが
付いてきました。

発売までに時間がかかったのは、作動調整で、このボルトの改良
だったのでしょうか?



でも、この”使えない”ボルト、どうするの?
(いや、キーホルダーなんかにすると御洒落かも?ソンナコトない???)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(6)最近のこんなモノ