プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2009年10>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2009年10月18日

SVDのスコープマウント

今日は昨日の続き?で、SVD ドラグノフにスコープを
取り付ける話を。


さいきん電動とエアコキ両方のドラグノフが
海外から入ってきて(それも複数の製造元があるらしい?)いますが、
どちらにもスコープが付属したフルセットがありました。

でも、今回入手したものは店頭在庫のもので、スコープはもちろん、
バイポッドも無しで、プラ製マガジンの本当にシンプルなものです。

中国(ノリンコ),ベラルーシ製のスコープは安価に供給されており、
いわば本物(コピー?)のこれらでも一緒に、とは思ったのですが、
安いといってもこのエアコキSVD本体より高く、
しかもLEDが取れたり、暗くて見ずらい、などのお話もチラホラ。

どうせシンサティックストックだし、
ここは西側でスポーツライフルとして使われているイメージで、
手持ちのタスコ6×44を付けてみることにしました。

で、マウントベースは?
実物用が付く、との事で、それもいくつかの種類が売られている
ようなのですが、マルイのAK74も実物から採寸、との事、
そして「少し加工すれば付く」と書かれていたトコロも
あったようなので、これを付けてみよう、と入手、です。


これ、キャストではないかと思うのですが、
エッジが結構しっかりしており、
まるで削りだしをサンドブラストしたような仕上がり!

そして余分な贅肉をそぎ落としているので軽く、
サイドマウントですが剛性はじゅうぶんなカンジ。


SVDのマウントレールは本体レシーバと一体のダイキャストです。
アリ溝,マウント固定の為のエグリも再現されています。


どこを加工,調整しなければいかないか、
確認のためにとりあえず付けてみると、
そのまま付いた!

本来抜け止めに使うエグリを使用せず、レバーで上下方向を締め付けるので、
抜き差しにちょっとカバーをこするものの、そのまま装着可能でした。

ハイマウントになる、と書かれていたトコロもあったのですが、
大きめのレンズを使ったスコープだと、余り違和感はありません。
このスコープでは、リアサイトとの距離(一番低い、近い距離にして)
が5mm程度になるので、これより低いマウントの必要はないかも、です。

また、ストックにパッドが付けられており、これが結構高い位置なので
立射ならこのマウントベースでちょうど自然に目の位置が
スコープと合います。
見た目はドラグノフを忠実に再現、とはいきませんが、
撃つなら良いと思います。
って、ゲームはしないし、競技にも出ない、のですが。

しかし今回、みんな同じようなアングルの画像になってますね(トホホ)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20Comments(0)最モノぱーつ編