2018年06月08日

イマイ フリントロックピストルシリーズ その3

きょうは若干停滞気味、ですが、昔プラモ制作記、
イマイ フリントロックピストル 3回目を。



えーっと、前回はストックや各部のヒケをパテ埋め、
の様子をお伝えしましたが、トリガーガードと
トリガー、ストックの隙間は対策を示すに至らず、、、

まず、パテをトリガーガードのストックに引っ掛ける
部分に盛って隙間を埋め、取り付け具合を見てから
トリガーグループもトリガーガードに接着しちゃいました!
(下の画像、左はランナーごと接着、右はそのランナーが
外れた!ものの、とりあえず付いてます)。

接着はパテ盛りも兼ねて、エポキシをたっぷりと
塗りましたが、それでも隙間が空いたので更にモリモリで
埋めてるところ、です。



ストックに仮組、の図。
とりあえず大きな隙間は解消したかな?

あ、上のバンカーヒルのストックですが、左右接着後
バレルを組もうと思ったら隙間が不足!
削り倒すにはちょっと労力が、、、と思ったので先端部を
外してランナーをエポキシ接着して左右幅を広げました。



まあなにかと部品の合いが悪い!ものの、部品数は
少ないし、ここまできたらあとは塗り、とか思って機関部を
仮組したら、、、

ハンマーの裏(左右合わせになってない部分)が
見えちゃうじゃん!!



更にハンマーダウンの状態から考えると、大幅な形状変更を
しないとダメっぽいんですが、とりあえずコッキング状態で
接着するし、パテで埋めて成形、ってちょっと端が
盛れてなかった、、、

このあと、一部盛り足して現在硬化待ち、です。



あ、左右幅を広げたバンカーヒルのストック前部
(下の画像右)ですが、、、
バレルとの間に隙間が!!

やっぱり左右を離しただけだとうまくいかなかった!?
ここも再度パテ盛り決定です。

ついでにいうと、バレルとストックの反り(収縮)具合が
違うので、仮組でバレルが一度分解!!
今度は内側にエポキシ大盛り!で再接着してます(笑)。

塗装も考えるとバレルとストックはもうちょっと隙間が
あると良さそう、なので塗装前に若干ヤスリを入れとこうかな?



ということで、次回はついに!塗装に突入できるんじゃあ、
(とはいえサーフェイサーから、ですが)。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(4)きっとkit