2018年06月10日

スピードローダー増殖!

きょうは少し間(一週間)が空きましたが、
この間のショットショーでの収穫物?
スピードローダー2つと前から持っていたモノを
ズラズラッっと(比べるネタ)。



速報?でもお伝えしましたが、今回入手したうち、
ひとつ(画像右)はコクサイ製、もうひとつは実銃用のHKSです。

HKSは10というモデルナンバーがノブの後ろに刻印されており、
S&W Kフレ用のようですね。

コクサイ製も大体同じ寸法(Kフレ用)と思われます。
構造的にはサファリランドのソレをコピーしたような、
ですが(本家サファリランド製を持ってないの、、、)、
そのうち機会があれば比較したいですね。

HKSはクリックボールをロールピンで押さえており、
ピン3本とボール(+バネ)でうまくON-OFF動作させてます。

ノブの回転で出るツメが、カートのリムを咥え、逆回転で
リリース、装填、という操作、堅実かも、ですがちょっと
使いにくい、かな?

コクサイは中心部が回って同様にカートを止めますが、
リリースは後方のボタンを押すだけなので簡単!

ただ装填はちょっとコツが要る、というか、引っ掛けにくい!!



前から持っているモノと合わせて。

下の画像、左から二番目が以前から持っていたバネ式のモノ
(これもメイドインUSAと刻印有り)。
そしてもう一つの手持ちは、四番目のコクサイ製Jフレ用です。

コクサイ製はくしくも同じショットショーで(数年前に)
手に入れたモノ!

今回のKフレ用と構造は同じ、です。

バネ式のほうは、輪ゴム状に巻かれたコイルスプリングが
円筒内に少し露出しており、カートを押し込むとバネがリムを
引っ掛け、うしろのボタンでカートを押して無理やり?
ロック解除、です。

このバネのカタチ、実は米軍のグレネードランチャーと同じで、
珍しいバネの使い方なので、(作用は違うのですが)
参考にしたのかも、なんですが。

このバネ式は一発づつカートを込めていけるし、
装填もボタンを押すだけで簡単です。

難点を言えば、バネの力だけでカートを保持しているので、
落としたりしたらカートがバラバラに外れやすそうな点、かな。



そうそう、6発同時装填のスピードローダーには敵いませんが、
ビアンキはコンパクトなスピードストリップというゴム製の
カート保持グッズを作ってました(過去画像で失礼!)。



さてこれだけスピードローダーが揃ったら、当然リロードを
試したくなるのですが、、、

S&W純正のサービスサイズなどではローダーがつっかえて
非常に操作しにくい!

S&Wも後にローダーに合わせてグリップを削り込みますが、
ホーグのラバーグリップなんかも形状的に使いやすいです
(画像はキングコブラでコルト!ですが)。



HKSは実銃ではメジャーな存在のようですが、他にも上記の
サファリランドとか、イロイロあるうえ、コンパクトなサイズに
様々な工夫が見られる!のでまだまだコレクションは
止みそうにない!!
(今も輸入されてるっぽいのですが、基本的に”オワコン”
なのでナカナカ中古で出物が、、、)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 17:17Comments(4)比べてみました