2018年09月07日

九九式とKar98k

きょうは比べるネタ、WWⅡ各国ボルトアクション
シリーズ第二弾?独Kar98kと日九九式を。



これらはどちらもエアーソフトガンで、Kar98k(画像右)は
マルシンのエアーコッキング(カート式)ガン、九九式
(画像左)はタナカの非カート式ガスガンです。



まずは先端のフロントサイトから。
どちらもガードが付けられてますが、Kar98kは別部品の
薄板で全周を覆い、フロントサイトが日光で反射するのを
防いでいます。

九九式は上からのガードはないものの、サイトベースと
一体で、強度的にも優れていると思います。
このガード、サイト取付のためか、角穴(通常の錐でなく
スロッター加工?)を開けており、製造にはKar98k以上の
手間をかけてるような、ですね。



機関部に移って。
ボルトの分解用レバーは、両者非常によく似ており、
操作方向どころか指掛け形状まで同じ。

しかし、九九式は三八式から受け継いだ伝統の
ボルトカバーが装着でき(画像のにも付けてます)、
機関部に異物が入りにくいよう工夫がされています。
ボルト自体も、セフティがボルト本体と同軸のシンプルな
形状ですね。

ただ、狙撃バージョンを除いてボルトハンドルが水平に
伸びており、操作性は良いもののちょっと邪魔になりそう。

あ、カバーで見えてませんが、九九式はオーバーロードの
ガス圧を(ケースを破って)抜く穴が開けられており、
安全性にも優れているそうです。



前回のスプリングフィールドM1903と同じく、ストック中央に
機関部固定用?ボルトが配置されており、このへんの構造は
各国共通のような、ですね。

Kar98kのストックには、曲げたボルトハンドルを掴みやすいよう
抉りが設けられてますが、九九式は前方に保持用の溝を彫り、
加工の手間、という点では負けてない!

あ、あんまり画像に出てきませんが(笑)、九九式は珍しいモノポッド
を装備(後に省略)、ストック止めバンドも、この取付を兼ねている
こともあってか、板バネストッパーではなく、ネジ止めになってます。
これはクリーニングロッドを納めるフロントバンドでも、で、通常分解
しない所では工具を使うという設計思想なのかも(ストックを分解
するには、どっちにせよドライバーが必要だし)。



弾倉底板、トリガーガード周りも、Kar98kは2本のネジ、九九式は
3本です。

しかし、九九式はプレス鋼板でピストルグリップ部までタングを延長し、
角が当たって傷むのを防いでいます。
うーん、きめ細やかな心遣い!



そしてリアサイト。
Kar98kはスライダーを前後させて上下調整するタンジェントタイプ、
九九式は短距離と長距離でサイトを変え(画像のように起こすと
長距離)調整は直接サイトが上下します。

更に!九九式は機関銃でもないのに対空照尺まで装備(画像は
展開した状態)!!

うーん、九九式、気合が入ってる(コレが実際役立ったか、は?ですが)。

ただ、九九式は三八式のオープン型から(照準線長が長くとれる)
ピープ式に照門を変更したにも関わらず、目の直前ではなく、
従来の機関部の前に置いています。

これは上記のボルトカバー装着などが原因かも、ですが。



ストックは実物だとどちらも上下分割組み合わせ式(九九式では
再現されてます)で、これは強度アップのためだったとか。
今なら木材が(当時に比べ)高騰してるので、コストダウンの
効果も、ですね。

バットプレートも九九式では上部にタングを延長してネジ止めしており、
ともかく材料、手間共にかけた丁寧な作り(末期には木製の
バットプレート!とか、やっちゃいますが)が印象的、対してKar98kは
斜めに成形したり、凹ませてネジを付けており、合理的なカンジですね。

どちらもバットプレートがカップ状にストックを覆っており、
保護性は高いです。



前回の米M1903はKar98kにかなり似ていましたが、
九九式は三八式から多くの要素を引き継いだのもありますが、
ともかく手間を惜しまず最大限盛った!豪華な印象です。

これを歩兵の標準装備とした(もちろん間に合わないので
三八式併用でしたが)日本は、でも決して裕福ではなく、
いや機関銃などの装備は遅れをとっており、ドイツと比べると
明らかに差はあったと思うんですが、、、
拘っちゃう”国民性”??
(こういう締めでいいのか?
ともかく他ネタ挟んで、ですがまだシリーズ続ける予定)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(14)比べてみました

