2017年05月10日

Jフレバナナとイロイロ

きょうは前回に引き続き?S&W Jフレバナナですが、
今回は他のJフレオーバーサイズ木製グリップや
Kフレバナナとの比較編を。



今回はまず2インチバレルで。

主役?のバナナ(下の画像下)はタナカ ガスガンM36、
ホーグのブーツタイプ?(2ピース 画像上左)はタナカ 
ガスガンM60(パフォーマンスセンターカスタム)、
アルタモントのフィンガーチャンネル付き(画像 上中央)は
タナカ ガスガンM49、
CAWのターゲットタイプはコクサイ モデルガンM60に
付けました。



逆サイドです。
左から、ホーグ,アルタモント,CAW,バナナです。
ホーグはグリップフレームと同じ高さに抑えてコンパクト性
重視、CAWのはFizzだったかのプラグリップを木製で
再現したものですが、一番大きく、幅もあります。

バナナも意外に2インチでも似合いますが、
やっぱりちょっと大きい?



ということで?M40 3インチに戻して(画像右)、
Kフレバナナ(タナカ ガスガンM19 2.5インチ)と。

同じバナナ(コレって通称なの?)タイプでも、かなり大きさ、
形状が違いますね。



グリップスレームのRの違いから、Jフレの方が背中?の
湾曲が大きくより”バナナ”化してるような、、、

Jスレバナナは、上部がフツーのサービスタイプ(マグナ)
に比べて低く、ソコが上がっているM40では、
よりフレームの大きさが強調されて見えます。



両者は前後幅もこれくらい差があります。
KフレのバナナはM13などで工場出荷時に
装備されていたのかも、ですが、このJフレ用は
どうだったのでしょうか?

現在では、どちらも珍しい部類に入る(とはいえ
ダイヤチェッカーほどではない?)んじゃ、ですね。



S&Wではもう自社製木製グリップは止めたのか、
最近のクラシックなラインナップでもアルタモントなどの
OEMのように見えます。

そのせいか、中古グリップ相場は上がり続けているような、
ですね。

バナナでも、ゴンカロとかスムース(チェッカー無し)とか
イロイロあるので、機会があれば、と思っているのですが、
ホーグのモノグリップも収集対象だし、
ちょっと的を絞りきれない!!




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
ポリスリボルバーと
コクサイM629シリンダーの互換性
コクサイ M629新型!?
SAA 2ndのモデルガン
コクサイ パイソン用グリップと
ブラスター比較編!?
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 ポリスリボルバーと (2017-10-18 21:21)
 コクサイM629シリンダーの互換性 (2017-10-08 19:01)
 コクサイ M629新型!? (2017-10-06 21:21)
 SAA 2ndのモデルガン (2017-09-17 17:17)
 コクサイ パイソン用グリップと (2017-09-10 19:19)
 ブラスター比較編!? (2017-08-30 21:21)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
元ガン誌レポーター氏の記事でポリスポジティブの実射レポがありました。
撃ちやすくなればと、わざわざ3rdオーバーサイズグリップに交換しての 実射レポでした。
ところが3rdグリップはバックストラップ上部がカバーされていないことから 実射で 親指付け根が痛くなったとか
意外やオリジナルのディティクティブ・グリップのほうが痛くないとか・・
個人差もあると思いますが、Jフレームのグリップは少し小さすぎかな?
社外カスタムグリップの種類がディティクティブより多いのは、本体の人気度の差か?撃ちやすさの差か?
Posted by ないとあい at 2017年05月11日 00:56
ないとあい様こんばんは。
>ポリスポジティブの実射レポが
さいきん、PCがお亡くなりになられたトコロ、ですね(笑)。
S&Wはフツー大丈夫、とのことですが、このバナナは危ないカモ!

>本体の人気度の差か?撃ちやすさの差か?
社外だけでなく本家でもイロイロあるのは、小型化と撃ちやすさ、の
バランスが難しく、ユーザーの選択も多岐にわたったのでは?とか思うのですが。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年05月11日 01:26
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。