2017年03月12日

M500でイロイロ

きょうは前回のESを加え、ウチでも4挺になった
S&W M500の比較編を。



まずは4挺並べて。
左から8-3/8,6.5PC,3+1,そしてESの2-3/4インチです。

左2つがモデルガン、右の短い方2つがガスガン、
8-3/8と3+1がVer1で、6.5PCとESがVer2
(前回疑問符付けてましたが、箱にちゃんと書いてました)です。

全てコンプ?形式が異なり、ESに至ってはナシ!
やっぱりESは”撃つもんじゃない”感がMAX!!ですね。



あ、ウチの撮影環境(というか下に敷いた紙)では
上のような構図では全て納まりきらず、このような構図で
ようやく入りました(笑)。

バレルは6.5PCのみが角型?で、他はフルラグ形式です。
あと10.5インチがあればコンプリート!ですが、まあ6.5と形状的には、
なので、♪掘り出し物にぃ~もし会えたら~♪(「夢で逢えたら」って
ココで歌うな!!)ということで。



相変わらず広角(28mmレンズ)ですが、、、
3+1とESで。

フロントサイトは同じですが、全体的にはESが小さく見える、、、



逆側から撮ると更に”バレル短かっ”感が増します
(だからそんな単語無いって!!)。



あ、今回気付いたトコロ、モデルガンにはフレームにピン
(青色矢印で示したところ)があるのですが、ガスガン版の
2つにはありませんでした。



といったカンジ、です(おいおいっ)。
いやーちょっと違うスケール感が伝わったか、疑問ですので、
近いうちに他のスナブノーズと比べてみる会?も予定中です!
(また宜しく!!)。




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
MGC M586でイロイロ
各種スマイソンとパイソンと
銀色スマイソンとイロイロ
スマイソンも銀色!?
M66とM19で
ホーグの木製が更に!
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 MGC M586でイロイロ (2017-03-26 19:19)
 各種スマイソンとパイソンと (2017-03-17 21:21)
 銀色スマイソンとイロイロ (2017-03-03 21:21)
 スマイソンも銀色!? (2017-02-26 21:00)
 M66とM19で (2017-02-22 21:21)
 ホーグの木製が更に! (2017-02-15 21:21)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
ズラリ銀色ばかり並んで壮観ですね!
S&Wからは460と500は「s&w bear survival kit」としてケース入りセットで販売されていますが、
あの国ならではのジャンルに「EveryDayCarry(EDC)」というものもあるからでしょうね。
Everyday carry gear survival pistol
Posted by ないとあい at 2017年03月13日 20:38
ないとあい様こんばんは。
>EDC
一般にも携帯許可が出るので、”毎日のお惣菜”ではないですが、こういうのが
結構需要がある”ボリュームゾーン”なんですね。

個人的にはオートならG27とか思いますが、常時フルロードなら毎年マガジンのスプリング替えたり、
結構手間がかかりそうなので、やっぱりS&W M64とかかな、などと思います。

まあ既にリボルバーは”アウト オブ 眼中”なのかも!ですが(笑)。
あ、もちろん、米国在住で許可が出るなら、という前提です。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年03月13日 21:45
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。