2017年03月17日

各種スマイソンとパイソンと

きょうは前回ご紹介したコクサイ現行スマイソンと
旧型、そしてHWSやパイソンとも、比べてみる会を。



まずはコクサイ 新旧スマイソンとパイソンの4インチトリオ。
全てABS(GR2000)ですが旧スマイソンはSUS風メッキ、
新スマイソンはスタンダードの艶が少ない表面、パイソンは
艶有りのテカテカ、と全て仕上げが異なっています。

グリップですが旧スマイソンとパイソンにはホーグの木製を
付けています。



新旧スマイソンの箱の比較も。
左が旧型で、発砲スチロールの芯に筒型(四角ですが)の紙製
上箱、という構成で、間には一枚段ボールが入れられてます。

対して新型は発砲スチロールの上から被せるタイプ。
一般的で取り出しやすいのが利点ですが、同時に簡単に開く、
のはデメリットにも。どちらもカートは別に\紙箱を作って
入れてますが、新型にはカートからキャップ火薬を抜くツール
らしきもの(発火しないので当然未使用!です)が付いています。



旧スマイソンにはナローなハンマーが付いていますが、これは
前オーナーが交換したのでは?で、普通はセミワイドです。

新スマイソンはスタンダードのせいか、サイドプレートの刻印無し、
旧スマイソンは国際産業のKSマークが付いています。
これも、デイビスの刻印などを後加工で入れるなら
無い方が良いのカモ、ですが(笑)。



旧スマイソンはカートが短く、前撃針がカートっぽくデザインされ
シリンダー前方から見えます。

ヨークのロックが最大の違いで、新型はディテントボール、
旧型はラグの中にエジェクターロッドのロックピンとバネが入り、
ピン(これは新型も有り)で止められています。

この機構を納めるためか、旧スマイソン(に限らずM586でも)
にはラグ前方から円筒状のパーツを入れているようです。



違いはフレームにも及び、旧型はM19(66)の4インチ用、
新型は2.5インチ用のトップフレーム前部に一段削り込みが
無いタイプを採用しています。



ここらでホーグを新型に換装してコクサイ パイソン(現行?)とも。
こうしてみるとKフレとコルトIフレームのゴツさの違いがわかります。

S&Wは後に”対パイソン”を意識して?フルラグバレルのLフレ
(M586系)をリリースしますが、ソッチはサイズもパイソン並み、ですね。



お次はグリップを元に戻して(実際は撮影順が違うんですが)HWSと
ガチ対決!(以前旧スマイソンとHWSラウンドバット、はやりましたが)。
HWSはワイドハンマーも最近復活!!
CMC時代のカスタムオーバーサイズグリップをプラと木製
(こちらは木製)でリバイバル、とファン狂喜乱舞(してない?)の
懐かしい仕様、です。



HWSではパイソンバレルとKフレの間にけっこう段差
(上下方向)が生じています。

これはコクサイのM19系がフレームトップを厚くしているため、
というのもあるのですが、コクサイでも旧型スマイソンは
バレル上部のテーパー状リブの終わりが高く、少し段差が
あるので余計に新型の”一体感”が目立ちます。

まあ、一体感があるのはフツー良いこと、なんですが(爆!
ちなみに下の画像ではコクサイスマイソンにパックマイヤーを
付けてみてます)。



新型スマイソンのバレル付け根について、ですが、フレームとは
一体成形のようで、下の画像矢印のように、バレル上部の
テーパーリブがフレームのリアサイトの前までつながっちゃっています
(画像左はコクサイパイソン)。



そして、コクサイはパイソンもスマイソンもバレル全長(シリンダーに
接する部分からマズルまで)が同じ!ということは、フレームに納まる
部分が短いスマイソンのバレル露出部は、パイソンより長く
作られています。



実物スマイソン制作時は、Kフレのねじ部分が短いのに対応して、
パイソンのバレル付け根(シリンダーと接する部分)を少し切り落として
(削り込んで?)いるはず、ということで、HWSは正しく?少し短めに
なっています。

