プロフィール
紅い猫RRⅢ
紅い猫RRⅢ
Akaineko RRⅢ
アクセスカウンタ
< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
過去記事
オーナーへメッセージ

2019年12月07日

ショットショージャパン2019冬

きょうは大阪 心斎橋で開かれているショットショージャパン
(SSJ)2019冬の部初日、ということでいつもの
買い物日記です(え、結局いつもの?)。



えーっと、今回も開場少し前に行列に並び、ってなんか
今までの倍くらい!人がいるんですけど。

前売り入場券があると別の行列、ですが、それが既に
入りきらないんじゃあ、で、それがない方は30分くらい
してからでないと入れなかった方もいたような、です(汗!)。

今回はマルイのV10とか、HWSはコスモガンの試作とか!
イロイロ展示(中には触って、というより弄ってOKなものも)
されており、買い物以外の目的の方も楽しめたんじゃ、ですね。

今回、エングレ倶楽部のSo-Sui様も出展者側で出席され、
というのも同じミリブロガーのpocket様がワルサーモデル9の
ガレキ?完成品を販売、共同でブースを構えていらしたんですね。

久しぶりにお会いしてイロイロ珍しいカスタムや、pocket様
制作予定のスターやラドムの試作を見せて頂きました。

こういう交流が持てるのも、SSJがあればこそ、ですね。



あ、ここらへんで買い物ネタを。
今回は人が多かったこともあり、ジャンクはあんまり見てない!
のですが、ハドソンのモーゼルカービン、箱無し付属品無し
現品も結構カンロク出てる、ですが壊れているところも無い!
ということで、こないだハンドガンタイプを入手してるのに
(いやその比較も出来るし)いっちゃいました。

磨き直したりブルーイングしたり、は必要でしょうが、とりあえず
今回買った状態のままで。



次は同じトコロで頂いたCMCのルガースタンダードピストル。
こちらは箱、説明書、当時のカタログに弾付属、どころか
持ち帰って見てみると動かしたこともないんじゃあ、というくらいの
程度極上!
これが値引き有りで入手出来てラッキーでした。

と、超個人的レポですが、明日もやってますので皆様も、
ご都合が付けばひとつ防寒(会場内は逆に暑いので調節できる
恰好で)対策しておでかけになっては?  

2019年12月06日

キンバーLAPD SIS

なんか勢いでイケそうな
駄洒落シリーズ、
いろはに、ポォ~ テイ~ トゥ~!
、、、皆んな、帰るな!
オープニングはスベってナンボ、なんだ!!
(ウソ、それに毎回新シリーズ作るな)


あ、きょうは買い物日記で、
ウチでは久しぶりのWA製品、
キンバー LAPD SISを。



これはもう10年くらい前、キンバーがロス警察(LAPD)
の特殊部隊SIS(Special Investigation Section)に
採用されたモデルを再現してWAが作ったカスタム、ですね。



いつものようにいきつけの中古トイガンショップに
入ってきたのを確保!したのですが、コレ、実は発売当時
気にはなっていたものの、価格の高さと仕上げ!の
バランスから見送っちゃっていたんですね。



全体はメタリックグレイの塗装です。
実物もマックロではないので似せてるのカモ、ですが、
今回パーティングライン除去などの作業がイマイチ
(画像ではあんまりわかりませんが、セフティレバーに
ヤスリ跡、スライド上は盛り上がったような研磨残しが
ある)のため、修正するには全部塗り直しとなるんじゃあ、
で、せっかくの特別色なのに!もったいないですよね。

今まで価格はどんどん上がっていっても、表面処理など
の加工は良好だったWA,という印象があったんですが、
どうもこの頃からアヤシクなった、のかな?  

グリップも木製からコストダウンのためか樹脂製に
変えられてますが、まあウエイト内臓のほうを優先させた、
とも考えられますし、イヤなら実物用を付ければいいし。

ちなみに実物キンバーのパーツ類はMIM(焼結)のため、
軍用M1911A1ならリアルだと歓迎されるべき?ヤスリ跡も
無いカモ、で、しかもレバー類はつや消しっぽい(研磨も
していない)のが正解のようです。



ナンダカ否定的なことばかり言ってますが、イマの
中古価格ならまあ許せる、かな?

だってこのSISセレーション、(このシリーズ以外)
他には無いでしょ!

