2017年05月07日

Jフレでもバナナ?!

ラブライブ!
サンシャイン!!
とくれば池崎?!

いーのかこれでいーのかボンボンバカボン、バカボンド

あ、さて今日は世間的には連休最終日、
このところ、ちょっと早めにUPしておりますが、
今回はS&W純正 Jフレ バナナグリップを。



これはいきつけのトイガンショップに少し前に入ってきた
モノで、しばらく悩んでいたのですが、手に入るうちに、と
入手してしまった!モノです。



箱無しですが、実物に付いていたような跡も無く、
箱(パッケージ)無しなので一応中古品?ですが、表面も
未使用を思わせる綺麗な状態です。

チェッカーは端部がかなりいいかげんですが、これはまあ
当時の”スタンダード”、直線的なスピードローダー逃がし?
加工も他ではみられませんが、結構フィットし、”ジャガイモ”っぽく
なりがちなラウンドバットオーバーサイズをスッキリと見せている
センスはさすがS&W!

だいたい柾目で、木目がけっこう出ており、色目も
”これぞS&W”というような明るい、ナカナカのシロモノ!!です。



バナナタイプのグリップが開発されたのはいつなのか?
ですが、1980年くらいまでは見かけなかったような、です。

そしてその後ラバーグリップが出荷時にも装着されるようになって、
反動吸収力がなく、割れやすくコストのかかる木製グリップは
いっとき激減!したので、バナナグリップが生産されていた時期は
短いんじゃあ、、、



ラウンドバットですがオーバーサイズなので、まず3インチ、
ということでコクサイ M36に付けてみました。



ヘビーバレルということもあり、KフレのM13(FBIスペシャル)
のような力強さ、ですね。
グリップ下方も伸ばされてますが、3インチならバランス良いと
思います。



次はセンチニアル3インチ(タナカ)で。
M36では全く感じませんでしたが、”なんか新種”の
リボルバー、とまで思えてしまいます。

ハンマーレス(内蔵)の機関部と、グリップセフティが
強調されるせいでしょうか?

これはこれで(好き嫌いは分かれるでしょうが)非常に面白い
組み合わせ、ですよね。



でもまあM36の、2インチ(タナカ)も一応(って、おいおい!)。



さすがにグリップが大きい印象はありますが、それでも
違和感は少なく、いや結構似合う、、、



S&Wはその後フィンガーチャンネル付きのモノを採用したり、
木製でもバナナグリップ以外を付けることが多かったような、ですが、
コルト デティクティブが後期で採用していたオーバーサイズに
対抗する”スタンダード”は、このバナナであるべきだったんじゃあ、
と思わされるくらい、Jフレに合うデザインだと思いマス。

あ、他のJフレ木製オーバーサイズもあるので、今度比較ネタを
予定中です。
期待せず待ってて!ね?!




同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事画像
グロック用のストック
そしてPPKでも木グリ
新たなNフレ実物グリップ
A.I.C.Sのスコープとバイポッド
パイソン用パールグリップ
ポーフェロの謎
同じカテゴリー(最モノぱーつ編)の記事
 グロック用のストック (2017-07-07 21:21)
 そしてPPKでも木グリ (2017-06-09 21:21)
 新たなNフレ実物グリップ (2017-05-24 21:21)
 A.I.C.Sのスコープとバイポッド (2017-05-12 21:21)
 パイソン用パールグリップ (2017-04-30 22:32)
 ポーフェロの謎 (2017-04-19 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。