2018年04月04日

キングコブラの4インチ

♪で き~るかな で き~るかな♪
♪◎ゲ◎ゲ ふふ~ん♪

ひ、人の頭を、毛を弄ぶんじゃねえ!!!
(元曲;「できるかな」)

あ、さてきょうはオリジナルドール武姫、
じゃなくて(ドール専門ブログ化しないって)!
基本の買い物ネタ、ちょっと新鮮味は?ですが、
KSCのキングコブラ 4インチを。



えーっと、キングコブラは6インチ、2.5インチを
持っていたものの、実は4インチはまだ、というか、
KSC Mkⅴシリーズで、4インチは確か無かった!

ということで、今回激安本体のみ中古でコレ、
つい入手してしまいました。



ワタクシ、どちらかと言わないでも6インチ好き!
で、トルーパー、キースキーパーなど6インチは
揃っているのですが、、、

MkⅢ(MGC)ではトルーパー4インチを2つ、
ピースキーパーも一つ(フレームだけ!ですが)
持っており、別に4インチが好きじゃない、とか
そーいう事ではなくて、単に後回し、ですかね?



コレ、激安の理由は箱、説明書が無いだけでなく、
発火済みで更にカートのインナーがこのように
小さくなっちゃってるんです(画像左の手前がインナー)。

それで、カートは行きつけのショップでテキトーなの
(たぶんHWS、マルシン製よりちょっと短かった)を
見つけてきて入れてます。



しかし、どうやったらカート(アルミ)をこんなに腐食
させられるのか、、、
(もしかして酸か強アルカリのトイレ用洗剤などに
一晩漬けたとか!)

純正カートは手に入りずらいし、アフターマーケットの
カートって、実は今ダブルキャップ以上の装填が
可能とか、ダミー弾頭が外せるとか、スプリング内蔵で
空撃ち対応とか!高機能化していて(それに応じて)
高価になってきていて、多弾数のオートなんか
予備マグまで一杯にしようとすると本体より高くつく!!
というような事態にまでなっちゃってます。

カートは削り出しで、旋盤加工(自動化されてても
コストはキャストよりかかる)なので昔から比べると
相対的に”高価な部品、化しちゃったのカモ!!

しかも数量が減っているから量産効果は出ないし。

ま、絶滅危惧種?のモデルガン、
これだけアフターマーケットのカートが揃っているのは
有難いこと、なんですが。  

Posted by 紅い猫RRⅢ at 19:19Comments(2)最近のこんなモノ