プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2009年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2009年10月02日

ガンメタ?ブラックホーク357

今日の「めたリカ」はスズキのモデルガンで、
スタームルガー ブラックホーク357マグナムを。

これは、金属シャーシを内部に持ち、外側がABSで覆われた
"テンプラ"型ですが、その表面の樹脂に、メタリックな粒子
(素材は不明、ですorz)が混入され、
良く見ると真っ黒ではなくガンメタ風になっています。


コクサイのブラックホーク(左)と。
コクサイも44マグナムの"スーパー"と、357マグナムのブラックホーク、
両方を同じようにテンプラ型で作っていたのですが、
表面の樹脂は黒ですね。


このカットなら、マーブル状になったメタリック粒子が確認
(何だか科学実験風ですね)できるのでは。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(0)めたリカ?金属の煌き!

2009年10月01日

コルトトルーパー SRHW

今日の「めたリカ」は、MGCのSRHW(スーパーリアルヘビーウエイト)モデルガン、
トルーパーMkⅢを。

MGCは鉄(SUS)粉入り樹脂SRHWを使い、重く、金属の風合いを持たせた
このシリーズを一気に多くのモデルに採用しますが、
磁石に付くのは紛らわしい,金属性(製ではなくて、、、)の素材は?と横ヤリが入り、
自主規制によって製造を中止、SRHWモデルガンは短命に終わりました。

しかし、磁石が付くといっても、このMkⅢシリーズなどは鉄板のシャーシを
もともと持っており、最近の超強力磁石なら、ガワがABSでもくっつくのでは?


左がABS、右がSRHWです。

注入部分のムラ,パーティングライン除去部分の光沢など、
これも均一な光沢感というより、使い込まれた雰囲気、といった感じですが、
ずっしりとした重さもあって、満足度は高い、と思います。

でも何より製造期間が短く、そしてMGCトルーパーは
これ以降製造されていないようなのでレア、というトコロに
惹かれてしまったような(orz)、、、  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(0)めたリカ?金属の煌き!