2016年12月25日

今年の真鍮?!

きょうは既に手元にには無い!のですが、
最近数少ない作り物のお話しを。



えーっと、「お座敷GUNガン・BBS」!では今年初めに公開されましたが、
去年はデトニクス用の真鍮グリップを、ほぼヤスリ一本で
削り出しました。

そこで今年も、と思ったのですが、作ろうと思っているモノは
板が厚くないと作れない!

去年のネタでは端材で12mm,8mmの板材がうまく見つかりましたが、
今回欲しいそれ以上の板が端材として転がっておらず!悩んで?
いたところ、60mm径の棒材があった!



コレを使って厚い板をまず切り出し、そこから削り出す作戦でいきます。

さて工程は棒を2つ割りにするところから、ですが、、、
円柱部分を固定しにくく、バンドソーは使えず、
円盤を使う切断機でも切り切れず、円盤が割れてしまうという
ハプニングが発生!(って何年か前にも経験しましたが 笑)、
最後は加奈の子(誰やねん!勿論変換ミス)違う金鋸(つまり人力!)
でシコシコ切ること数十分、いやーこの方向に切るのは
非常にタイヘンでした!!

ともかくこの時点で材料は約2200g→約1000g×2(分割)となり、



続いて板状にするため、切断面,アール部分をフライスで削り落とし
(→約500g×2)、



描いた外形に沿ってドリルで穴開け(重量計測せず 笑)、



不要部分を糸鋸で落とし(→約300g×2)、



アウトラインを(今回ここでやっとこヤスリ登場!)
合わせていきます。

あ、スクリュー用の穴、反対側のタップ加工も
この時点で行い、間に両面テープなんかを挟んで
左右のカタチが一緒になるように削ります。



そして表面側は上下方向にテーパーをつけ、
側面を主に丸めていき(この工程では今回
ヤスリ以外にグラインダー,サンダーが活躍!)、
スクリューが埋まるように穴を拡大、



磨いて完成、です。

この時点で約250g×2と、約1/5に(ほとんど切り,削り落としです)!!

え、コレは何用かって?
マルシンさんのエンフィールドNo2用です。


(画像を「お座敷GUNガン・biog」からお借りしました。)

ノーマルでもウエイトは入ってますが、
コレを付けるとグリップだけで500g!!
本体重量が約2倍になる!!!というおバカグッズ
(あくまで制作動機は”ギャグ”ですが、
ソレを実用化?して下さるかと思い、お送りしております、ハイ)。

いや、最初から15mmくらいの厚板があれば
もっとラクなんですが、でも素材買ったら
”なんか負け”のような気がして、、、
(いや手間はともかく、貰う方もお金をかけたものだと
遠慮もあるだろうし、ね!)

昨年のデトニクス用ウルトラヘビーウエイトグリップは
全身深彫りのエングレグリップとなったようですが、
さて今回はどうなる!?
(以降の動向はたぶんアチラで!
乞うご期待!)




同じカテゴリー(かすたむP)の記事画像
とある魔?改造のレイルガン??
グリップアダプターのスクリュー
WA セキュリティシックスのエジェクター
だいたいストライク?!
パイソンPPCのグリップ
S&Wおじゃがグリップ?のカスタム
同じカテゴリー(かすたむP)の記事
 とある魔?改造のレイルガン?? (2017-12-17 17:17)
 グリップアダプターのスクリュー (2017-09-06 21:21)
 WA セキュリティシックスのエジェクター (2017-08-09 21:21)
 だいたいストライク?! (2017-04-28 21:21)
 パイソンPPCのグリップ (2016-07-06 21:21)
 S&Wおじゃがグリップ?のカスタム (2016-06-03 21:21)
この記事へのコメント
こんばんは

手造りだったんですね~ あまりに出来が良いので機械加工だと思いましたw

デトグリはオフ会で にぎにぎさせていただきました
その最高傑作デトを オーナー様は気軽に ホイ って握らせてくれます
握った人は皆 太さと重さに驚き ニッコリと笑顔になり 幸せになります
赤猫さんの 気持ちと技術とセンスの良さが伝わります
皆で 赤猫さんはスゲーって話題になりました エンフィグリもすごいですw
Posted by sizu」 at 2016年12月25日 21:25
sizu様こんばんは。
>手造り
いや、フライス、グラインダー、サンダーなどは使っているので、
手動工具だけではないんですが(笑)。

現在では、3Dデータ入力である程度まで機械加工も可能だと思いますが、
量産するのでないなら、アールや厚みなどをイチイチ計測、入力するより、
ヤスリで削りながら”こんなカンジ”と調整していく方が楽しいし性に合っています。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2016年12月25日 21:50
赤い猫RRⅢさま

右側は真鍮ナットと一体というべきか?グリップ形状の大きなナット?ですね(笑)
Posted by ないとあい at 2016年12月25日 22:12
ないとあい様こんばんは。
>右側は真鍮ナットと一体
いや、大判のナット(実は刻印して管理する為かも)版とノーマルがあり、
更に今回のものでは厚みが違うので、ノーマルのボルト+ナットを使うなら
深く埋め込むことになるため、直接ネジを切って非貫通にしちゃいました。
ま、取り付けに難があればあとで穴を貫通させることはできますし。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2016年12月25日 22:47
赤い猫さん、こんばんは♪

うひゃ~!どっひゃ~!
!( ̄□ ̄;)!!…
これ、かなり時間掛かったでしょうね~
(汗)
円筒縦割り…お見事!!(絶句)

自分だったら…2年くらいかかる…
Posted by てるぱ at 2016年12月25日 22:54
てるぱ様こんばんは。
>これ、かなり時間掛かったでしょうね~
去年のデトグリ2つよりはかかってると思います。
今思えばバンドソーの両横にガイド作って付けたほうが結局早かったカモ!です。

それに今後も使えますし(もちろん趣味だけでなく、で)。

あ、外形も曲面多用で、本体に合わせる必要がありますし、前より難易度は高く、
実は固定(位置決め)ピン穴なんかは失敗して埋め直したり、裏側は見られない!です。

でも上面のアールはちょうどのサイズのワッシャーを見つけたのでそれを
両面テープで貼りつけ
ガイドにして削ったので意外と簡単でした。

まあ鉄製のグリップフレームがあればそれに沿わせて削れるんですが(爆!)
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2016年12月25日 23:16
>非常にタイヘンでした!!
円盤が割れて金ノコォォ~!!!  メチャ大変な作業、、、汗!
でも、今回のブログで、どうやって真鍮グリップが生まれたのか理解しやした。

>さて今回はどうなる!?
これは掲示板にも書いたけど、2月発売のメッキタイプ次第ですね。
ちゃんとしたメッキなら似合いそうかと。。

既に手持ちのエンフィだと難しいっす(泣)
Posted by 塔四郎塔四郎 at 2016年12月26日 20:21
塔四郎様こんばんは。
>どうやって真鍮グリップが生まれたのか理解しやした
今回はマル暴、違う丸棒からの切り出しの分一手間かかっており、
一味違うハズ(真鍮は舐めても成分は溶けだしません、たぶん)、です。

>2月発売のメッキタイプ次第ですね
マルシンさんには気合を入れて頑張ってもらわないと、ですね!
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2016年12月27日 00:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。