2018年09月07日

九九式とKar98k

きょうは比べるネタ、WWⅡ各国ボルトアクション
シリーズ第二弾?独Kar98kと日九九式を。



これらはどちらもエアーソフトガンで、Kar98k(画像右)は
マルシンのエアーコッキング(カート式)ガン、九九式
(画像左)はタナカの非カート式ガスガンです。



まずは先端のフロントサイトから。
どちらもガードが付けられてますが、Kar98kは別部品の
薄板で全周を覆い、フロントサイトが日光で反射するのを
防いでいます。

九九式は上からのガードはないものの、サイトベースと
一体で、強度的にも優れていると思います。
このガード、サイト取付のためか、角穴(通常の錐でなく
スロッター加工?)を開けており、製造にはKar98k以上の
手間をかけてるような、ですね。



機関部に移って。
ボルトの分解用レバーは、両者非常によく似ており、
操作方向どころか指掛け形状まで同じ。

しかし、九九式は三八式から受け継いだ伝統の
ボルトカバーが装着でき(画像のにも付けてます)、
機関部に異物が入りにくいよう工夫がされています。
ボルト自体も、セフティがボルト本体と同軸のシンプルな
形状ですね。

ただ、狙撃バージョンを除いてボルトハンドルが水平に
伸びており、操作性は良いもののちょっと邪魔になりそう。

あ、カバーで見えてませんが、九九式はオーバーロードの
ガス圧を(ケースを破って)抜く穴が開けられており、
安全性にも優れているそうです。



前回のスプリングフィールドM1903と同じく、ストック中央に
機関部固定用?ボルトが配置されており、このへんの構造は
各国共通のような、ですね。

Kar98kのストックには、曲げたボルトハンドルを掴みやすいよう
抉りが設けられてますが、九九式は前方に保持用の溝を彫り、
加工の手間、という点では負けてない!

あ、あんまり画像に出てきませんが(笑)、九九式は珍しいモノポッド
を装備(後に省略)、ストック止めバンドも、この取付を兼ねている
こともあってか、板バネストッパーではなく、ネジ止めになってます。
これはクリーニングロッドを納めるフロントバンドでも、で、通常分解
しない所では工具を使うという設計思想なのかも(ストックを分解
するには、どっちにせよドライバーが必要だし)。



弾倉底板、トリガーガード周りも、Kar98kは2本のネジ、九九式は
3本です。

しかし、九九式はプレス鋼板でピストルグリップ部までタングを延長し、
角が当たって傷むのを防いでいます。
うーん、きめ細やかな心遣い!



そしてリアサイト。
Kar98kはスライダーを前後させて上下調整するタンジェントタイプ、
九九式は短距離と長距離でサイトを変え(画像のように起こすと
長距離)調整は直接サイトが上下します。

更に!九九式は機関銃でもないのに対空照尺まで装備(画像は
展開した状態)!!

うーん、九九式、気合が入ってる(コレが実際役立ったか、は?ですが)。

ただ、九九式は三八式のオープン型から(照準線長が長くとれる)
ピープ式に照門を変更したにも関わらず、目の直前ではなく、
従来の機関部の前に置いています。

これは上記のボルトカバー装着などが原因かも、ですが。



ストックは実物だとどちらも上下分割組み合わせ式(九九式では
再現されてます)で、これは強度アップのためだったとか。
今なら木材が(当時に比べ)高騰してるので、コストダウンの
効果も、ですね。

バットプレートも九九式では上部にタングを延長してネジ止めしており、
ともかく材料、手間共にかけた丁寧な作り(末期には木製の
バットプレート!とか、やっちゃいますが)が印象的、対してKar98kは
斜めに成形したり、凹ませてネジを付けており、合理的なカンジですね。

どちらもバットプレートがカップ状にストックを覆っており、
保護性は高いです。



前回の米M1903はKar98kにかなり似ていましたが、
九九式は三八式から多くの要素を引き継いだのもありますが、
ともかく手間を惜しまず最大限盛った!豪華な印象です。

これを歩兵の標準装備とした(もちろん間に合わないので
三八式併用でしたが)日本は、でも決して裕福ではなく、
いや機関銃などの装備は遅れをとっており、ドイツと比べると
明らかに差はあったと思うんですが、、、
拘っちゃう”国民性”??
(こういう締めでいいのか?
ともかく他ネタ挟んで、ですがまだシリーズ続ける予定)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(14)比べてみました