また、久しぶりに手にすると、WAのガバは重い!し(笑)。

それにこのカスタム、専用スライドだけでなく、各部も
専用パーツが奢られてるんです。

グリップセフティの滑り止めもスライドと同じコンセプトの
(コチラはSISとはならず)波型になってます。



フレームも、スライド下のレイル部分が(横から見て)
一段高くなっており、溝も後ろが肉抜きされたよーな
形状を再現(トップのカット参照)、アンビセフティは
キンバーオリジナル形状を再現、ハンマーもSFとは
違うようで、スライドストップもM1911A1とは違い、
チェッカー下が逆アールに抉られている形状です。



実物のキンバーSIS市販モデルはサイトが横から見て
四角、のが標準かも、ですが(笑)、WAのコレも好評だった
のか、それとも専用パーツを流用したかったのか?ともかく
レイル無しやらコンパクトやら多品種展開していますね。

ウチでは(コレに限らず、ですが)撃つ事も弄る事も無く、
だと思いますが、コレクションとしては、このセレーションは
”欲しかった”ひとつ、あ、でももうこの”バリエもの”は
結構ですけど(爆!)  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)最近のこんなモノ

2019年12月04日

「エンデュミオンの奇蹟」~シャットアウラ

きょうは映画登場キャラ使用銃ネタで、
「とある魔術の禁書目録」シリーズの
オリジナル劇場版、「エンデュミオンの奇蹟」
から、シャットアウラ・セクウェンツィアの拳銃を。



私設秩序維持部隊 黒鴉(クロカラス)の隊長
であるシャットアウラは、ワイヤーをつないだ
レアアースを爆発させたり、ナイフも使いますが、
拳銃はなんとベクターCP1!



画像はBWC(が輸入元)のエアコッキングガンの
スライドを黒く塗ったモノです。



しかし、CP1って実物はあんまりメジャーじゃない
(リコールされてるし)印象ですが、その未来的な
丸っこい形のせいか、映画,アニメ界では意外に
活躍してるのかも!



まあ今からトイガン化しようってトコロはもう無い
でしょうが(笑)、でも意外に人気あるんじゃ、ですね。

あ、いつものようにストーリーには、ですが、「とある~」
シリーズはまだまだあり、また銃器の選定にはかなり
コダワリのある方が関わっているのか、おっと続きは
また!

まあソフトは板(DVD,BD)を入手して見る派、なので、
最新の分はいつになるか、ですが(笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)あのひとのGun

2019年12月01日

コスモガンの水鉄砲!!

「清水のチャブ台から、、、」
 全然オチてねぇ~~~!


もちろん話もハナから落とすつもりは、、、ゲフン、ゲフン。
さてきょうはダイキ工業のフルサイズSF水鉄砲?
シリーズ第二弾、「宇宙戦艦ヤマト」のコスモガン
古代守版を。



これは最近発売になったモノで、第一弾のコスモドラグーンと
同じく、松本零士氏の作品に登場する銃で、今回、各乗組員
の名前がバックストラップに刻まれています。



パッケージ、というより袋ですね。
台紙にはバックストラップの外し方(その中に水を入れる
孔が隠されてます!)も記されています。

もちろん主人公の古代進、それに沖田艦長、森雪まで!
同時発売になったのですが、ここはシブく古代守(たしか
主人公の兄)で。



実はこのコスモガン、けっこう作品によって変遷があるらしく、
今回の製品、台紙には「2199」と書かれていますが、
ちょっと長くて”カッコよく”なってるような、、、ま、漫画,アニメ
は厳密にはカットによっても違ったり、なので良いか?



本体は、艶有り、艶消しを部分ごとに変え、リアルさを演出、
あ、一応”オモチャ”とわかるための赤いマズルキャップが
付けられてますが、押し込んであるだけなので簡単に外せます
(外した状態で屋外に出ると、昨今の情勢では”逮捕”される
恐れもあるかも、なのでご注意を)。



たしか十四年式拳銃がベースになってるデザインだったかと
思いますが、前作のコスモドラグーンが正にコルトの
パーカッション式にSFパーツを付けたような形だったのに対し、
こちらは機関部もスリムでバレルエクステンションを前後で
押さえるようなカタチに変わってます。



その前作、コスモドラグーンとも。
バレルのガスチューブ?や機関部後方の飛び出したパーツ?
などは良く似ています。

HWSさんがモデルガンでコスモドラグーンを作ってますが、
さすがにコチラは難しそう(制作難度より十四年式も
内蔵できず、そもそもモデルガン化する意味が、、、という
点で、ね!)。

まだ発売になったばかりで、供給は大丈夫なようですが、
皆様も、気になったらひとつ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:01Comments(4)こんなモノ番外編