しかし実銃でも数ミリの長短はフツーだったそうですが(爆!)。
ただ最高級?グレードだったパイソンもそうだったかは?です。



他の違いも計測寸法を中心に見ていきましょう。

まずバレル径ですが、このHWSは17.2~18.3(テーパー)mmと
少し細目、です。

コクサイは皆ストレートで18.9mmくらい、で、アンダーラグが
比較対象になり、またマズルクラウンがステップド(段差有りタイプ)
なのもあって、気にしだすとHWSは細く見える、、、

そして何度も言っている?クーリングホールの上下幅です。
HWSの4インチは2..1mmほど、コクサイパイソンが2.5mm、
スマイソンが2.9mmに迫るほど!なのに比べると明らかに違います
(HWSでも、6インチでは2.5~2.6mmでした)。

ちなみにクーリングホールの前後幅は、みな共通で22.4mmほどです。

そしてバレル上のテーパーリブの幅も、コクサイ パイソンが6.4mm、
スマイソンは両方6.1mmなのに対してHWSは6.9mmと大きく違います。

一体ホンモノはどうなのか、ですが、たぶん製造時期や個体差!が
あって、全て同じではないかも!!なんですよね。


(上の画像、左奥からコクサイ パイソン,HWSスマイソン,
コクサイ旧スマイソン、そしてコクサイ新スマイソンです)

え、タナカとの比較?
スマイソン持ってない!ので、もし入手の機会があったら
(ってパイソンはガスガンもモデルガンのVer2もあるんですが 爆!)
ということで。
では。




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
MGCとタナカのニッケルパイソン
モーゼル用ストックと
PPCマッチガン
ニッケルのパイソン4インチで
P08ストックとイロイロ
Jフレバナナとイロイロ
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 MGCとタナカのニッケルパイソン (2017-06-25 18:00)
 モーゼル用ストックと (2017-06-21 21:21)
 PPCマッチガン (2017-06-11 20:00)
 ニッケルのパイソン4インチで (2017-05-31 21:21)
 P08ストックとイロイロ (2017-05-21 19:19)
 Jフレバナナとイロイロ (2017-05-10 21:21)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様

>KフレとコルトI フレームのゴツさの違いがわかります。
ホンモノのスマイソン用のM19のグリップがスクエアバット(4、6インチ)だから~スクエアバットのM19用のKサイトは短いタイプが付いていたはず?
しかしパイソン・バレルとの繋ぎ目段差を埋めるために、2.5インチのM19用の長いタイプのKサイトを別途入手して付けたのか?
日本のトイガン各メーカーは微妙にバレルのサイズを調整して段差を解消させたのかな?
むかしMGCが Lフレーム でスマイソンを作りましたが、パイソン同等サイズの Lフレーム だからパイソンバレルとの段差を気にせず加工できたのかな。

ホンモノにも Lフレーム のスマイソンが??
ありますね♪
記事によれば 8インチのパイソン・バレルからリブのクーリングホール間隔を目一杯使い 4.8インチのバレルを切り出したみたいです。
さらに特筆はLフレームでも6連発ではなく マッチ用 7連発モデルです。

https://forums.somethingawful.com/showthread.php?threadid=3781175&pagenumber=1
Posted by ないとあい at 2017年03月18日 20:06
ないとあい様こんばんは。
>M19のグリップがスクエアバット(4、6インチ)
しかし以前のコクサイ セミカスタムではないですが、どうやら2.5インチでも
スクエアバットが
作られていたようです。が、さすがにこんな珍品をベースに使わないですよね!!

段差は作る側の心理として、つい”許せなくなる”んでしょうね。

>Lフレーム のスマイソンが
うーん、正に”意味なし”な気が!
でも、現在(というかちょっと前)Kフレにもフルラグバレルが出てきて、スマイソン自体”ビミョー”な、ですケド(爆!)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年03月19日 21:19
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。