2018年09月05日

「グラン・トリノ」~ウォルト

きょうは映画のキャラ使用銃ネタで、
「グラン・トリノ」からクリント・イーストウッド演じる
主人公ウォルト・コワルスキーの銃を。



ポーランド系で朝鮮戦争に従軍したウォルトが
退役後も入手して護身用に使っているのが
M1ガーランドとM1911A1。



M1ガーランドはハドソンのモデルガン(過去画像から)。



M1911A1はマルイのガスBLKです。



この映画、C・イーストウッドが監督、主演した映画としては
最後、だったんですが、なんだか今年、また監督,主演作
「The Mule」が公開されるとか!
C・イーストウッド、なんともう88歳!!
さすがにもう銃をぶっ放す役は、いや、まだやるのかな?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)あのひとのGun

2018年09月02日

XDm40

きょうはメカメカ通信第17号、
マルイのガスブロで、スプリングフィールド
XDm-40を。



コイツはクロアチアでグロックを参考に作られたモノ、ですが、
米国ではスプリングフィールド造兵廠の名前を買った
[そしてM1911クローンやM14系(M1A)を製造,販売している]
トコロが販売元になり、ネームバリューと販売網を利して
好調なセールスを記録しているそうで。



当初のXDから改良型のXDmとなり、スライド(セレーション)の
形状やレイルなどに改良が加えられ、またバレル長の
バリエ展開など、グロック同様ユーザーが選びやすいこと、
(グロックに比べ)アンビのマグキャッチ、グリップセフティ,
ローディングインジケータの追加とか、改良(やり過ぎ?)で
官公庁でもアピールしてるのかも、ですね。



マルイは手動式セフティまで(シリアルプレートスライド型)
追加してますが、ローソンーディングインジケータも再現
しています。

しかし何といっても一番のメカメカしさはこのデザイン!
側面にまで付けられたブロック状の滑り止め、クの字の
セレーションが”立体的幾何学模様”と思える、正に
メカメカしい一挺!!

マルイさん、グロック同様ショート版も出してぇ!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)メカメカしいヤツ!

2018年08月31日

M1851スナブノーズ?!

きょうは自薦トイガンネタ、というか
自作カスタムパーツで、CAWのM1851を
スナブノーズ化したヤツを。



これは以前制作記もUPしましたが、
樹脂素材を削りだしてラマー無しの短銃身とし、
ついでに?SAA用のバーズヘッドグリップフレームを
装着(グリップは自作)、コンシールドウェポン化
したものです。



実物ではイタリアのウベルティあたりが短銃身の
M1851レプリカを作ってるようですが、さすがに
ココまで短く、グリップも丸めたモノは無いカモ!



HWSのSAAバーズヘッドカスタムシェリフス?とも。
こちらはメーカーカスタムですが、どちらもバレルは
3.5インチくらいで、大きさも似通っちゃってます。



パーカッション式のバーズヘッドには一時凝ってしまい、
M1849でもバックストラップ(真鍮曲げ、削りだし),グリップ
自作してます(画像中央、左はM1848ベビードラグーンに
ラウンドのトリガーガード付き。いずれもココで過去にUP済み)。



実際にはSAAでもスクエアバットしか無かったようなんですが、
まあ現代にはレプリカメーカーが作ってるし(笑)。
現代リボルバーでもラウンドバット化が進んでるような、だし
(いや古式銃には関係ないから!)。

でもつい作りたくなっちゃうんだよなぁ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 21:44Comments(4)お勧めはしませんが

2018年08月29日

ブラックホークハンター!!

♪ハッとして♪ ♪ググッってみて♪
(元曲;「ハッとしてgood」
あ、田原俊彦さんって、
今も毎年CD出してるんですね!)

さてきょうはウチでは珍しくカスタム品、
バニーコスの1/6レム(ヘッド自作!、といっても
アイデカール使ってますが、、、
似てるかどうかは検索!ケンサク!!)、
じゃなくて!
スターム・ルガー スーパーブラックホーク
”ハンターモデル”を。



これは行きつけの中古トイガンショップに
入ってきた”難有り”(だから安かった!)の品で、
元はコクサイ(最近廃業)の(既に絶版になって久しい)
モデルガン、なので箱もこのようなモノでした、はい。



店頭で見かけてオドロイタのは、オールドモデルから
(比較的)新しいハンターモデルを再現してる、という事。



本体は粗目の銀色塗装ですが、バレルにはリブが追加され、
フレーム、シリンダーに刻印、グリップはたぶん実物!
これだけのカスタム、恐らくエライお値段になるハズ。

それが動作不良(起こすとハンマーが戻らない)のために
Cランクということで(数分の一?の)激安!!

