2011年04月30日

大怪獣レモネードとスコール果物味

きょうはパンツァーファースト、でなくて、飲み物ネタ(けっこう溜まって
きてます)で、スコールのフルーツ味と、大怪獣レモネードを。



まず、仮面サイダー,ウルトラコーラを作るダイドーのもうひとつの
特撮キャラ缶の定番、大怪獣レモネード、これは以前からあり、
たまたま登場の機会に恵まれていなかったのですが、今回
フルーツ味つながり、ということで。

缶はレッドキング,キングジョーブラック,ウィンダム(左から順)が描かれ、
味は甘味も少なく、酸味も強くない、非常にサッパリ!したもので、炭酸が
入っていないこともあって一気に一缶飲めるカンジ。

缶には、「目ざせ!大怪獣博士」と題して、怪獣の足跡当てクイズが
載せられていますが、誰が足跡なんか見てるんだ!ウチのトイガンクイズより
ずっとカルトだぞ!!!(うちでも、トイガンのマズル拓とか、マグウェル拓当てとか
やろうかしらん?)


そして本命?スコールはゆず,パイン,マンゴー(左から順)の3種類が
手に入りました。
パインとマンゴーにはラベルの上のほうに「40th」と書かれてあり、
下のほうを読むと「Skalは1971年生まれの乳性炭酸飲料のパイオニア」
との表記も。



ゆずは柑橘系でもゆず特有の?香りがあり、この中では最も『大人の味』
なカンジです。
さっぽり気味ですがスコール本来の甘味と炭酸も効いて、爽やかでかつ
ゆずの風味で後味もスッキリ、家族の中でも最も評価が高かったです。

パインは酸味と甘味の両方が強く、これまたパイン後味が残りますが、
そこはフルーツの王道!飲みにくいということはなく、この中でも最も広い
層に受け入れられそうな、ポピュラーな味です。

そしてマンゴー、これは甘味を前面に出しており、子供層などには鉄板かも。
香りも甘いマンゴーのもので、飲みやすさ、という点でも最もクセは無く、
まあ甘いモノが嫌いな方でなければまず美味しくいただけます。

とここまで記事が出来たトコロで、もうひとつの40周年記念フルーツ味、
メロンも手に入りました。



マンゴーと同じく甘み系?ですが、国産メロン果汁1%入り、とわざわざ?
書かれているとおり、爽やかなメロンの香りが広がります。

スコールはそれぞれの果物の味がしっかり出て、かつどれも飲みやすく
美味しく仕上げられていますね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(4)飲み食いするのよ猫だって