2017年04月14日

二挺目のアイツ?!

こんばんは、紅い通り魔、レッドマンです(ウソ)。
あ、4/29から大阪 日本橋のジャングルで「赤いアイツ」展が
開催されます(宣伝?!)。

きょうはいつもの?買い物ネタで、ちょっと最近
見かけなくなってきたタナカ M327を再び入手
(つまりダブり)!の巻、です。
(あ、本編とドールに直接関係はございません。
「ラブライブ!」ファンの皆様、ひとつ暖かい目で、
お願いっ、ね。)



これは最近ちょっとごぶさただったショップにふらっと寄ったところ、
本体は少しくたびれていますが箱や備品は揃っており、安価、
というのを発見、カスタムベース(最近そういって放置!が多い
のですが)に良いのでは?と入手してしまったモノです。



もちろん全く同じHW(メッキもありましたが)版で、しかも
新品購入!したモノがあり、ほぼ観賞用だったせいか、
程度は手持ちの方がかなり良いという(笑)。

画像左のホーグ木製(ポーフェロ)に替えているのが
新品購入したモノ、右のゴム製付属のままのが今回入手した
モノです。



以前もやったカモ、ですが2インチ(固定サイト)とも。



グリップフレームは珍しいNフレラウンド、適合グリップは
並行(個人)輸入されたモノしかない!(注;2インチ用木製
グリップはタナカから出ています)くらいで、実は2インチと
同じくランヤードリング(というかピン)内蔵型です。



Kフレラウンド用のグリップだと上部の形状が違いますが、
かなり軽快なカンジになります。



そしてNフレ スクエアバットのターゲットグリップだと、
バレルもゴツいのでもうM29並み!
などと遊んでみました(ちゅうか、合う交換用グリップは
ホーグ一個しか持ってないの!)。

まあ、グリップについては別に替える予定は無いし、
タナカ Nフレ用を削る、という方法もありそうです。

え、他のカスタムポイント?
そう、コイツを入手したのは、違う(アウター)バレルを
付けてみたかったから!

しかし今回、初めて分解したのですが、フロントのナットは
ダミー!で、どうやってバレルから抜いたら良いかわからない
(バレル自体は上部のスクリューを外したら抜けましたが)!!

以下バレル交換奮戦記(もし素材が入手でき進展を
見たら、ですが)に続く、かもしんない(爆!)。




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
M627入りました~!
トンプソンM1921
64式小銃
M1860コンバージョンモデル
留之助ブラスター2049
PPK/Sでもシルバー?!
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 M627入りました~! (2017-12-08 21:21)
 トンプソンM1921 (2017-12-01 21:21)
 64式小銃 (2017-11-10 21:21)
 M1860コンバージョンモデル (2017-11-05 18:18)
 留之助ブラスター2049 (2017-11-01 21:21)
 PPK/Sでもシルバー?! (2017-10-29 19:19)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。