ブラックホークコレクターとしてはコレは押さえなければ、
と入手してしまいました。

動作不良の件は、まあイザとなればドナーとなる
コクサイ ブラックホークもあるし、なんとかなるだろ、と。



Fサイトはレッドホーク用を流用でしょうか?
前から止めるロックピンは再現されていませんが、
ちゃんとドブテイル、リブはグルーブも正確で、スコープ用
ノッチも再現されており、バレル自体も太いカモ!



このようなリブバレル、流用できるモノは思いつかず
(もしかするとS&Wのを削り倒した?)、しかし接合部も
見事に処理されているのか一体に見える、、、

あ、近年の”文字だらけ”(注意書き)刻印も再現されてます。



フレーム上にもハンターのロゴがあり、もうシロウトさんの
作でないことは(ショップでは某新橋系の作じゃ、と
いってましたが、制作例に記載がなく、確認できません)、、、



あ、フレーム側面もニューモデルの刻印に直され、
ボルト用ピン穴は閉塞されたのか、2ピン型に!



でも右側面には頭が3つ並ぶんですが(いや、埋めたら
分解できないし!)



基本的にはスーパーブラックホークベースですが、
トリガーガードを削り出すか357ブラックホークのに替えないと
(ラウンド化)、だし、実に気合が入ってますよね。

いやあイイ買い物だった。

え、動作不良、それが分解してみようか、とハンマーのスクリューを
少し緩めただけで動き出し、ちゃんと動作するようになりました(爆!)

まあショップでは分解調整すると”壊れる”可能性も出てくるので、
入荷の状態確認だけでランク付け、販売するんでしょうが、
カスタム発注者が直接売りに来たなら、その場で直したカモ、
なんですが。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(6)最近のこんなモノ

2018年08月26日

FAガール&ラピッドレイダー

きょうは緊急?!企画、コトブキヤから発売になった
ネコロンブス着ぐるみセット、違う!!
フレームアームズガール&ラピッドレイダーセット
(フレズヴェルクver.)を。



これは先週発売されたFAガールとM.S.Gのコラボ企画で、
ラピッドレイダーには当初からFAガールなどに対応した
ヘルメットナドノパーツが付いていたのですが、それでは
素体も付けちゃえ!的なキット、ですね。

先に発売されたラピッドレイダーは黒だったのですが、
今回は赤バージョンとなっています。



箱は前回のラピッドレイダーの倍!くらいあり、中には
どっさりとパーツが、、、



あ、今回、あらかじめ入手しておいたラピッドレイダー本体のみ
(黒)キットと同時進行で組み立ててます。

付属のFAガール、フレズヴェルクですが、組み立ては
以前のコレ(第一回)とか、コレら(第二回第三回)を
参考にしていただくとして、今回は一回で済ませる作戦
なので割愛!さっさとラピッドレイダー組み立てを(笑)。

各パーツにブッシングをセットしながらスナップ(というより
力技で押し込む)していき、ブロックごとに部品を
作っていくのですが、今回パーツ点数が増え、しかも
色分けのため同じアルファベットが振られたランナーが
存在するため、パーツのより分けは往生します。

更に言うと向きや細かい形状違いも多く、そのへんは
苦労させられます。

ただ、クリアパーツも何種類かの色を使い、
多色の成形で塗装無でも見栄えのするキットで、
価格なりの中身、かな?



という訳で?2台を半日ほどで完成させました。
あくまで無塗装に拘ったため、一体成形でランナー跡の
目立つテール&アンダーカウル、スイングアームなどは
ヤスリ,コンパウンド研磨としましたが、タイヤは赤のヤツを
ヤスったところ、ホンモノっぽくなったのでそのまま使ったら、
ゲート跡の残る黒のツヤツヤのほうが綺麗、、、

そうそう、ヘッドライトも黒版の青いのが良さそうだったので
赤にもソレを(なので黒のタンク内には透明を)組みました。



付属の素体は、黄色のボディ以外に肌色でも組めるパーツが
入ってます。

というか、フレズヴェルクの装備一式入ってるんじゃ、、、
金型流用で一部のパーツしか使わない(なので同じランナーが
複数入ってる!)ため、なんか半分くらいのパーツが
余るんですけど!(上の画像の全てが余剰パーツ)。



組みあがって(というか組み立て中から)の第一の感想、
「デカい!」

でもFAガールとはスケール感があっているようです。
あ、ボディカラーに合わせたFAガール用のヘルメットが
付属しており、シールドの色、猫耳パーツなどの選択も
可能です。



