2011年04月20日

クラゲホップリシーダーS

きょうはハクション大魔王のツボ、でなくてBB弾が真っ直ぐ飛ぶ魔法、
違うホップバレル組み込み編、プリSカスタム日記です。



プリシーダー,プリSを購入したショップではホップバレルも企画,販売していて、
以前訪れたときにコレを入手していたのですが、ようやく組み替え、テストを
行ってみました。

分解,組み立て方法はバレルに説明書が添付されています。
グリップ,トリガーガードを外し、アウターバレルを抜いて、インナーを後方から
引き抜きます。

プリシーダーは、小さなタッピングビスが使われていて、ちょっとコワイですが
シンプルで分解も比較的ラク(それでも軍用モデルのように工具無しでワンタッチ、
とはいきませんが)です。

ノーマルがテフロンパッキンなのに対し、ホップバレルは黒いゴム、そして上部に
丸い穴が開いており、ここにファイアフライの「くらげ」を組み込みます。

「くらげ」は甘口(弱い)が良いとのことです。
実はバレル購入時にパッキンも入手、そこで工房の社長自ら組み付けて
いただきました(その節はありがとうございました)。

分解は前回バレルを塗るときに行っており、順調に進みましたが、ホップバレルは
少し太いのか、チャンバーの納まりが悪く、チャンバー外周の面取りなどを行って
組みました。

インナーバレルの先端はアウターのマズルに差し込まれますが、ここは逆に
ちょっとクリアランスがあったので、テープを巻いて調整しました。

チャンバーを分解したところ。
画像右がホップバレル。内側にちょこっと見える白いのが「くらげ甘口」です。

ノーマルバレルはパッキンを内側に入れる形で、ココは別部品を圧入したような、
ですが、ホップバレルは外側にパッキンを被せるために一体で、かつ本体も径が
太く、ノーマルの中間部に付けられているスペーサーは使えません。

今回スペーサーなしで組みましたが、マズルのガタを取ったので一応ガタつきは
出ていません。

それではバレルの比較、実射編を。
今回は10mでSGM0.29gを使いました。0.25gがホップには良いとの事でしたので、
マタそれは試したいと思いますが、とりあえず手持ちの0.29gで5発、的は手書き!
です。10mだと3cmの四角だと思いますが、丸で。
机に発泡スチロールを置いてのレストで、高さはほぼ一定ですが、左右はワタクシの
狙いに誤差が発生する要因があります。

精密な照準でテストするには光学機器を付けたいところですが、
マガジン部に溝を切る必要があり、ここを裏から見てみると、3mmも削ると
穴が開くようなので、とりあえずアイアンサイトで今回テストしました。

マウントベースは、また今後のカスタム課題、ということで。


ノーマルでは10mの手前で急激に落ち始め、サイトの調整では
カバーしきれないほど。
グルーピングは37mmくらい(いちおう36.5mmと出したけど、BB弾の中心が
あいまいなので)です。

弾の落ちが大きいにも関わらず、左右に散っているのがわかります。
左右はサイティングの問題かも。だとすると20mmくらいに納まりそうです。

まあ、サイトが合えば、レストなら5発中3~4発は命中する程度、ですね。


ホップではいきなり照準が上がり、調整してから3枚ほど撃ちましたが、
まだホップが安定していないのか、フライヤーなのか、1枚は上下に
激しく散りました。
約35,61,33mmのグルーピングです。

あ、初速を未だ計っていませんでした。これも次の機会に計りたいと思います。
今後、ホップが安定し、上下方向が納まるのか、それとも0.25gが良いのか、
様子を見てみたいと思いますが、とりあえずゼロインできるので、
ホップバレルは必要!(笑)ということで。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(0)プリS戦記