2017年09月04日

「鞍馬天狗 黄金地獄」~鞍馬天狗

この間のショットショー関連で変則更新?ですが、
きょうは映画のキャラ使用銃ネタ、第105回目の
今回は1942年の「鞍馬天狗 黄金地獄」
(公開時「鞍馬天狗横浜に現る」)から、
嵐寛寿郎演じる主人公 鞍馬天狗の二挺拳銃を。



幕末の勤王志士で、”仮面ヒーロー”モノの元祖
鞍馬天狗の拳銃は、まず日本の二六式けん銃
のようです。



これはHWSのモデルガンですが、1890年に
開発されたコレが登場するのは、、、
大政奉還が1867年なので、下のS&W No3も
時代考証的に合わない!のですが(笑)。

ただ戦前の撮影なので、”適当な”実物に
空砲入れて使ったんじゃ、です。



そして二挺目、S&WのNo3です。
今回はCAW スコーフィールド(モデルガン)で。



当時、パーカッション式の”古式銃”もまだ
そう高価じゃなかったと思うのですが、、、

そういえば、後の西部劇でも時代考証に合った
パーカッション式が使われるようになったのは
だいぶ後のこと、まだコルトM1917なんか(時々
西部劇で連射が苦手な俳優が使うのか?
出てきます!)でなかっただけマシ!でしょうか?




同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事画像
「日本のいちばん長い日」~畑中
「ガンフロンティア」~ハーロック
「レッド・サン」~ゴーシュ
「BLACK CAT]~ミナツキ サヤ
「B型H系」~山田
「眠らない街 新宿鮫」~鮫島
同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事
 「日本のいちばん長い日」~畑中 (2018-08-12 18:23)
 「ガンフロンティア」~ハーロック (2018-08-03 19:19)
 「レッド・サン」~ゴーシュ (2018-07-22 17:17)
 「BLACK CAT]~ミナツキ サヤ (2018-07-11 19:19)
 「B型H系」~山田 (2018-06-29 19:19)
 「眠らない街 新宿鮫」~鮫島 (2018-06-17 17:23)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。