プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2011年01>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2011年01月10日

M72A2を作ろう[その3]

シリーズ「平和を考える」もといM72A2、今回が完結編です。

バズーカの愛称は、実はラッパ状の銃口を持ったコレの前の
M1~M20対戦車ロケット発射器に使われたもの、ですね。



前回、前後サイトのところまで書き(リアサイトカバーの取り付けは一言
書いただけです OTL)ましたが、そのあとインナーチューブも取り付けると、
本体のカタチは出来ます。

あ、添付の接着剤は今回使用できましたが、リアキャップに付けるスポンジは
粉になっており、新たにスポンジゴムを買ってきて切り、代用しています。



次はフロントカバー。
これもネジ止め(とバネ先曲げ)の組み立て式ですが、金属製の帯,金具が
使われ、実物同様、ロックピンを抜いてリヤキャップを開くと帯鋼?で止められた
フロントカバーが外れるようになっています。



完成後ですが、ピンを抜いてキャップを開いた様子を。



あとはステッカーを貼って、弾にB竹オモリのプラ棒を差し込めば完成です。



ステッカー、右サイドのものはちょっと下に貼ってしまいましたが、
あと反対側と、リアサイトカバー上部、ダミーのセイフティ上に
貼るようになっています。



ピンを抜いてリアキャップを開き、インナーチューブを引き出す、ところまでは
実物と同じですが、前から発泡スチロールの弾を入れ、インナーチューブを
手動(もしくは腰動?)で押して発射するという、エアコキより原始的な機構です。

ところで、このキットには不要パーツが付いており、また初期の製品にはあった
モノが何か省略されたようなのですが、どこのナニだったの?気になります。

当初パイプにカバーを付けただけでこの価格?と定価の設定には
疑問がありました(失礼!実際はパイプも専用の径を作ろうと思うと、、、)
が、現在もっと高価な輸入モノのモスカートランチャーなどが売られており、
アリイのコレも現在探している方がおられるようなので、意外と人気あるのかも。

何より、けっこうバカに出来ない完成度で、たいへん気に入っています。

なまじエアーガンでなければ売れないような雰囲気の時代だったのが、
苦しい手動メカに走った原因では。

逆に、現在のマイクロエースが引き継いでいるコンバットアクセサリーのように、
純粋にフルスケール模型として廉価でバリエーション展開とかしてくれると
嬉しいですね。
そのときは、箱の説明もシリアスな感じで、(ここ重要!)お願いしますよ。

次回からのキット企画(その前に他のネタを挟むとは思います)ですが、
また通常版でお届けの予定(結構組み立て記って大変!作りながらの
撮影がちょっと無理!)です。

でも、まだ未組み立てのモデルはあるんだよな、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:21Comments(2)きっとkit