2017年02月12日

「ボーダーライン」~ジェブ・メイナード

きょうは映画のキャラ愛銃ネタで、「ボーダーライン」から
チャールズ・ブロンソン演じる主人公、国境警備隊長
ジェブ・メイナードのリボルバーを。



ジェブは後半まで拳銃を抜くことすらないのですが、ここぞという時に
腰に下げたオーバーサイズグリップ付きのS&W M28
ハイウェイ・パトロールマンを使います。

今回、いつもはコクサイ製で亜鉛がぎっしり詰まってるパックマイヤー
(のコピー)を付けているM28に、タナカのプラグリップを付けて
映画のモノに近付けてみました。

このグリップ、後部のラインが少し合わなかったり、はありますが、
M28がM29になったかのような、一回り大きくなったように
たくましく感じます。

ナカナカ良いじゃん!

現行コクサイのが合うなら、レプリカの木製グリップも数社から
出ていたので、付けたいところなんですが、、、



あ、映画の方ですが、これはどうやら単発のTVドラマとして
1980年に米国では公開されたようですね。

エド・ハリスが敵役で出ており、こちらはレミントンM870の
ピストルグリップ付き、イングラムMAC10と長モノ?を使ってマス。

ストーリーは大量の密入国を巡って国境警備隊と密入国ブローカー?
との攻防を描いており、今トランプ大統領が行おうとしている”壁”の
構築など、水際作戦なんかあんまり意味がないのでは?と”80年代の
この映画を見ていても思わされます。

本当に密入国者を減らそうと思うなら、密入国者を雇ったら高い代償
(罰金,懲役)を科せられる、というような方法の方が効果的(税務署?
主導で儲けてるトコロから網をかけられ、罰金で財源も得られる)かつ
国内の労働者の雇用も直接守られるハズですが、新しい大統領は所詮
”ビジネスマン”の代表、実は経営者の味方なので、壁の構築などは
”やってるフリ(パフォーマンス)の象徴”だと早くアメリカ市民は(いや
もっというなら選挙の時点で)気付かないと結局貧乏くじを引くことに
なるのでは、なんですが
(更に選挙権が無い”周辺国”の我々の方がもっと被害を被りそう!!)。




同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事画像
「鞍馬天狗 黄金地獄」~鞍馬天狗
「ザ・クラッカー」~フランク
「ゴキブリ刑事」~鳴神涼
「ビバリーヒルズコップ」~アクセル・フォーリー
「兵隊やくざ」~大宮貴三郎
「逃亡者」~ジェラード
同じカテゴリー(あのひとのGun)の記事
 「鞍馬天狗 黄金地獄」~鞍馬天狗 (2017-09-04 21:21)
 「ザ・クラッカー」~フランク (2017-08-27 22:32)
 「ゴキブリ刑事」~鳴神涼 (2017-08-16 18:00)
 「ビバリーヒルズコップ」~アクセル・フォーリー (2017-08-04 21:21)
 「兵隊やくざ」~大宮貴三郎 (2017-07-23 19:02)
 「逃亡者」~ジェラード (2017-07-12 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。