2018年05月13日

コルト M1877ライトニング

きょうは自薦コレクション紹介ネタで、
頑住吉氏のガレージキット(完成)、
コルトM1877ライトニングを。



これはコルト初のDAリボルバーの一つ(.32、.36と
.41の3つがシリーズ化されたようです)ですが、
先行した他社のDAに関する特許を回避する為と、
技術的に未成熟だったため、コルト創始者の
S.コルトが「DAだけはやめとけ」と言ったとおり、
繊細で気難しいモノになっちゃったような、ですね。



まあしかし、それからDAは改良されていき、20世紀には
信頼性あるモノが普及していくのですが、、、



あ、コレはゴム型成形のレジンをトリガーにまで使った
セミハンドメイド?ですが、オリジナルのシリンダーストッパ
(なんとバレル部分を利用!)などを考案され、ちゃんと動く
模型に仕上がっています。



最後はハドソンのシェリフスとも。
ライトニングはSAAより一回り小さく、パーカッション式の
M1851に対するM1849みたいにちょっと可愛いですね。

頑住吉氏はもう制作から離れてしまわれ、現在は入手が
困難になってしまいました。

ライトニングだけでなくサンダラー、いやその後の
アーミーモデルでも、どっかで模型化(市販)して欲しいところ、
ですが、あ、今度FNのM1922とか企画されてる(もう発売?)
ようなので、早くも色々なバリエを期待(いやM1922をまず、
ってトコロだろ!)しちゃいます!!  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 20:41Comments(6)お勧めはしませんが