2017年01月15日

S&W M686 6インチとヘレッツのグリップ

♪ゆ~き~やこんこ
あ~られ~やこんこ
降っても降っても♪
もういいよ!!


えー、全国的に大寒波襲来となりましたが
ドールは薄着です
(しかし凍ったら高野豆腐のように
なっちゃうんだろうか?)。

あ、さて今日は本体とグリップで合わせ技一本!?
MGC M686 6インチとヘレッツのダイヤチェッカーを。



これは行きつけのトイガンショップで見つけてきた
中古ですが、交換用フロントサイトがちゃんと付属
している割に?オリジナルのグリップではなく、
ヘレッツのものに替えられていました。



オリジナルでないのはもちろん残念ですが、
コイツはS&Wスクエアバットのオーバーサイズ
だったハズ、後の2.5,3インチがアンクルマイクス
タイプを採用したのとは違い、標準的なカタチの
グリップだったので、他社(S&Wの実物も!)の
モノを付ければ大体再現できるし!

それにひきかえ?このヘレッツ、ワタクシ初めて、
というだけでなく、フツーのとちょっと違い、
ダイヤチェッカーで豪華!!

本体も未発火程度良だったのですが、
このグリップだけでも販売価格の半分は、、、
と思われる価格でもあり、迷わずGet!!!



以前に入手したM586(画像右)と。
M586にはコンバットグリップが付いてきたので、
くしくも?MGCのオーバーサイズ標準グリップ
未経験!?ですが、このコンバットグリップも
MGCのオプションだったんじゃあ、です
(いや、S&Wの実物だったら、現在高騰してるので
更に貴重!ではあるんですが)。



あ、M586入手時には無かった!のですが、
今回付いてきた交換用フロントサイトの画像も。

M686のランプタイプは銀色なので、M586に
付けるのは、、、ですが、両方ともパートリッジには
できますね!



ヘレッツのグリップに戻りますが、
内側にはこのようなシールが貼ってありました。
RKという型式ですが、後ろのKがS&W K/Lフレ用
を示すようです。



ヘレッツは側面中央付近が分厚い、ちょっと変わった
形状で、細めで少し角ばったカンジですが握り心地は
良好です。



以前入手したマスタングもそうですが、
ハイグリップの逆で、オリジナルより低い位置を握る形状です。

この形状は標的射撃(シングルアクション)向けで、
トリガーをより水平に近いアングルで引けるように
考えられているんじゃあ、ですね。


グリップ前下部にはグルーブが切られています。
木材の木目は地味ですが、加工は丁寧で上質、ですね!



S&W実物(どちらもコクサイ M19に取り付け 
画像左がヘレッツ、右がS&W)と。
S&Wは中央部が細く、下が太いです。



あ、M686もグリップを替えて。
これはラウンドっぽい(製作者不明)ヤツですが、
スクリュー位置が(MGCはフレームに小さい穴しか
開いていません!)合わないので、仮に両面テープで
付けています。

以前Gun誌でJackさんがラウンドバットのM657
だったかをレポートしていた記憶がありますが、
フルラグバレルにラウンドバットも良いカモ!



最後はコクサイのオーバーサイズを付けて(画像左)。

MGCのフレームは独自形状のようで、コクサイ製は
一部を削らないと付きませんでした。

S&Wの実物もそのままでは付かない!です。
こちらはモッタイナイので加工しませんでした!



今回のM686はステンレス風なのでニッケルメッキとは
違いますが、やっぱり銀色?!

実は更に銀色モノ入手は続くんですが、、、
それはまた改めて(しかも他ネタはもちろん、他の
入手モノもあるので、ちょっと間隔あくかも、です)。




同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事画像
L96!!
これもパイソンPPCカスタム!
H&K G36K
S&W M360SC
マルシン M712ガスBLK
プロトタイプ?!
同じカテゴリー(最近のこんなモノ)の記事
 L96!! (2018-06-15 19:19)
 これもパイソンPPCカスタム! (2018-05-23 19:19)
 H&K G36K (2018-05-18 18:18)
 S&W M360SC (2018-05-11 19:19)
 マルシン M712ガスBLK (2018-05-06 20:35)
 プロトタイプ?! (2018-04-25 19:19)
この記事へのコメント
紅い猫RRⅢ 様
買いすぎ~~
木グリップはへレッツのシューティングスターのスキップチェッカーですね
かなり古くからのガン洋書の広告にもあるへレッツの鉄板商品

78年ハンドガンナー誌の特集記事(38ページ)を参考まで
ttp://americanhandgunner.com/1978issues/HSO78.pdf
Posted by ないとあい at 2017年01月15日 20:51
ないとあい様こんばんは。
>買いすぎ~~
いや、こういうのは見つけた時に決断しないと
次はいつ来るか、来ないカモ!ですから
(だからといって、、、やっぱり買い過ぎ?)

コレ、今も作られているんでしょうか?
78年から、にしても結構古いんじゃ、とか思うのですが。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年01月15日 21:22
こんばんは。

MGC M686 4インチをタイミングよく本日
友人の物を拝見したばかりです。

エジェクターのピンが出すぎていて(後ろ側)、シリンダーを
戻しにくかったのですが、個体差ですかね?
安易に切り詰めるわけもいかず、解決策を思案中です。
Posted by 松本市在住 at 2017年01月15日 23:47
松本市在住様こんにちは。
>エジェクターのピンが出すぎていて
ウチにはMGC M586系が4~5挺あったと思いますが(既にあいまいみぃ!)、
シリンダーを入れにくい、というのは無かったように思います。

ただ、このM686がちょうど手元にあるので見てみたところ、リコイルシールドに
乗るギリギリの寸法ですね。

戻しにくいくらいなら、ピン(シャフト)の頭を丸めるか、少し削って短くしても
いいかも、ですね(現物を見ていないので、自己責任でお願いします)。
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年01月16日 06:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。