2019年11月29日

モーゼルミリタリーを

きょうは前回のハドソン モーゼルミリタリーと、
マルシン、フルコックとの比較編を。



まずは左側面から。
画像の左から、マルシンM712(ガスガン)、フルコック
(アルゴ舎 水鉄砲)、そしてハドソンM1930(とメーカー
命名 モデルガン)です。

同じモーゼルミリタリーでも、全て再現している型が違います。

マルシンはセレクター付きで輸入元ストーガーがM712と
名づけ、シュネルフォイヤーとも呼ばれる最もホットなモノ。

フルコックはC96の9ミリパラベラム(ルガー)弾仕様で、
通称M1916、レッドナインと呼ばれるモノ。

ハドソンは少しオリジナル入ってますが(笑)、着脱式
ボックスマガジンでセミオートのみのストーガー呼称
M714と思われます。



逆サイドで、今度は左からマルシン、ハドソン、フルコック。

こちら側から見るとセレクターが見えないので、マルシンと
ハドソン(のマガジン以外)は良く似てますね。

あ、M714もM712と同じくバレルエクステンションの
フレームとかみ合う部分の2か所づつの肉抜き(抉り)は
無いようなので、マルシンが正解でハドソンは、、、
なんじゃあ。



グリップは細かい横溝のタイプ(フルコック)が古く、
アールの付いた大きめのピッチの削りのものが後期、
ですがモーゼルはとにかくバリエーションが多く、
小さめのボロモーゼルやショルダーストック付きなど、
様々なモノが存在します。

ストック取り付け溝は、ハドソンは単なる溝、他は
ストックが実際に付く!ため、段付き(奥が大きい)
になってます。

あ、マルシンのみランヤードリングが付き、またその
取り付け部の穴が前後方向ですが、実物では無し!
も含めて3通りあるような、です。



問題の?Fサイト。

左から、フルコック、ハドソン、マルシンですが、
フルコックはマルシンより小さめです。

ハドソンはなぜかロウ付けでなくリング状の
ベースを持った独自形状ですが、これは前回の
記事(コメント)でもあったようにカービン版からの
流用っぽいですね。



リアサイトは皆Vノッチです。
実物は1000mまで、から500mに、そして1000mに
戻る、というように変遷し、取り付け方法もピン止め
でなかった時期も、ですが、トイガンでも皆スライダーは
可動(フルコックはストッパー無し!ですが)します。



主役ハドソンのはありません!が、ストックの比較も。
左がフルコック、右がマルシンです。

フルコックは樹脂製で、マルシンはホンモノの
ウォールナット、しかも左右貼り合わせなく(蓋以外)
ワンピースの豪華なシロモノです。

おまけにこの画像の通り、蓋まで木目が合ってる!
つまり蓋部分も同じ木材を切って使っています!!



フルコックはかなり幅広(太目)で、チークピース部も
前に出っ張った形状ですね。

こういう実物もあるのかも、ですが、ヒンジも含めて
アルシン製が良く出来てるよーな、、、
あ、でもマルシンのは結構なオネダン(それもこの作りを
考えれば良心的かも、ですが)なので、廉価な水鉄砲でも
ストックを付属(無しのも当然売ってます)させ、しかも
ちゃんと本体に付けられ、収納までできる!フルコックを
責めるのは酷かも、ですね。



マルシンのストック装着の図。
マルシンはモデルガン(ABS)も持っていますが、
ストックは確か共用できたハズ。

モデルガンで樹脂と金属、更にカービン!、そして
ガスガンでも固定式、8mmBLK,そして6mmと、
M712だけですがイロイロ揃えてくれているマルシンさんは
有難い存在で、また20連マガジンやこのストックなど、
アクセサリーも充実してますね。



過去画像再使用!ですがフルコックも。
ストック取り付け部、本体ともにプラで、強度的には
無理は出来ないものの、ちゃんとスライドさせるだけで付き、
ロックも効きます。

チークピース部分が大きいのでマルシンより顔が本体に
近く構えられ、実物だとボルトが当る!危険も、ですが、
そこは可動しない水鉄砲なので大丈夫!

でも飛距離を考えると、ストックなんて不要カモ、
なんですが(爆!)。



現在海外メーカーも参入(ウチでもブラスター版
入手)してますが、M712が多いのでフルコックは歓迎、
既に廃業しちゃったハドソンも貴重なバリエーション、
あとはMGCの金属かな、なんですが、あっちはハドソンに
比べて高騰中!なので、、、当分フルコックで我慢、かな?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)比べてみました

2019年11月27日

モーゼルミリタリー1930?!

朝晩冷え込む季節となってまいりました。
それではビートルズの名曲モジリで、
「ヘイ、10℃!」
(ふと温度計を見た時の驚きったら!)

