2018年05月09日

HWSとCMCのストック

きょうも宿題消化シリーズ?で、
CMCのスケルトンストックはHWSのSAAにも
使えるのか?の検証を。



それは3月28日の記事が発端だった。
常連の一人、ご意見有用氏(仮名、というかブログ用ネーム)
が発した疑問を、紅い猫RRⅢは検証しようと思った。

しかし、検証は長い苦難の道のりだった。
数百の、それもいくつもの保管場所に分散し、整理中の
トイガンの中から、必要な一挺を見つけ出す作業は、
実に一か月に及んだ。

捜索できる時間は、週末の昼間に限られていた。
しかも、時期的に新年度、ゴールデンウィークに当たり、
紅い猫RRⅢは花見やツーリング、食事会にバーゲン漁り
など様々な催しに忙殺された。

頼りはハドソンとHWSのSAA系をまとめて保管してある、
という記憶だけである。

連休最後の5月6日、整理のため一旦ダンボール箱に入れ、
移動したうちのひとつから、それは見つかったのだった、、、

(以上「プロジェクトX」調にお届けいたしました。
現在保管現場は大変な”カオス状態”にあり、
ネタのリクエストも公募はしておりません。
また、このようにコレクションは”研究”の用に供する
為に集められており、くれぐれも「そんなにあるんならクレ!」
とか言わないよーに!!
あ、ご意見有用様、いつも有難うございます。)



さて、HWSでも後期のSAA、とのことなので、チューブド
シェリフス
(2013年入手)につけてみます。

上の画像、左がチューブドシェリフス、中央はHWSの
木製ストックで、右がCMC スケルトンストックです。

HWSのストックは当然現行SAAに付くハズ、ですが
今回付属のストック取り付け用ハンマースクリューを
流用(実は以前ハドソンに付けた時も使った)するので
同席、です。



あ、取り付け前に、気になるハンマーのポジションを。
摩耗度合いによってこれは大きく変わりますが、
とりあえずウチの個体で比較。

手前からHWS、ハドソン、タナカ(1st)です。
HWSが若干少ないのに対し、タナカは若干多めに
起こされています。
ハドソンは両者の中間、といったところですね。

ただ、バックストラップとの隙間は、HWSではもう
ほとんど余裕なし!です。



ではスクリューを交換(ハンマーSPを外さずとも交換できた!)、
ストック装着!

あ、今回、傷防止のためにストックとグリップフレームが
当たる場所にはビニールテープを貼って検証しています。

ストックとの密着具合は、ハドソン以上かも。



問題のフルコックポジションですが、このように十分
隙間があり、問題なく使えます。



一応同メーカー製で取り付け可能と明記されている、
HWS製木製ストックも。

コッチのほうがギリギリじゃん!



ということで、CMCのストックはHWSに付きました
あくまで一個体の実験で、上に述べた通り摩耗状態に
より結果が変わる恐れがあり、また製造者でもないので
保証など致しかねます。参考程度にお考え下さい。


なんだか今回はイロイロ文体が変わっちゃいましたね。
ということで次回はいつものように未定!
(だったら言うなよ!!)また宜しく、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(7)比べてみました

2018年05月06日

マルシン M712ガスBLK

きょうもキューポッシュ アイドルマスター
萩原雪歩と如月千早、じゃなくて!
ブラスター、でもないモーゼルM712、
マルシンのガスブロも買っちゃった!編を。



これは行きつけのトイガンショップで
見つけてきた中古箱なし激安品(ウチでは
こういうのがもはやスタンダード!ですが)、
色は灰色がかった黒に塗られて(ガンブルー?)
いますが、かなり重量があるのでHWかも、です。



AW版は無刻印でしたが、マルシンはしっかり
入ってます(確かモーゼルと契約してたはず)。



反対面の刻印は少しかすれてますが(笑!)。



AWとの違い、タマが8mm、というだけでなく、
アウターバレルはマズルのナットを外せば抜けます。



コレを入手したのはもちろんAW(画像右 ブラスター仕様)
と比較したかったから!



