2012年05月30日

APS-3不調の原因

ショットショーのあと、皆様ミナミや日本橋にも寄り道されましたでしょうか?
いや、ワタクシとワタクシの武器庫?が、またチョット太っとるようです、はい。

あ、さて、きょうは以前ちょっとお伝えした、プリSのライバル?
APS-3の不調について、です。



前回(このカテ)の報告では、0.25g弾で、ナゼカグルーピングが非常に悪く、
テスト後不審に思って”じっと手を見る”ではなく、銃の方を見てみました。



まず、射撃終了後、他のモデルを試す為に一旦箱にしまった個体を取り出すと、
何とフロントサイトが無い!

フロントサイトは同社得意のグラスファイバーらしき材質で、アリ溝形状
で前方から入れ、六角穴付きセットビスで止める、という構造です。

このセットビスが緩んだのか、と思って、サイトをそのまま嵌めようとすると、
少し抵抗があり、奥まで入ったところでクリック感がある!!

そう、セットビスは突き出しており、また寸法と素材の強度から、
これ以上締めるのは危険だろう、と思う位に締まっていました。

もっと長いビスで、ベースに少し凹みを設けてロックする必要がありそう、、、



しかしこれだけでは命中精度が低下することはありません
(無いと狙えないケド、取れたのは箱に入れたときだし)。

実はこのとき、も~っと恐ろしい?コトが起こっているのが予感されました。
それは、サイトベース,バレルに、ガタがある!ことです。

どうやらアウターバレルの締め付け、もしくはサイトベースの辺りが緩み、
そのせいでサイトが左に動いて精度低下したのか、と思って、
サイトベースを外してみました。

サイトベースも非常に小さいセットビス2本で止められており、
しかもアウターバレルの端に半分かかるだけ!

一応サイトベースとアウターバレルに隙間は無いので、
緩んでも動かないのですが、位置決めできないので、
固定前にちゃんとサイトが上を向いて付いているか、の調整が面倒です。

そしてここは一応止まっており、グラグラはバレルの基部のようです。



そこでアウターを回してみると、案の定、少し緩んでいました。
しかも、アウターを止めるパーツ(画像中央の金色の径の違うネジが
切られたパーツ)も共周りしていたようで、どうやらインナーバレルが緩んでいた!
ようです!!!

競技に使った訳でもなく、前回ではたった10発、その前でも50発程度しか
撃っていません、、、

この共締め構造は、アウターバレルを”手で締める”という方法で固定しますが、
不確実で緩み易いのでは?

確かにバレルを外して掃除するのはラクですが、それでも何らかのロック機構
を付けて、例えばレバーを回せばバレルが外れる、という方が簡単で、
しかもこのような緩みは生じにくいハズ。

現状でも、バレルを止めるパーツに平取りや溝を付け、工具で締めることも
できたと思います。

現行APS-3では、少し改良されているようですが、信頼性にちょっと疑問が
ある構造に思います。



あ、アウターバレルをつい入手してしまったので、この修理?ついでに
替えてみました。

うーん、コントラストが効いていて、しかも赤アルマイトのメタリック感は
イイですね。

そしてAPS-3のアウターバレルは軽くて、ワタクシのようなお手軽シューターには
良いのですが、限定版のように、光学照準器も載り、固定も確実な方法のモノに
替えた方が、安心して撃てるかも。

このアウターのネジ部を活かして、サイトベース共々自作するのも、
ですが、そうすると「プリS戦記」でなくて「APS-3改造記」に
なってしまいそう、、、

ま、とりあえず緩みは様子を見ながら、対策するかを考える、というコトにします。

というのも、APS銃では、更に新たなモデル(といっても発売はずっと前)を
入手してたりするのです(爆!)。

ということで、懸案事項を棚上げしつつ、次回はその新機種登場編を
(しかし、以前のオリンピアの精度テストもしてないし、これの修理後の
テストも、、、
まあ、他のネタでも停滞中なのもありますので、そのうち進行、という
コトで、長い目で見ていただければ)。





同じカテゴリー(プリS戦記)の記事画像
APS-3の木グリ
AP210のグルーピング
AP210!
スコープ付きAPS-3の初速
APS-3でもスコープを
スコープ装着!
同じカテゴリー(プリS戦記)の記事
 APS-3の木グリ (2014-02-07 21:21)
 AP210のグルーピング (2014-01-29 21:21)
 AP210! (2014-01-12 20:20)
 スコープ付きAPS-3の初速 (2013-04-26 22:22)
 APS-3でもスコープを (2013-04-12 21:21)
 スコープ装着! (2012-12-14 21:21)
この記事へのコメント
赤い猫RRⅢさん、こんばんわ。

>というのも、APS銃では、更に新たなモデル(といっても発売はずっと前)を入手してたりするのです(爆!)。
プリでもなく、APS3でもないとすると・・・・・
まさか、↓コレとお揃い?(笑)
http://naiman.militaryblog.jp/e149801.html
Posted by naimannaiman at 2012年05月31日 19:08
naiman様こんばんは。

>コレとお揃い?
フッフッフッ、惜しい!(というと、”その”バリエーション、ってトコまでバレますね)

KSCというところまでは当たり、です。
あとは次回(通常ネタを挟みますが)をお楽しみに、というコトで。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2012年05月31日 21:18
お久しぶりです
APS-3ですか
アノ銃は色々ありますね

そこの部分はLE2011のときにも問題がありました
(センターが出ない)
対処法としては、アルミテープを巻き締めるというものでした

まぁ指で軽く締めるだけでもしっかりしますよ
もししっかり締めたいときは、プライヤーにゴムや樹脂が付いているものがいいです
真鍮製なので傷が付きやすいので

でも、いじるところがあって楽しいのもいいんですよ APS-3は
Posted by ハロハロ at 2012年06月19日 21:54
ハロ様こんばんは。
以前にバラしたときも、平取りしてスパナが掛かるようにしようか、と思っていたのですが、
更に、インナーが傾くとすればこのパーツでバレルを押さえるのを止めて、メーカー側で
ピン止めなどに変更してしてほしい所です。

現在他の銃をいじってみていますが、箱出しでAPS-3以上の結果が出ているので、
遊ぶのは(イジるのも遊ぶ、というコトで)そっちから、になりそうです(汗!)。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2012年06月19日 22:40
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。