2017年05月05日

「サムライ」~ジェフ・コステロ

きょうは映画の登場キャラ使用銃ネタで、
1967年にフランスで制作されたフィルム・ノワールの名作
「サムライ」(原題;LE SAMOURAI)から、
アラン・ドロン演じる主人公、ジェフ・コステロの拳銃達を。



まずジェフが”仕事”用に渡されるのはS&W ミリタリー&ポリス
の旧型で、映画では4インチのようですが、手持ちは5インチ!
しかないのでコレ(HWS モデルガン)で。



そして途中敵から奪うのはコルト M1911。
これはMGCのモデルガンです。



最後に手にするのはまたミリタリー&ポリス4インチなんですが、
こちらは当時の現行型です
(画像はコクサイ モデルガンに実物グリップ)。



ついで?なので新旧ミリタリー&ポリスを並べてみました。
ハンマーとサイドプレートの固定スクリュー、グリップ、
Fサイトに加え、エジェクター,サムピースまでも違います。

そしてこれはメーカーの仕様、なんですが、HWSは艶消し、
コクサイは艶ありの表面です
(仕上げは各社様々なモノがあります)。

ホントはこの間にまだハンマー形状の違うモデルもあるんですが、
ちょうどこの映画には出てこないし、模型も現在は無い!です。



あ、いつものようにストーリーはDVDを見ていただく(BDも出てる?)
ということで。

意外にもA・ドロン出演作を3つも取り上げてますが、
やっぱり銃が似合うだけでなく(笑)、ナゼか取り上げやすい機種
(S&W M15,ミリポリにM1917、そしてM1911)が出てくるんです!!
とかいいながら今回はバレルが1インチ長かったんですが(爆!)

A・ドロンは銃コレクターでもあったそうですが、アメリカ製を
好んでたのかな?




同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事画像
「兵隊やくざ」~大宮貴三郎
「逃亡者」~ジェラード
「グライド・イン・ブルー」~ウィンターグリーン
「エンジェルビーツ」~仲村ゆり
「普通じゃない」~セリーン
「東京無国籍少女」~藍
同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事
 「兵隊やくざ」~大宮貴三郎 (2017-07-23 19:02)
 「逃亡者」~ジェラード (2017-07-12 21:21)
 「グライド・イン・ブルー」~ウィンターグリーン (2017-06-30 21:21)
 「エンジェルビーツ」~仲村ゆり (2017-06-18 17:17)
 「普通じゃない」~セリーン (2017-06-07 21:21)
 「東京無国籍少女」~藍 (2017-05-26 21:21)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
A・ドロンは17歳にして家出して軍に入隊し20歳までベトナム戦線に従軍し、当時の仏印フランス軍の多くは米軍供与のM1カービンが主力だったらしいから、
ライフルがM1カービンならピストルはガバやミリポリだったでしょうね。
スクリーンの中でのガバやミリポリのハンドリングはホンモノですね。
Posted by ないとあい at 2017年05月06日 20:10
ないとあい様こんばんは。
>20歳までベトナム戦線に従軍し
正に「ロスト・コマンド」ですね!
米軍装備を持って引き上げてくる、という設定では「さらば友よ」もそうですね。

しかし仏の銃器、MABやマニューリンを出してきてもよさそうな気も、です。

他の欧州勢、SIGやH&K、ワルサー,ベレッタなどが活躍するのは、もうちょっと後カモ、
ですが、P08は「冒険者たち」に、おっとまたA・ドロンは取り上げる予定ですのでまた宜しく、です。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年05月06日 21:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。