2017年08月18日

ワルサーP5

京は”メカクレージー”のための”メカジャンキー”?による
”メカガイド”??
第二回目はワルサーP5を。



これは名銃P38をリニューアルしたモデルで、
ロッキングブロックによるプロップアップショートリコイルを
踏襲しています。

しかし、スライドは上部が大きく開いたP38とは異なり、
フツーのエジェクションポート(但しP38と同じく左側に
排莢!)が設けられ、重量増加を避けるためか、
スライド前部は平面,アール状のカットが施され、
メカメカしい外観を作り出しています。



あ、コレはマツシロのガスガンですが、同社では
発火モデル(うーん、モデルガンといえばモデルガン
なんですが、、、)も作っていました。



ホンモノのP5の話しに戻ると、SIG/ザウエル系の
手動セフティ排除+デコッキングレバーをドイツ警察の
要望から取り入れ、制式を得たものの、同時に採用された
H&K P7やSIG P225(P6)に比べ非常に高く、配備した
トコロは少なかったとか!

米国市場では当時9mmの人気が高くないうえに高価、
ライバルにダブルカーラムマガジンのS&W M59や
ベレッタM92が出てきて苦戦、米軍トライアルでは
あっさりP5を諦めP88を開発、と”当初の気合カラ回り”
の感が、、、

でも、このスライド、格好良いんだよなあ~!




同じカテゴリー(メカメカしいヤツ!)の記事画像
ブレン・テン
ウィルディ45マグナム
同じカテゴリー(メカメカしいヤツ!)の記事
 ブレン・テン (2017-09-22 21:21)
 ウィルディ45マグナム (2017-07-28 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。