2018年05月09日

HWSとCMCのストック

きょうも宿題消化シリーズ?で、
CMCのスケルトンストックはHWSのSAAにも
使えるのか?の検証を。



それは3月28日の記事が発端だった。
常連の一人、ご意見有用氏(仮名、というかブログ用ネーム)
が発した疑問を、紅い猫RRⅢは検証しようと思った。

しかし、検証は長い苦難の道のりだった。
数百の、それもいくつもの保管場所に分散し、整理中の
トイガンの中から、必要な一挺を見つけ出す作業は、
実に一か月に及んだ。

捜索できる時間は、週末の昼間に限られていた。
しかも、時期的に新年度、ゴールデンウィークに当たり、
紅い猫RRⅢは花見やツーリング、食事会にバーゲン漁り
など様々な催しに忙殺された。

頼りはハドソンとHWSのSAA系をまとめて保管してある、
という記憶だけである。

連休最後の5月6日、整理のため一旦ダンボール箱に入れ、
移動したうちのひとつから、それは見つかったのだった、、、

(以上「プロジェクトX」調にお届けいたしました。
現在保管現場は大変な”カオス状態”にあり、
ネタのリクエストも公募はしておりません。
また、このようにコレクションは”研究”の用に供する
為に集められており、くれぐれも「そんなにあるんならクレ!」
とか言わないよーに!!
あ、ご意見有用様、いつも有難うございます。)



さて、HWSでも後期のSAA、とのことなので、チューブド
シェリフス
(2013年入手)につけてみます。

上の画像、左がチューブドシェリフス、中央はHWSの
木製ストックで、右がCMC スケルトンストックです。

HWSのストックは当然現行SAAに付くハズ、ですが
今回付属のストック取り付け用ハンマースクリューを
流用(実は以前ハドソンに付けた時も使った)するので
同席、です。



あ、取り付け前に、気になるハンマーのポジションを。
摩耗度合いによってこれは大きく変わりますが、
とりあえずウチの個体で比較。

手前からHWS、ハドソン、タナカ(1st)です。
HWSが若干少ないのに対し、タナカは若干多めに
起こされています。
ハドソンは両者の中間、といったところですね。

ただ、バックストラップとの隙間は、HWSではもう
ほとんど余裕なし!です。



ではスクリューを交換(ハンマーSPを外さずとも交換できた!)、
ストック装着!

あ、今回、傷防止のためにストックとグリップフレームが
当たる場所にはビニールテープを貼って検証しています。

ストックとの密着具合は、ハドソン以上かも。



問題のフルコックポジションですが、このように十分
隙間があり、問題なく使えます。



一応同メーカー製で取り付け可能と明記されている、
HWS製木製ストックも。

コッチのほうがギリギリじゃん!



ということで、CMCのストックはHWSに付きました
あくまで一個体の実験で、上に述べた通り摩耗状態に
より結果が変わる恐れがあり、また製造者でもないので
保証など致しかねます。参考程度にお考え下さい。


なんだか今回はイロイロ文体が変わっちゃいましたね。
ということで次回はいつものように未定!
(だったら言うなよ!!)また宜しく、です。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(7)比べてみました