2011年07月31日

マルイ造モSBH(その6) 組み立て編

きょうはKitモノで、スーパーブラックホークのようやく?組み立て編を。



前回部品塗装までをお伝えしましたが、その後1週間ほどおいて塗装を
乾燥させ、コンパウンドで磨きました。

表面のメタルブルーが少し薄く、青っぽくなりましたが、仕上げはまあ
これで良いとして、各部品を組み立てます。

組み立ては、だいたいモデルガンと同様(一部接着がありますが)で、
イキナリですが組み立て後の画像が下の中央。



画像の右はマルシンのガスガン、左はコクサイのモデルガンです。
コクサイはオールドタイプのうえ、スーパーのつかないブラックホークと
同じ、短いグリップになっています。

表面はマルシンが艶消し、マルイはメタルブルー塗装、コクサイはABS素地の
艶有りです。
メタルブルー塗装、けっこう良いんじゃないでしょうか(自画自賛?)。



マルイ 造モのリボルバーは貫通シリンダー+バレル後部に撃針という構成が
取られているものが多く(といっても持っているのはM29とコレしかないので
他は知らない)、その撃針は、ABSパーツに金属のピンを付けるものから、
金属製の一体モノに変更されており、星型の撃針になって発火性を
向上させているようです。



カートはキャストの一体モノで、重量がありますが、発火するには後部に
スペーサーを貼る必要があります。

このスペーサーも、最初はABSのパーツでしたが、リアルな形状にメッキ付きの
別パーツが付いてきていました。いつからかは知りませんが、こちらも
仕様変更されているようです。



さて、トップのカット(ボカしてますが)で付けている、オーバーサイズの
ヘレット風グリップですが、ちょっとマルイには合わないので、ピン部分や
フレームとの接触部を削ってみました。



でもまだ数ミリ隙間が出来る!
もうちょっと、ではあるのですが、内側を全体に削るべきなのでしょうか?
ココはもう少し、当たるトコロを調べながら対策が必要なようです。

しかし、一応本体は完成!
グリップはまた進展を見たらご報告する、というコトで
(もちろん次週からのKitネタも未定!ですが)。





同じカテゴリー(きっとkit)の記事画像
イマイ フリントロックピストルシリーズ その4
イマイ フリントロックピストルシリーズ その3
イマイ フリントロックピストルシリーズ その2
イマイ フリントロックピストルシリーズ その1
ディープブラックなエンフィ
フレームアームズ・ガール フレズヴェルク その3
同じカテゴリー(きっとkit)の記事
 イマイ フリントロックピストルシリーズ その4 (2018-07-06 19:19)
 イマイ フリントロックピストルシリーズ その3 (2018-06-08 19:19)
 イマイ フリントロックピストルシリーズ その2 (2018-05-02 19:19)
 イマイ フリントロックピストルシリーズ その1 (2018-04-20 20:20)
 ディープブラックなエンフィ (2017-06-16 21:21)
 フレームアームズ・ガール フレズヴェルク その3 (2017-02-10 21:21)
Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:20│Comments(2)きっとkit
この記事へのコメント
このプラモ、フレーム同士のすり合わせが絶妙に精度いいですね。
隙間や段差が全然無いじゃないですか。
よく出来てるなぁ。

今度パイソンとか作ってくだされ。

でも、このブラックホークって、発火可能なのか。
危なくないのかなぁ。
強度的・・・というより、燃えちゃいそう。
Posted by 元町愛 at 2011年08月04日 03:31
元町愛様こんばんは。
>隙間
昔の金属を包んだ天プラフレームなんかよりはずっと綺麗に合ってますね。

>パイソン
マルイでもスプリングガンのほうは以前作った(制作記もUP)のですが、
造モのパイソンも、出物があったら欲しいですね。
入手できたら、またUPしますので宜しくです。

>発火可能
実は以前発火により破壊させた経験が!
バレルの接着が上手くいっていないと、剥がれて真っ二つになります。
また、カートが撃針にくっついてニッチもサッチもなることも、、、
発火は可能、というより、可能カモ、くらいに割り引いて考えないと、ですね。
Posted by 赤い猫RRⅢ赤い猫RRⅢ at 2011年08月04日 22:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。