本体の色味はマルシンのほうが薄め、でもグリップは
逆にマルシンが濃いめ、ですね。



動作的には、AWにはボルトストップ機能がありますが、
実物がマガジンフォロアーにその機能を持たせている
のに対し、AWはマガジンを抜いてもボルトは止まったまま、
あ、ちなみにマルシンは潔く?ボルトストップは省略!です。

注目の作動の方は、さすがにロングマガジン、
マルシンはセミでは全弾動作します!
(もちろん?フルだと途中で”ブシュー”ですが)

AWもロングマガジンならきっと、、、
(でもブラスターからどんどん離れていくような、です)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:35Comments(2)最近のこんなモノ

2018年05月04日

「薔薇の標的」~野本宏

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
1980年劇場公開の「薔薇の標的」から、
舘ひろし演じる主人公、野本宏の拳銃を。



まず野本が敵から奪い、またその後もメインで使うのは
コルト トルーパー4インチ。



画像はSRHWでオプションの木製グリップですが、
当時はABSしかなく、またグリップも当時のノーマル
薄茶色のスチロール樹脂製が使われたようです。



そしてもうひとつ、恋人から奪うのは?なオート。
これは劇中カートも飛んでる(何故かやたらスライド
引きますが)し、モデルガンベースだとすると
GM2カモ、ということでM1911A1(GM2どころか
MGCだとノーマルのM1911A1があったか?なので
とりあえず手近にあったHFで)も。



あ、映画の中では出てきてないようなんですが、
プロモーション画像ではパイソンを手にしています
(画像右 タナカ ガスガン)。

いつものようにストーリーには触れませんが、この映画、
松田優作が友情出演、峰竜太が弟分役で出ていてビックリ!
そういえば相前後して石原プロ作品でつながりますね。

舘ひろし主演、ということで既に見られた方も多いカモ、
ですが、もし未見でしたらひとつ。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)あのひとのGun

2018年05月02日

イマイ フリントロックピストルシリーズ その2

きょうはプラモ制作(改造?破壊??)日記、
イマイ フリントロック2種同時組み!の第2回を。



えーっと、前回、箱を開けてバリだらけのパーツを見る、
といったトコロまでやりましたが、今回は2分割パーツの
接着から。

しかし!この2つのキット、ストック(ホンモノなら木の部分)
以外のパーツが同じ!!

、、、やってくれるよ。



ま、実は箱を開けた時から気づいてはいたし、だから同時
組み立てという企画で進めてたんですが(笑)

2つを組んで少し驚いたのは、同じ金型でも収縮が違ったのか、
型の閉じ具合が悪いのか!合わせてみるとズレ具合が異なること!!



という訳で?大量の削り粉が発生、しかもそれだけでは合わせ目を
消しきれず、またヒケや曲線表現などの補正にパテもどっさり必要!

下の矢印部分なんか、もうプラ板追加が必要なくらい隙間が空いてます。



プラ板は次の段階で、としてまずは”モリモリ”でパテ盛りします。



ストックはトリガー部分がナゼか少し凹ませてあり、ココもパテを盛り
ならします。



しかし、トリガーガードなどの組み合わせ部分の隙間はやっぱり
パテでは欠けそうですね。

塗装もパーツごとに行うつもりでしたが、トリガーなどストックに付けて
パテ埋めが必要カモ!

いっそトリガーは切り離す?
パーツ数は少ないんですが、意外に難工事カモ。

あ、前回リクエストをいただいた塗装指南書は、塗装を始める段階で
UPの予定ですので宜しく、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)きっとkit

2018年04月29日

そしてその後のスケルトンストック

さて、きょうも宿題消化ネタ??
少し前に入手した、スケルトンストックと
バントラインの適合手術?について、を。



えーっと、コチラが以前記事をUPしたCMC製と
思しきスケルトンストック、



そして相前後してストック取り付け用本体?として
入手したハドソン製バントライン12in 2ndカスタムです。



しかし!ハドソン2ndカスタムに装着されている
ベークライトっぽいグリップは厚く(下の画像左)、
そのままではスケルトンストックがはまりません!

そこで今回、木製グリップ装着で余ったタナカの
イーグルグリップ(画像右)に交換してみよう!かと。



グリップ内側、下側など、すこし大きめでグリップが
はみ出しますが(爆!)、とりあえず固定ピンなどは
そのままで付きます。

あ、ストックを引っかけるハンマー軸(スクリュー)は、
HWSの木製ストック用で、ハドソンに合うネジのものを
借用!



と、取り付け準備状態で、ノーマルのハドソンキャバルリー
(画像右)と比較。



グリップは純正の木製に比べ、まだぶ厚め、ですが、
なんとかストックは入りそう!