元曲;「ヘイ・ジュード」

あ、さてきょうも買い物日記、このところ
マイブーム?の金属モデルガン、ハドソン
モーゼルミリタリー モデル1930を。



まずは箱から、ですが、モーゼルミリタリーの
リムーバブルマガジン モデル1930と記されており、
フルオート切り替えが無いため、モーゼルの米国
輸入元、ストーガーが付けた型番ならM714に
相当するんじゃあ、ですね。



1930年型、となるとユニバーサルセフティなんですが、
有名なフルオート型M712も含めてセフティ改良後を
1930、と解釈したのかな?

あ、カートもちゃんとボトルネック型のが付属してました。



グリップは当時のハドソンスタンダード?濃い紫色です。
コレはデラックスだったかで、カービンモデルの別部品
Fサイトが少し長いバレルに付いているという、実物に
こういうのがあるの?な仕様ですが(笑)、まあ豪華版
ということで。



例によって金色が薄くなっていたので、入手後さっそく
メッキ工房で金めっきしています。



構造的には先に出たMGCの名作、C96をかなり参考
(敢えてデッドコピーとは、、、)にしたらしく、後部レバーを
押せば機関部がまるごと出てくるところや、ピンを他の
要素と一体化したモーゼル独特のパーツ形状もナカナカ
良く再現されていると(もちろんマルシンには、、、ですが)
思います。

しかしFサイトをノーマルにしておけば、実銃でもレアな
M714の立派なコピー、となったんじゃあ、ですが、逆に
そこが我が道を行くハドソンらしい?
(もちろん意見には個人差があります)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)最近のこんなモノ

2019年11月24日

朝戸未世夏制服Ver.

きょうはミリタリー?フィfギュアネタで、
Figmaとリトルアーモリーのコラボ
シリーズ(たぶん6作目)、朝戸未世
夏制服バージョンを。



これは前作の椎名六花夏制服と同じく、
冬服だった朝戸さんの衣装違い版ですね。



FigmaとしてはSPシリーズで、リトルアーモリーの
銃プラモが付属するのも同じです。

今回は座った姿勢のスカートなどのパーツは
省かれていますが、顔パーツは1(本体付属)+2
となり、グロックやトランシーバー、ナイフなどが
付いています。



キットの銃ではありません(組み立ててない!)が、
リトルアーモリーのM16系(Mk18)を持って。

あ、グローブをした手パーツもたくさん付属しており、
このように銃を持ったり、に差し替え可能です。



第一弾の冬服版(画像右)とも。
スカートの色は若干濃いですが、これは冬服の
色が変色したんじゃあない、よね?

夏服なのに?肌の色も若干白っぽくなってます。

夏服、ということですがブラウスは長袖をまくっており、
カーディガン?を腰に巻いており、上着が無いだけ、カモ!

あ、腿のマグポーチ?も無くなってますね。

カーディガンはベルト、ホルスター共に外せ、シンプルな
制服だけ、にもなるようです。



左右入れ替えてますが、バストアップで。
インカムのマイク位置が口に近くなったり、はありますが
髪は同じカモ。



最後に夏服同士で椎名六花(画像右)とも。

リトルアーモリーはこのあいだご紹介したデスクトップーアーミー
それにねんどろいどまで作られており、ますます充実ですが、
この夏服、という展開は今のところFigmaだけ、かな?

好調のようで次々出てきて、以前のモノでは売り切れ、
プレミアが付いてたり、もあるので、もし気になったら、
お早めにひとつ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 12:28Comments(2)こんなモノ番外編

2019年11月22日

「ジャンゴ」~ルリ子

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
「スキヤキ ウエスタン ジャンゴ」から
桃井かおり演じるルリ子の拳銃を。



根畑(もちろんネバダ、のパロディ)に孫と住む
たくましい?女性、ルリ子はS&Wの中折れ式
No3スコーフィールドを2挺。
と、ここまでならパッケージ画像にも出てるので
ネタばれには、ですよね?

あ、日本映画なので画像のCAW製が映画内でも
使われてるようです。



元はここでもご紹介した黒澤明の「用心棒」、
これを西部劇にした「荒野の用心棒」から、
「続・荒野の用心棒」(DJANGO)、そしてこの
「ジャンゴ」に、(とはいえ、DJANGOは配給元が
続きモノタイトルにしただけ、ですが!)、と、日本から
イタリアへ行ってまた日本へ帰ってきた?訳ですね。



ともかく往年の無国籍アクション以上に盛りだくさん、
キャストも豪華、後に自らも同じタイトルで監督する
タランティーノまで出ています。
ってちょっと欲張り過ぎた感も、ですが。

もちろん銃の方もにぎやか、で、スコーフィールド
以外にも、定番のSAAにM1851、レミントン
ニューモデルアーミーまで!イロイロ出てきて楽しめます。

でも一番のサプライズはエンド曲を誰が歌っているか、
だったりして!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)あのひとのGun