2018年06月27日

M1851プロトタイプのバレル

きょうは以前ちょこっと触れたトコロですが、
CAW コルトM1851プロトの形状から、
バレルの加工法の変遷を探る?というネタを。



まずはM1851前後のコルトリボルバーの形態を
(過去画像で)。

上から、パターソン、ウォーカー、M1848ドラグーン、
そしてM1851より後のM1860(ショート)です。

これらはいずれもHWSのモデルガンです。



パターソンは八角形(オクタゴン)、ウォーカーとドラグーンは
今回のM1851プロトと同様、ラウンドのバレル前部とオクタゴンと
同じ、斜め45度の大きな面取りが施された基部を持ちます。

ウォーカーやドラグーンは、基部を残してバレルを回転させ、
前部を削ったか、それとも2つは別体で、バレルを基部に
ねじ込んで作ったのかもしれません。



それに対し、M1851プロトはバレル基部までラウンドの上面、
これは逆R状の工具でバレル前部から基部までを一気に
削ったのでは?です。



そして同様にバレル下部もアール状の工具で削ろうとすると、、、
(上の画像はイメージで、工具も木工用のモノです)



赤い矢印部分がアール状に抉られてしまいます。

ということはプロトタイプのバレルは、(バレルを固定して)
逆アール刃物で上面を削り、次に(今度はバレルの方を
回転させて)バレル下部を削ったのでは、で、
まあ順番は逆でも、ですが、どちらにせよ異なる加工法の
アールを合わせる、という”面倒な加工だったんじゃ、です。

結局、それを避け、両方バレル固定で削るために
(上下で一回つかみ直す必要はありますが)パターソンと
同じ加工法に戻し、量産したのでは?です。

そしてそのあと、M1860、M1861ではバレル上下に
アール状の刃物で加工(基部へ向かって複雑な形状加工
が必要になっちゃいましたが!)するようになったか、
型鍛造など(こちらのほうが、斜め面取りより型の負担が
少なく変形させやすいラウンド形状に戻した理由にも)
新加工法を確立したのかも、です。

もちろん、それぞれの加工法は実際には違ったのカモ、
なんですが、当時の加工を想像しながらトイガンを眺める、
というのも一興、ということで。




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
ラウンドバットのミリタリー&ポリス
九九式とKar98k
M1903とKar98k
P210のグリップ
ビズリーのトリガーガード
タナカのビズリー
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 ラウンドバットのミリタリー&ポリス (2018-09-09 17:19)
 九九式とKar98k (2018-09-07 19:19)
 M1903とKar98k (2018-08-19 19:19)
 P210のグリップ (2018-08-10 19:19)
 ビズリーのトリガーガード (2018-08-01 19:19)
 タナカのビズリー (2018-07-18 18:18)
この記事へのコメント
こんばんは。
当時の加工技術を考えながら眺める事は、
今まで考えた事もありませんでした。
また新しい楽しみ方が出来ました!!
Posted by 松本市在住 at 2018年06月28日 01:37
松本市在住様こんにちは。
>当時の加工技術を考えながら
今まで気づかなかったことや、気になっていたことが視点を変えることでわかる、
というのは良いのですが、
逆に”製造側”からしか見れなくなってしまったり、視点を広げる、というのはナカナカ難しいです。

また映画なんかでも(こちらはアマチュアですが)”作り手視点”や”ガンマニア”として見がちで、
一般的な視点からみればB級、とかも取り上げちゃいますがまた宜しく、です(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年06月28日 07:05
紅い猫RRⅢ 様
あの時代に どうやって加工したのか?? テッポウのパーツは謎だらけですね。
パターソンのパテント図面を見るとバレルは基部と一体の形状です。
当時の造船技術から転用した?大型鍛造機で一発整形か?(Sコルトは船乗りで造船所も経験?) その段階ではバレルは基部と平行の四角だったか?(銃身長より長く四角面を残して加工台で掴みしろに?) ~ライフリングと基部の加工後にバレルを廻して八角形に面取りしたかな? 当時のコルトがすべてオープントップ・フレームだったわけでなく、ルート技師設計のリボルビングライフルとフレームを同じくするM1855ルート・サイドハンマー・リボルバーはソリッド・フレームに棒状バレルをピン止めで、シリンダー交換が簡単で強度もあったとおもわれますが主流には何故かならなかった。
Posted by ないとあい at 2018年06月28日 23:34
ないとあい様こんばんは。
>テッポウのパーツは謎だらけ
この時代、ちょうどコルトはハートフォードの新工場を建設してたり、で、
その前に製造で協力したホイットニー達が開発したていたフライスは
まあ絶対持ってたと思うんですが、型鍛造がいつから、かがナゾです。

部品の互換性を高めるには、自由鍛造より型鍛造、だと思うんですが

一説では20世紀になってから、ドイツで薬きょう制作に鍛造を導入した、
とかの記述がみられるんですが、薬きょうは最初の22口径リムフャイアから
既にプレス成形なんじゃ、で、これは戦時中の物資不足でスチールを使った
鍛造、ということなのカモ、です。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年06月29日 22:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。