ストック装着!
無事取り付き、ハンマーもコックできます。

グリップ底部がストックの引っかける部分に当たるため、
締め付けネジをきつく締めていませんが、それでも使用には
問題ないレベルでしっかり肩付け出来ます。

グリップ幅がストックとほぼ合っている(ガタがない)ため、
木製グリップよりもしっかり付いているカモ!

ただ、照準は目とRサイトが近く、Fサイトが遠いので
あんまり見やすいとはいえませんね。

1stのV型サイトのほうが、こういう用途なら見やすいハズ、
ですが、1stには12インチの製造記録は無いらしいし
(でも、戦後ストック装着ハンドガンは規制されたっぽいので、
この組み合わせも?な部分はあるんですが 爆!)。



取り付け部分逆からも。



ということで、無事スケルトンストック装着!
あ、HWSとこのストックの適合性については、
また機会を改めてやる予定(まずHWS捜索、からだし!)
ですので、宜しく、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(2)こんなモノ番外編

2018年04月27日

その後のM712ブラスター

どーも、僕です(?)
さてハンドメイドメイ、じゃなくて!!
きょうはちょっと前に入手報告をした
AW M712ブラスター仮組み後の姿、を。



まずはスコープ?(拡大しないけど)マウントについて。

本体に2本の円盤状ベース付スタッドを止め、
更にマウントを真ん中のプラスねじで固定、
という取り付けですが、スタッドのねじ止めが
上手くいかなかった!

調査の結果、スタッドのねじ不良が判明、
これは本体に入る部分だけでなく、マウントを
止める手締めナット側も、でした。

スタッド、ナットにダイス,タップを通し、
本体もタップを切り直し、取り付けたのが
下の画像。

スタッドのねじ部でアルミ地肌がかなり露出
しているのは、ねじ切りがけっこう違い、
”塗装が乗って固くなった”などのレベルではない証、
です(笑)。

そして、ねじ切り直しでスタッドを付けてみて
気づいたのが、本体マガジン部の表面は少し斜め、
完全に密着させようとすると後方のスタッドに対し
傾いて”ハの字”状になるため、マガジン上のスタッドは
前方が少し浮いた形(タップは垂直に、表面に対しては
少し傾いて加工)で止めるようになっているようです。

しかし、前側は放熱フィン(ヒートシンク)状のパーツで
隠れるので気にならないし、ショップの解説では
接着剤で止めろ、との事なので、接着剤を盛ってから
ネジ込めばある程度”面接触”になるかと
(そこまでやりませんでしたが)。

あ、この放熱フィンも別体で、フレームに縦溝を切って
(成形?)はめ込んでいます。
フィンを開くようにして溝から外せば他の個体に移植も
可能かも、ですが、移植個体も溝を切るか、
それともフィンの突起を削り落として両面テープなどで
止めるか、になりそう。

開いて外すのもちょっと傷や破壊!の危険も、だし、
とりあえずはこのAWボディでいくことにしました。



サイトのノブはネジを外しただけでは取れなかったので、
マスキングして回しながら数回ブラックパーカーをスプレー!

ちなみにこのノブ、ちゃんとレティクルが上下します。
左右の調整は?ですが(笑)。



前後のリングは、さすがにマスキングではアブナイので
外して塗装しました。

前後のレンズ?は樹脂製で全く拡大してない、
つまりフタですね(爆!)。



カメラレンズ用の工具を持ってる方ならソレを使えば
よいカモ、ですが、無い方のために代用の方法を。

今回は、車用のワイパーに付いている板を両側の
凹みにかけ、中央部を持って回して外しました。

もちろん薄い金属板があれば、それでOKだと思います。



ということでパーツの取り付け、ブラックアウトは完了!

あ、スタッドのねじ部は、アルミブラックか塗装で
補修可能でしょうが、保管時にサイト一式を外すつもりなので
そのまま、です。



さて、作動の方ですが、このところ好天で温度も上がってきた
せいか、何とか数発は作動します。

このガン、元はWEで、マルシンのガスブロを研究、改良
したらしく、ホールドオープンも追加、そしてWEだと作動も
マルシンより好調だとか!

ただ、ロングマガジンなら、という事なので、ショートだと
35度!くらいまで温めないとちゃんと作動しないのカモ!



そのうち炎天下でたっぷり温めて撃てば、ですが、スタイルが
変わる事を厭わないなら、ロングマガジンを入手して試すのも
一つの方法、ですね。

更にBLK作動だけでBB弾発射に拘らないなら、バレル側の
ガスルート、もしくはバレル自体を閉塞することでガスの
消費量を減らし、作動を向上させられるカモ。

作動に関しては、もし好転すればまたココでUPの予定、
というコトで今回はお許しください、ね!(いや文句は
メーカーの方に言って!!)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)こんなモノ番外編

2018年04月25日

プロトタイプ?!

