2012年05月11日

グリップ大改造?プロジェクト

きょうは久しぶりにプリシーダーSイジリを。



以前、ホップバレル搭載プリSのグリップをハイグリップに、と削ってみたことを
お伝えしたのですが、やはり親指あたりや掌の手首近くの納まりが悪く、
ノーマルの高さでパームレスト位置を調整したパワーアップ版のほうが、
なんとなくしっくりくる感じでした。

ホップについては命中精度向上の壁?に突き当たり、しばらくは放置!
していたのですが、改善の見込み(後日レポート予定)が立ったこと、
今回たまたま材料があったこともあり、今度はミク盛り、違う肉盛りに挑戦です。

まずは盛ることを前提に、親指部分もハイグリップになるよう、更に大きく上部を
削り込み(画像撮ってません!)、そのあと親指の下と掌の下部に、パテを盛り
付けてみました。

パテは2剤混合型のエポキシ系です。
結構パテを練ったので、フィンガーレストは親指を半分包むところまで延長し、
少し硬化したところでグリップを握り、手の形に合わせてパテを押し付けて成形。

手の当たる部分はポンチで押して、凹凸のテクスチャーも付け、
表面側はヤスリで削ったトコロ(様子を見る為一旦組み立ててますが下の画像)。



完全硬化後、表面を削ったら、非常に固かった!ので、強度も一応大丈夫、
のようです。

以前、桑◎商会で社長に見せていただいたカスタムグリップは、APS-3のように
前後幅が大きめになるようパテが盛られていましたが、コレは後部も下だけ盛り
としているので、丸太を握っているような印象は変わらないものの、かなりラクです。

接触する面積が増えたこと、特に掌で銃を下がらないように押さえられること、
また重量増加の効果でしょうか?

このあと表面を柔らかめのポリパテでならして



黒の艶消しで塗装してみました(なぜか艶が出てますが)。



後部から見るとコンナ感じです。
両手保持でも、張り出した親指下側に左手親指を沿わせるように持つと
違和感ありません。



これでグリップも戦闘力充分!、さて精度向上の方は?
(通常ネタを挟みながら続く、ハズ)






同じカテゴリー(プリS戦記)の記事画像
APS-3の木グリ
AP210のグルーピング
AP210!
スコープ付きAPS-3の初速
APS-3でもスコープを
スコープ装着!
同じカテゴリー(プリS戦記)の記事
 APS-3の木グリ (2014-02-07 21:21)
 AP210のグルーピング (2014-01-29 21:21)
 AP210! (2014-01-12 20:20)
 スコープ付きAPS-3の初速 (2013-04-26 22:22)
 APS-3でもスコープを (2013-04-12 21:21)
 スコープ装着! (2012-12-14 21:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。