両サイドカウルには、刀とハンドガン?が装着されており、
更に手持ち用ハンドガンが2挺づつ付いています。



1/12のドカ パニガーレと(三ノ輪さんと)。
パニガーレもフレームレス(エンジンにシートレールなどを付けてる)
でかなり前衛的なデザインなんですが、ラピッドレイダーに比べれば
”フツー”です(笑)。



そして1/12 ホンダCBR1100XX”スーパーブラックバード”
(と来夢先輩)とも。



最後はFigmaのレム&ラムと。



「レムレム、スバルくん、私のパンツの色を知ってたわよ!」
「姉さま姉さま、きっとこのバイクに乗ってるとこ、見てるんですよ!!」

バイクにスカートで乗ると、風(負圧)で見事にめくれ上がっちゃうので、
メイドさんはご注意を!(え、このバイクは走らない?)

スケール的にはちょっと大きめで、1/12と並べると1100ccでも
小型!に見えちゃいますが、各種フィギュアと組み合わせて楽しめる
(上のようにモーソーも広がる)よ!っと。

ラピッドレイダーセット、現在絶賛発売中です。
箱の大きさにビビってる方も、塗装などしなければそんなに
(部品探しは大変ですが)難しいキットではないので、
一つ(と言わず、ですが)いかが?
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:55Comments(2)こんなモノ番外編きっとkit

2018年08月24日

「ノラガミ」~毘沙門天

きょうはアニメの登場キャラ使用銃ネタで、
「ノラガミ ARAGOTO」から、
毘沙門天が使う神器を。



毘沙門天は神の中でもトップ7(七福神)の存在で、
使う神器(武器に”変身”する死霊)は回転式けん銃の
刈巴(かるは)と自動装てん式の数巴(かずは)。

数巴はM1911、それもナローなスパー(なんかもっと根元から
幅広なような、ではありますが)、垂直のセレーション、アーチド
メインSPハウジング、などからどうやらコルト市販のガバメント、
S70のような
(画像はWA ガスガン)。



刈巴はS&WのM629か、ガンブルーが薄くなり鋼の肌を
見せているM29、というカンジ。
[コチラも2巻表紙ではエジェクターロッドハウジングの凹凸が
逆!ですが(笑)
とりあえず、画像はコクサイ M629 6インチ モデルガン]。



SF?なので弾は弾でそれぞれ死霊なのか(そうでないなら何なのか?)、
ケースは、とか科学的疑問!はおいといて、古典の神々が今も
武器などを”アップデート”しながら活動してる、というなかなか面白い
発想、TV放送は2期あり(今回紹介のARAGOTOは2期)、
音楽に宗教的問題があり回収、放映の打ち切り?など
イロイロあった(しかし元々”神道”の世界なんだから反一神教
なんじゃ?)ようですが、現在ソフトが出ているので
未見でしたらひとつ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)あのひとのGun

2018年08月22日

L96+M4505

きょうは久しぶりに主従装備ネタで、
このあいだ入手したL96とS&WのM4505を。



このL96は海外製のエアコキで、ブラックだったので
警察などの装備、を考えてみました。

警察といっても、米ではSWATだけでなく、
一定の割合(分業?)でパトカーのトランクに
ライフルも積んであるようなので、”イザというとき”用、
かな?



拳銃は.45ACP信仰?を考慮して(?)、M4505です。

少し前、MGCのM645を取り上げた時、皆さんに
ガスブロが期待されてたことから、思い出して物置捜索!
発掘されました(笑)。

一応タナカさんはこの(M645)後継機種を
ガスブロ(但しチャンバー閉塞)化してくれたのですが、
WAは競合を避けたのかフルサイズは出さず、
ショーティフォーティ系だけ、になっちゃいました。



そのM645(右)とも。
こうして比べるとM4505はコマンダーサイズで、一体化した
グリップや指かけを廃したトリガーガードなどで、ずいぶん
コンパクトに見えます。



あ、M4505はハンマーもデボーンド、アンビセフティも
ボルト止めから内臓ロックピン式にして出っ張りを減らし、
スリムにもなってるのですが、、、



でもポリマーオートが.45まで拡大、更にアルミフレームの
ライバル(ベレッタ、SIG)も増え、M645のときに
言ったようにS&WはSAのM945に、更にSW1911まで!
いっちゃいます。

.45ACP信仰というより、M1911信仰には勝てなかったんですね。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(0)メインとサイド