さあ、まよねーず子羊たちよ!
(いや、タルタルの方が好みですが)

さてきょうは「ニセコイ」桐崎千棘、じゃなくて!買い物日記、
今回はCAW M1851プロトタイプ!?を。



コレは行きつけのトイガンショップの中古コーナーに
一気に大量の入荷があったうちのひとつ、です。

ニップルなどの付属品が小箱に一つ、の他は本体のみ、
確かに未発火で程度も良いケド、、、

コレクターズアイテムとしては箱や説明書も重要、
その割に強気な価格設定のためか、ワタクシに
”順番が回ってきた”ような、ですね。



ノーマルのM1851 2nd?(下の画像右)とも。
バレルが丸いだけでなく、1インチほど短く、また
Fサイトもピン型でなく、パ-トリッジ型?の
ドラグーンや後のM1860などで復活する形です。



お店で見たときは、「ラウンドバレルカスタム?
確かM1851って7.5インチのオクタゴンバレルしか
無かったんじゃ、、、CAWはショートバレルとか
イロイロ作ってたし、コピーものも様々なモノが
あるから、まあバリエーション展開でしょ!」と軽く
考えて入手したのですが、、、



どうやらコレ(今度は左右入れ替わってます)、試作で
実在したらしく、月刊Gun誌の別冊「コルトのすべて」にも
画像付きで紹介されているようです。



同じくCAWのM1861(下の画像 右)とも。
M1861はバレル基部もラウンド(丸く面取り)に
なっており、これは型鍛造が可能になったのか、
それとも逆Rの砥石を冶具などでガイドして回しながら
スライドさせたのか?なんですが、プロトの場合、
バレルの方を回さないと(アールの根元部分が)
加工できなかったんじゃ、で、量産ではオクタゴン
バレルにしちゃったっぽいですね。



M1848では、円柱状のバレルを基部にねじ込む、
といった製法だったのが、バレル基部を一体で
作りたいからパターソンなどの斜め面取り加工に
戻したものの、逆にこのオクタゴンバレル、M1848
ベビードラグーンやM1849ポケット、M1851くらい
の短命?で終わってます。



実はオクタゴンバレル、綺麗に揃えて加工するのが
けっこう難しい(以前自作したときに経験済み!)ため、
ラウンド形状にしちゃったのカモ!

特に初期コルトの表面研磨は(パイソンなんかバフで
凹凸が凄いですが!)ビシっと面が出てかつ切削跡
など全くわからないほど磨かれている、という超絶仕上げ、
なので余計に手間がかかったハズ!!

いや、こういう試作も模型化させると、加工法の進化
とか、イロイロ考察?が進んで楽しい!

あ、ちなみにショートバレルの方も、実在(カスタムじゃなくて
ファクトリー出荷時点で短かったモノ)してたのかな?
(だったらショートも狙おうかと 笑)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)最近のこんなモノ

2018年04月22日

「北海ハイジャック」~リュー・クレイマー

えーっと最近、イロイロなネタが進行(停滞?)中、
ですが、今日は映画の登場キャラ使用銃ネタで、
007でお馴染みロジャー・ムーア主演の
「北海ハイジャック」(ffolkes/North Sea Hijack)から、
アンソニー・パーキンス演じる海底油田ハイジャック犯の
リーダー、リュー・クレイマーの拳銃を。



ハイジャック犯はUZIやS&WのM19、ブローニングハイパワー
などで武装していますが、クレイマー(と他にもいますが)が
使うのはなんとスイスSIGの名銃P210!



画像はMGCのモデルガンです。

P210といえばスイス軍制式、ではありますが、
精密な加工から高価で、とても”金目当てのハイジャック犯”が
使うシロモノではないような、、、



でも、P210が活躍する映画は珍しい!ということで今回
取り上げさせていただきました
(ということで、主演のロジャー・ムーアのコルトM1911、
ウェブリーにワルサーPPK、と思ったらラーマらしい!
とかは今回パス!とかって結局書いてんじゃん!!)。

あ、アンソニー・パーキンスも「サイコ」や「パリは燃えているか」で
有名になり、晩年は監督も務めた名優です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 18:23Comments(4)あのひとのGun