2018年08月01日

ビズリーのトリガーガード

きょうは緊急企画特別編?で、
記事にコメントを寄せて下さった
mi-ton様の疑問を。



えーっと、ご質問は、「タナカのビズリーガスガンの
トリガーガードとハドソンのオムニポテンシャルの
ソレは同寸法か」ということでした。

少し前にタナカが発売したSAAビズリーですが、
廃業したハドソンから金型を譲り受け、同社のペガサスに
合うよう改修され作られています。

金型が流用された部品は恐らくハンマー、トリガー、
バックストラップとトリガーガードで、フレームは
ペガサス方式の同社製のものを改修したか、
新造では?です。

また、ハンマーノーズが直接(ダミー)カートを
叩かないよう、ハンマーを改修、ハンマースプリングは
曲げを変えて、バックストラップに追加したストッパーで
リバウンドするよう変更されています。



では、トリガーガードは?というのが今回のご質問。
上の画像、左からタナカビズリー、ハドソンオムニポテンシャル、
そしてハドソンビズリー(フラットトップ)です。

分解,交換したわけではないのですが、どうやらココは
そのままなんじゃ、ですね
(オムニの分解は細いセットスクリューとかを要し、
更にハンマー軸と干渉してる!とかヤヤコシイので
できれば分解したくない)。



オムニポテンシャルのグリップにある位置決め用の穴を
タナカビズリーに合わせるとこんな感じです。

オムニポテンシャルは真鍮?製の専用バックストラップが
特徴ですが、トリガーガードはビズリー用(組立調整で
ヤスリとかは入っているカモ?)と同じようなので、
それならタナカ製のもそのまま付くんじゃ、です。



と外から(グリップは外しましたが)見ただけ、ですが
参考になりましたでしょうか?
  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)比べてみました