プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2011年01>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2011年01月15日

タナカのM1917と

♪強ければ それでいいんだ♪
♪力さえ あればいいんだ♪ 
♪ひねくれて ポチをにらんだ 猫なぁ~のさ~♪

(いや、元歌「みなし児のバラード」はよい歌詞です)

さて、今日はタナカのモデルガンで、S&W M1917の45ACPモデルと
各種木製グリップを。



これは同社のM29と同じサイズのフレームですが、5スクリューの
オールドタイプです。

バレルは5.5インチで、リムレスの45ACPを使うため、
ハーフムーンクリップも付いています。
クリップが入るぶん、先に出た.455口径モデルに比べ、
シリンダーも後部が短くなっています。



以前入手したインディジョーンズモデル .455の4インチ(右)と。



45ACPは、添付の発火用カートの他、ダミーカートも装填は出来ます
(プライマーが動かないので、ハンマーで叩くのは避けた方が、ですが)。



上の4インチのグリップはプラのままですが、5.5インチのプレーンだと
やはりちょっと、とか思ってしまい、入手してから悩んでいた?ところ、
行きつけのショップで発見したのがコレ、純正オプションのウォールナット。
見事な杢にやられてしまいました。



実はグリップを替えようか、悩んでいたときに、
M29用のものを合わせてみたりしています。

コレはM629 PC3インチに付いていたプレーンの木製。
ミリポリっぽいですね。
木目も目立たず、色も薄めですが、上部が延長されSWのメダリオン付きです。



ランヤードリングを外していないので、乗せただけ、ですが
オーバーサイズも。
ちょっとイメージは?ですが、このほうが撃ちやすそう。

ま、オリジナル形状の木製グリップも、記念モデルなどで無ければ、木目なんか
気にしないモノが付いているはずですが(この杢も、上から光を当てると綺麗に
グレインが浮かび上がりますが、違う方向では、ほぼ年輪しか見えません)。

タナカのM1917シリーズ、エアガンは出てないし、M29と比べても
同じパーツは内部の一部しか無いんじゃないか、というぐらい
多くの部品を替え、作られています。

数の上では、コレを求める方は決して多くないと思うのですが、
それでもモデルアップしたのはモデルガンに対するタナカさんの熱意、
でしょうか。

ありがとう、タナカさん、次はコレをもとに戦前型の357マグナムなんか、
出してくれないかなぁ(お願い!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)最近のこんなモノ