2018年06月13日

G36K+P8

きょうは久しぶりにこのネタ、主従装備を考える?会で、
いったいどいつだ!?いや現ドイツ軍制式コンビで。



エーット、コレらはどちらもH&K製品で、P8はUSPの
派生(セフティ、マガジなど変更)モデル、G36Kは
米軍のM4に相当するカービンですね。



これはマルイの次世代、ですが、実物の方はオールプラ!
の外装のせいか、剛性不足で、特に連射したら命中精度に
影響が出る、と不評(H&Kはこれを否定し、裁判も起こしたとか)
のような、、、

で、結局M16系の要素を多く残したHK416が次に来る
ことに!

でも、M16系もアルミレシーバー+プラストックという
構成からか、当初は評判良くなかった!ですよね。

話をG36Kに戻して、最初からスコープを備え、長さの違う
バレル(+フォアアーム)、折りたたみストックでコンパクト!

個人的には、折り畳みストックが好き(というか、アサルト系に
ストックの剛性がどうとか、過剰な要求なんじゃ、、、)ですし、
現在”期待外れ”感が漂ってるのは不憫です!

G3では軍の要望で省略されていたボルトストップも(実物では)
備え、徹底的にアンビ(さすがにエジェクト方向までは変えませんが)
に拘った操作系、分解時抜いたピンをストックに挿せるような配慮、
などかなり良くできた銃だと思うのですが、、、



そろそろ拳銃の方も。
P8はタナカのガスガンです。
これも実物(モデルガンでも!)ではマガジンが半透明で残弾が
外から確認できる、G36と同様のモノになってます。

閉鎖機構も一般的なバレル上部でロックするショートリコイル、
G36もそうですが、H&Kは創業以来の”とんでもメカ”から、
現在は”どこまでも一般的”な機構にシフトしてます。



以前のメカが悪かったわけではなく、むしろH&Kの”先進的”イメージは
一連の独創的機構がもたらしている、と思うし、いまでも用途によっては
優れている点があるハズ、なんですが。

あ、でも機構は変わっても、直線的なデザイン、合理性の重視など、
H&Kらしさ、は変わりませんよね!




同じカテゴリー(メインとサイド)の記事画像
M1903つながりで
64式とM1911A1
M79+M39
M700A.I.C.SとXDm
MP40+P08
P90とFive-sveN
同じカテゴリー(メインとサイド)の記事
 M1903つながりで (2018-07-25 22:08)
 64式とM1911A1 (2017-11-22 21:21)
 M79+M39 (2017-10-04 21:21)
 M700A.I.C.SとXDm (2017-07-21 21:21)
 MP40+P08 (2017-01-18 21:21)
 P90とFive-sveN (2016-12-18 20:17)
この記事へのコメント
こんばんは。
ドイツ製造の銃は、どの時代でも一歩先に行く
デザインと合理的な構造を感じます。
完成された美しさが有って、あれこれと
後付してはいけないと思ってます。
Posted by 松本市在住 at 2018年06月13日 20:43
松本市在住様こんばんは。
>完成された美しさ
あ、いきなりフォアアームなんか付いてましたが、こういうパーツ”足し算”的な使い方、
アメリカ人は好きですね。
対して欧州はスコープまで”一体化”とか好きですね。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年06月13日 21:37
G36、お金が有ったらまた買いたいかも
ストック形状は私的にイマイチなんですがトータルでみるとやっぱりイイ(^^♪

P8は所有した事はありませんが直線的スタイルでゴツくて私の好みにどストライクです(^^)/
Posted by nozopon at 2018年06月14日 07:53
nozopon様こんばんは。
>トータルでみるとやっぱりイイ
M4あたりと比べるとなんか”スッキリ”感がありますよね。

>直線的スタイルでゴツくて
グロックあたりと比べると、エッジが効いてますね。
あ、グロックも嫌いじゃないんですが(笑)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年06月14日 22:01
紅い猫RRⅢ 様
G36の登場時はXM8とどちらを米軍が選ぶのか?とワクワクしましたよ。
G36に今回判明した灼熱地域での不具合は今後の兵器体系のポリマー製品化に大きな問題提起ですね。
さてさて後継はすんなりとHK433とおもいきや~SIG-MCXにもスポットライトが・・MCXとMPXの組み合わせは魅力的みたいですね。 ドイツ軍だけでなく欧州の治安組織全体の運用にもかかわりそう・・
Posted by ないとあい at 2018年06月15日 14:13
ないとあい様こんばんは。
>灼熱地域での不具合は今後の兵器体系のポリマー製品化に大きな問題提起
しかし、結局ポリマーなんかより、ソレを持つ人間の方が高い温度適応性を持っていた、
という事でしょうか(なんといってもゴ◎ブリ以上だし!)。

SIGのMCXもM416系同様M4を横目に睨んで(改良?)作られてるカンジですよね。

果たしてHK433はG36とM416のヨイトコ取りに成功して制式を得られるのか、
(まあトイガンをウチで入手するまでにはまだまだ先になりますが 笑)
興味あるところですね。

あ、そういやSIG P320もまだ国内メーカーから出てきませんよね?
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年06月15日 23:19
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。