2018年07月08日

AR-7のスコープマウント

では松田聖子の「渚のバルコニー」でいっぱつ!
♪や~ぎさんが 高~橋とまったり♪
(サバンナだよ!漫才なんだよ一応!!)

あ、さてきょうは懐かしのパーツ発掘ネタ?
WAのAR-7用スコープマウントベースを。



これは行きつけの中古トイガンショップで
見つけてきたモノで、いっとき大層なプレミアだった
ように思ったのですが、今回はマウントベースとして
フツーのオネダン(それでも今回の格安ノーブラ?!
中華スコープよりは、、、ですが!)、せっかくの機会に
おサイフ的にもGood、とっとと確保!しちゃいました。

ガスガン用では上部に穴が追加された、とも聞くので、
これはそれより前のモデルガン用ではないかと。

製造は引き抜きで成形し、機関部を避けて一部アール状に
抉った部分まで打ち抜いた(金型でせん断)ようですね。

内側に”かえり”が出ていますが、レシーバーに当たる部分だけ
削り取られており、本体に傷がつかないよう配慮されています。



スコープマウントリングを付けるレイル部は現在の20mm
ではないのですが、ちょうど少し前にM1903用に調達した
スコープのもの(スコープもそのまま使ってます)が
合いました。



レシーバーのマイナス皿ボルトを一旦外してマウントを
止めます。

固定度はあんまり高くなく、ガスガンで上部に固定用穴を
増設したのも頷けますが、まあモデルガンはタマ出ないし!



テイクダウン狙撃銃の完成!?
スコープマウントリングによっては、
元のサイトも使えそうですね。

MGCのウッズマン用を改造したサイレンサーも
あったそうですが、AR-7自体も既に希少モデルガン、
なかなかお目にかかれないし、今回たまたま安価に
出ていたから入手しましたが、オネダンも大きな要素
(なのでコレクション充実には時間が、、、)、
ま、そのうち機会がある、かな?  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(4)最モノぱーつ編