2017年03月03日

銀色スマイソンとイロイロ

きょうは前々回に入手のご報告をしたコクサイ スマイソン
と各種モデルを比較、です。



えーっと、イキナリですが、トップカットでちょこっと出ていた
HWSのスマイソン6インチは、付けてたヘレッツのグリップしか
今回登場いたしません!(まあバレル長さ違い、というのは
過去にもやってるし)。



さて、それではコクサイVSハートフォード(ラウンド)、ガチンコの
スマイソン4インチ対決!

形状については画像で皆様にご判断?、というのもアレだし
個人的に気になるのはHWSのクーリングホールの幅、
コクサイのトップフレームの厚さ、ですね。

HWSでは最近ワイドハンマー、イチロースペシャル?な
オーバーサイズグリップも復活しているので、ソレらを重視するなら
もうHWS一択なのですが、、、
逆にステンレス(メッキ)でモデルガンとなれば、現在コクサイのみ、
ガスガンはタナカのみ、ですね!



ウチではタナカが未だ、なのですが、、、
トリガー位置はタナカがあると最も近くなるカモ、です。

Fサイトのレッドランプは実物でも両方あり、交換可能ですが、
いちおうHWSが付いていて、コクサイには無し、です。



両者グリップを替えて。
HWSにはラウンドフレームが活きるパックマイヤーのコンパック、
コクサイには高級感のあるヘレッツのダイヤチェッカーです。

ラウンドバットでも、バナナくらいの方が合ってたかな?
コクサイのほうは以前のホーグがやっぱり最高カモ!ですが、
ヘレッツもダイヤチェッカーの作りだす立体感(影)がクールな
スマイソンに似合いますね。



さて、グリップを戻して(実際にはコレを先に撮りましたが 笑)
パイソンバレルを使ったもう一つのカスタムモデルガン、
WAのクーガー(画像右)とも。

コクサイ スマイソンもトップフレームが厚めですが、
スタームルガーは更にゴッツいので、パイソンバレルには
(コルト以外では)一番似合う気も、ですね。

S&Wでも、Lフレ(M586系)のほうが合うカモ、ですが、
もうフルラグなので(MGCはやりましたが 爆!)
わざわざ替える必要は?となっちゃいますね。



ということで?最後はMGCのM686とも。
このM686には、謎のラウンド風オーバーサイズを付けています。
これはネジ穴位置が少し違ったのですが、思い切って穴をフレームに
(MGCは実物と違い、内側を大きくくり抜いていない)穴加工しちゃいました。

画像ではそんなに差を感じないカモ、ですが、手にすると
やはりM686は大きい(というか、M19系が小さい)です。

特に構えた時、グリップ上端からサイトラインまでの高さがかなり違い、
シリンダーも細く、このM19系に慣れてしまうと、Nフレほどではないですが
Lフレもやはり”大きい”です。

もちろんマグナムを撃つならLフレ、なんですが、しかし最近Jフレでも
マグナム対応版が出ていますし、やっぱりスマイソンは“イイとこどり”
なのかな?(こんな〆で良いのか?)。




同じカテゴリー(比べてみました)の記事画像
SAAのアイボリーグリップ
スネークアイズとパールグリップとか
ストレートボアのSUS(風)シリンダー
Nフレ ターゲットグリップで
MGCとタナカのニッケルパイソン
モーゼル用ストックと
同じカテゴリー(比べてみました)の記事
 SAAのアイボリーグリップ (2017-08-20 21:00)
 スネークアイズとパールグリップとか (2017-07-26 21:21)
 ストレートボアのSUS(風)シリンダー (2017-07-09 19:50)
 Nフレ ターゲットグリップで (2017-07-02 18:18)
 MGCとタナカのニッケルパイソン (2017-06-25 18:00)
 モーゼル用ストックと (2017-06-21 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。