2017年02月17日

コクサイ コルトパイソン4インチ

こんばんは、紅い猫バブー2世です
(詳しくは前回のブログ参照!?)。


さて今日も引き続き?買い物日記、
今回は、”靴に合わせて服を買う”違う
”グリップに合わせて本体を買う”、オシャレ上級者
ってこんなもんさ(だったらナンデ裸なの?)、の巻。



えーっと、ウチにはコクサイのパイソンは
前回登場の6インチ以外では2.5インチの
銀と黒があるだけ、でした。

共にホーグのオーバーサイズは似合いそうにないし、
既に木製グリップなんかを付けてたり、なので、ここらで
”あらよっ、もう一丁”、違うもう一挺入手しても、と
買ってしまいました!



といってもABS(GR2000フルメタル)の中古ですが(笑)。

コクサイはスタンダードシリーズもあり、バリエーション豊富で
個人の好みや目的、そして予算で選べるのが良いですね。



コレにはウッディーグリップと名付けられた、塗装した樹脂の
グリップが付いていました。

この塗装は楢の木目を模した、との事ですが、
もっとローズっぽい気もします。

グリップ自体も中身が詰まっており、更にフレームに円盤状の
鉄材をウエイトとして仕込んで重量増加を計っています。

コクサイのラバーグリップ版も、ガスガン時代の名残りの溝は
ありますが、内部に亜鉛が入っていて重量増には気を使ってます。



とりあえずラバーグリップに替えて、6インチと。
個人的には6インチが最も好みで、このコクサイ製以外に
タナカでは4挺(更にもう1挺くらいは組める)、MGCが2挺、
と既に”オナカ一杯”感もあり、今回は4インチにしてみました。

あ、タナカでは最近のRタイプで刻印が改修されたりしてますが、
コクサイはその前から刻印を直しており、更にトリガーガード
付け根にも刻印(型ですが)したり、と細かく再現性を向上、
トリガー,ハンマーも以前より薄く(これはパーティングラインを
削り落とすためかも、ですが)仕上げられているような、です。

もちろん、既にタナカでは(ガスガンですが)4インチは
持っており、また3インチも考えた(これもタナカ有り)のですが、
まあもうどう転んでもカブるんだし!4インチの方がホーグが
似合いそうだし!!



本命?のホーグ装着です。
前回6インチ装着時に作った、頭無しのピン(リバウンドレバーピン)
をこちらに移植していますが、他は加工無しで付きました。

交換当初、トリガーの戻りが少し悪かったのですが
(リバウンドレバーが干渉?)、そのうちちゃんと戻るように
なってます(個体差があるカモ、なので、戻らないならグリップ
内側を少し削った方がいいかも)。

樹脂と木材の比重の差、更にウエイトの円盤が使えない!などで
重量は軽くなってしまいますが(笑)、”一味違った”パイソンが
楽しめます。

重量減を考えるとMHWとかの方がよさそうですが、
GR2000(+バフ研磨)のマックロ,テカテカのボディも
カルナバワックス(この仕上げが標準!)塗りでスムーズな
ホーグには似合う木がします(自己満足)。

でも実銃だと、やっぱり反動を和らげるゴムのパックマイヤーなんかを
付けちゃうカモ、なんですが(軟弱者!!)。




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
64式小銃
M1860コンバージョンモデル
留之助ブラスター2049
PPK/Sでもシルバー?!
コンバットマスターピース
コクサイ M629新型!?
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 64式小銃 (2017-11-10 21:21)
 M1860コンバージョンモデル (2017-11-05 18:18)
 留之助ブラスター2049 (2017-11-01 21:21)
 PPK/Sでもシルバー?! (2017-10-29 19:19)
 コンバットマスターピース (2017-10-20 20:20)
 コクサイ M629新型!? (2017-10-06 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。