2017年05月03日

A.I.C.Sとは?

”地毛申請書”って、当然教師の方も
”◎ラ疑惑”解消のために、出すんですよね!?

あ、きょうも買い物ネタ、ですが結構な大物!
タナカ カート式ガスガン、M700 A.I.C.Sを。



A.I.C.Sとはアキュラシーインターナショナル社の
シャシーシステム(Accuracy International Chassis System)
ということらしく、今回のモデルはレミントンM700のボルト+
レシーバー(バレルは純正でもヘビーバレルがあるようです)+
トリガーシステムに、AI社のストック(シャシーシステム)を
組み合わせたカスタムですね。



タナカではカート式と非カート式、両方作っていますが、
お座敷党?はカートリッジが舞うコチラ、カート式ですね!

これは行きつけの中古トイガンショップで見つけたもので、
ネジ類が少し錆び、ボルトの操作跡もありましたが、
あんまり見かけないのと、M700系は既にLTRとM40を
持っており、次はコレかM24などのタクティカル?
ミリタリースナイパー系か、とか思っていたので。



そのM40(こちらもカート式)と。
ストックが違うだけで、別の銃に見えます(ボルトはM700
そのものなんですが 笑)。

あ、錆びたボルト(ネジの方)は交換と磨き直しで
綺麗にしています。

ホントは全て交換したいところ、だったんですが、3mmで
40mmくらいの長いボルトがストック側面に使われており、
わざわざ買いに行くくらいなら、と、油(CRC)付けて磨いて
みたところ、綺麗になったのでそのまま使用!しました。

ナットも同様に錆びていたのは磨き直しています。



スコープはとりあえず手持ちのモノを付けましたが、、、
マウントが低く、頬をチークピースから外すくらい頭を
下げないと照準できない(爆!)ので、マウントを交換の
予定です。

あと、マガジンからチャンバーまでの距離が遠く、
まあちゃんと給弾されるんですが、気分的に違和感が。



と思ったら(というか、カート入れる時点で気づいた)
.223用か!と思われるほど小さいマガジンなんですね。

タナカさんのカート式ガスガンは、悪用防止なのか
.308用でも短いカートで、これもソレが使われています。

AIの作るL96なんかは同じストックで.338、コレに付いてる
M700のショートアクションは.308用、ということでまず
ストックの排莢口に合わせた抉りのうち、2/3くらいしか
レシーバーが開いていない、、、

それに加え、マガジンをカート長に合わせ短くしたため、
マガジン挿入部には間を埋めるスペーサーが付けられています。

格好からいっても、この短いマガジンだと10連タイプは、、、
(実際10連タイプは出していない)なので、スペーサーを内蔵した
(外から見える部分だけ).308マガジンにして欲しかった!

ちなみにタナカの商品紹介ページでは、非カート式の画像が
そのまま使われており、”.308用10連マガジン”が挿さってます!!
更にオプションパーツのマガジンのところには画像が無く、、、
なんか確信犯?それとも将来的に改良予定?!

M24でもカート式は固定(ヒンジ式)マガジンになっちゃっており、
10連タイプボックスマガジンで装弾数不足も解消だ!とか
いきまいていたのに、、、
まあ.223仕様で、6mmBB弾対応の為カート太め、だと思えば
(でもそーなると7.62×39とかのほうが近くなっちゃったりして!)。

あ、一応Ver2らしい(箱にシールあり)ですが初速や集弾性などは
全く試しておりません(キッパリ)!
撃つならマルイやマルゼンのL96(こうなるとアッチも
ひとつ欲しい、、、)のほうがオススメです。

とかネガティブなことも書きましたが、これから購入する方が
「騙された!」とか思わないほうが、ということで、個人的には
短いもののマガジン式ボルトアクションでカートを飛ばす、という
楽しさに浸っております(笑)。

いや、本当に「ダメだ」と思ったらインプレ書かない派、なので。
さあスコープマウント替えてバイポッドでもつけようかな!!




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
ワルサーGSP
基本のアリサカ!?
二挺目のアイツ?!
STI5.1ストライク・エッジ?
P08ランゲ・ラウフ
M586の3インチ
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 ワルサーGSP (2017-05-19 19:19)
 基本のアリサカ!? (2017-04-26 21:21)
 二挺目のアイツ?! (2017-04-14 21:21)
 STI5.1ストライク・エッジ? (2017-04-07 21:21)
 P08ランゲ・ラウフ (2017-04-02 22:00)
 M586の3インチ (2017-03-24 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。