2018年04月15日

AW M712ブラスター

きょうは「シリアルエクスペリメンツレイン」
岩倉 玲音、じゃなくて!緊急特番、
AW M712ブラスターを。



エーット、コレは先週くらいに入荷した台湾製品ですが、
今回日本向けとして従来金属製だった本体を上下共
ABSとして作られています。

金属性レシーバー、フレームでは法に引っかかる恐れがある、
という認識が今後メーカー側でも一般化し、以前のCzのように
この動きが広がっていけば、我々ユーザーも安心して
海外製品を買うことができるので、歓迎したいところですね。



さて、今回のモノは完成品ではなく、ユーザーが組み立てる
キットとして供給されており、ご覧のように2つの箱に入った
状態で販売されていました。



中にはスコープとそのマウント、ハイダー、丸環とナゾの部品!
そしてM712に放熱フィン?が付いた状態のものが
入ってました。



しかし!
説明書はこの一枚だけ!!
組み立て説明一切なし!!!
これは”キット”としてはいかがなもんかと、、、



まあ完成品の画像はあちこちUPされてるし、
親切なショップは組み立ての注意点も指摘してくれているので、
気を取り直して組み立て開始!



とりあえす、ですが組み立て状態。

しかししかし!!



スコープのノブ、前後リングが真鍮素地のまま!
ここは要黒染め、ですね。



そしてスコープ、完全なダミー、というか、逆から見た方が
マトモに見える、、、



そしてマガジンキャッチは半分スコープマウントで
隠れてしまい、とっても押しにくい、、、

この元となった「スターウォース」のハン・ソロが使う
ブラスターはC96ベース、無理やりM712を使ったので
このような不具合が生まれているんですね。

それならマガジンは抜かずに使えば、と思えば、
BB弾の装填には抜く必要があり、
更にボルトストップ機構を付けちゃってるようで、
一度マガジンを抜かないとホールドオープン解除ができない!!



極めつきはスコープマウント。
フレームに三点止め、なんですが、前後のスクリューがちゃんと
加工されておらず、フレームに密着するところまで締められない!!
(あ、中央のネジは上の手締めノブを外してプラスドライバーで中のネジを
締めます)。

取り付けの難はタップとダイスで改良、更に接着を推奨している
ショップの指示に従ってあとで改善するとして、とりあえず
動作チェック、と思ったらガス吹いてちゃんとBLKしない  OTL OTL!!!

説明書、マウント取付加工、部品の黒染め、そして作動性!
と問題は山積み!ですが、どーしてもブラスターが欲しいアナタ!!
買いませんかそして一緒に苦しみませんか!!

あ、ちなみにタンジェントサイトもスコープが邪魔して調整不能、
というかFサイト無いのでそもそも使えず、ボルト引くのも往生しますよ!
(いや、日本メーカーが出さない理由は良くわかった、、、)。




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
キングコブラの4インチ
バントラインスペシャル
オールドタイプ?
M1903!
タナカのM629
FA-MAS 5.56F1
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 キングコブラの4インチ (2018-04-04 19:19)
 バントラインスペシャル (2018-03-23 19:19)
 オールドタイプ? (2018-03-11 18:18)
 M1903! (2018-02-14 19:19)
 タナカのM629 (2018-02-02 19:18)
 FA-MAS 5.56F1 (2018-01-26 19:19)
この記事へのコメント
こんばんは!
憧れの1挺ですが・・・
いろいろと難題満載ですね。

ファンの方が多いので、日本中あちらこちらで
苦しんでいるのでしょうか?

そんな苦しみを味わいたい気もする!!!
Posted by 松本市在住 at 2018年04月15日 23:32
松本市在住様こんばんは。
>日本中あちらこちらで苦しんでいるのでしょうか?
いや、絶対悶絶中のヒトがいる、と思ってさっき仮組したばかりですが、
とりあえずでUPしちゃいました。
マウントまわりはちゃんとネジ切れば解決しそうですが、最難関は動作性、カモ。(いや解決策を見出せるか?です)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2018年04月15日 23:46
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。